1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 竹原市T様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

竹原市T様邸 ゴミ屋敷清掃

竹原市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は竹原市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃の依頼がありました。今回のご依頼はゴミの分別をしっかり行なっていなく、ゴミが溜まりに溜まってしまったゴミ屋敷の清掃依頼でした。このゴミ屋敷では、ゴミが乱雑に袋に入れられ、ただゴミ袋を運び出すだけではなく、一度、袋の中身を確認して、分別をしてから運び出さなければいけないので、作業時間はとてもかかってしまうケースでした。ご依頼人様は女性の方でした。1人で暮らす女性は、自分の子供が実家を離れて住むようになり、1人で暮らす事になってから、少しづつ部屋が荒れていったそうです。最初は普段の掃除を怠っているくらいの感覚だったそうです。しかし部屋は徐々に荒れ始めて、一度の掃除では綺麗にすることができない状態になったそうです。しかし、またご依頼人様はゴミ屋敷と思ってはいなかったそうです。ゴミ屋敷という印象はやはり、テレビやメディアなどと言った、外にまで広がるゴミ屋敷を想像しがちですが、部屋を一日で清掃が出来ず、ゴミが散乱していて足の踏み場所がない場合は既にゴミ屋敷と言っても過言ではありません。ゴミ屋敷にも規模があります。小さいものから大きいものまで、ですがゴミ屋敷はゴミ屋敷です。ご依頼人様の家は既に立派なゴミ屋敷となっていました。その頃から、生ゴミな度からの異臭が大変強くなったそうです。それに伴って、害虫も多く発生して、気が付けば害虫も大量にいて、異臭も強く、近隣トラブルになっていたそうです。本件は近隣トラブルになってしまい、すぐにゴミ屋敷を解決しなければいけないと感じ、ゴミ屋敷清掃の依頼をしていただいたそうです。ご依頼人様の息子様も、本件のことを知ったようで、とても悲しんだそうです。ご依頼人様は慣れない清掃依頼や、近隣トラブルや、息子様との話し合いにより、とても疲れている様子でした。我々は清掃のご依頼をいただきました。それにお応えしなければいけません。ご依頼人様の少しでも明るい笑顔が戻るように、真摯にゴミ屋敷清掃と向き合っていきます。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
T様迅速にゴミ屋敷の解決にあたってほしい

上記の作業内容となりました。


荒れ果てたお部屋とゴミの山

作業の時が来ました。いざ、玄関を開けて清掃を。と思った瞬間でした。鼻を突き刺すような強烈な生ゴミの異臭が突き抜けていきました。玄関には生ゴミや他のゴミが入り混じった袋が大量にありました。すぐさま運び出しが開始されました。奥にあるお部屋のゴミを今後運び出していく事を考えると、やはりまずは、動線でもある玄関は絶対に通れるようにしなくてはいけませんでした。そうして玄関の袋を次々と運び出していくとあっという間に綺麗になりました。袋に入っていた事もあり、床にはダメージは少ない印象でした。生ゴミを全て出し終えると、驚くほどの異臭が改善されていて、外に匂いが漏れ出すことはこれでまずはないでしょう。そうして奥の部屋の清掃となり、清掃を再び開始すると燃えるゴミと一緒にライターなどが袋に入っているの発見しました。これとても危険です。間違って入ってしまったのか?真意は分かりませんが、このような状態は危険が多いので、袋を一つ一つ確認する必要があります。そうして確認が終えた袋から運び出して行くことで、奥の部屋の清掃が終わりを迎えました。物量が多いわけではなかったですし、家具などはそのままでとっておきたいという事もあり、スムーズに終えることが出来ました。ご依頼人様も自分の部屋が綺麗に片付いた状態を見て、とても大喜びしていました。息子様もとても喜んでいて、家族に笑顔が戻った瞬間でもありました。


ごみの分別

今回のご依頼人様は、ゴミの分別が上手くできなかったことが原因でゴミ屋敷化してしまいました。では、ゴミを捨てないや、掃除ができないではなく、なぜ、ごみの分別ができないとゴミ屋敷化してしまうのか、そして、ごみの分別をできるようになる方法やコツをお話していきたいと思います。ではまず、なぜ、ごみの分別が出来ないとゴミ屋敷化してしまうのかという話ですが、これは、ごみを捨てないに繋がる原因となることがとても多いのです。なぜかというと、ゴミの分別ができず、ゴミをそこら中に放置してしまっていると、もちろんゴミ屋敷化してしまいます。そして、分別ができずひとつの袋にまとめてしまっていると、ゴミ収集日までに再度分別し直すということは、ほとんどの方がめんどうに思うでしょう。そしてもし、ひとまとめにしたままごみ収集日に出したとしても収集されず返ってきてしまいます。そうなると、一つにまとめたゴミ袋を再度分別するには、それなりのやる気と時間が必要です。なのでそれをせずに、放置してしまいゴミが溜まっていきゴミ屋敷化してしまいます。このように、ゴミの分別に関しては、後々面倒なことにならないためにもゴミを捨てる時に分別してしまうことが1番楽な方法なのです。では、どうしてもごみの分別が上手くいかない、続かないらやる気になれないという方に、分別の仕方、コツなどをお話します。まずは自分の地域の分別の種類を把握しておきましょう。分別方法は地域によっては異なる場合があるので、自分のお住まいのごみ収集を参考にしてください。地域のほとんどはごみ収集のカレンダーのようなものが配られていると思います。ない場合は、カレンダーに色分けして塗ってみるとわかりやすいと思います。そのカレンダーを朝や夜、自分がゴミを出す習慣の時間に1番よく目に映る場所に貼っておきましょう。例えば、冷蔵庫、玄関、トイレの壁など見た時に、今日明日のごみ収集がなんの日なのかを把握できるようにしておきましょう。燃えるゴミ、燃えないゴミ、ペットボトル、缶、ビンが主なゴミの分別になると思われます。これらでまず、1週間使ったものは分別して捨てるということを心がけてみてください。そして1週間過ぎると、自分の生活スタイルでどのゴミの種類が1番出るのか、このゴミはあまりでないのかなどがわかってくると思います。それも把握し、それにあったゴミ袋、ゴミ箱を用意しましょう。燃えるゴミ、ペットボトルは45Lで大きなゴミ箱を、缶、ビン、燃えないゴミはあまりでないので小さいもの、または、中くらいのものを用意するなどして、ゴミの分別に関して行いやすい環境作りをしてみましょう。

 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!