1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市安佐南区T様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市安佐南区T様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。今回のゴミ屋敷の状態は物量の多いゴミ屋敷の清掃でした。ゴミ屋敷依頼では、多くの物量を基本的に相手にしなければいけません。特にゴミ屋敷の種類も分かれており、物量は物量でもゴミ類と家具類では全く作業が変わってきます。ゴミ屋敷清掃ではこの種類が分かれることによって、対応が変わってきます。本家の場合は家具などによる物量の多さのため、運び出しに問題がないか確認しなければいけません。また家具の種類や大きさによって、そのまま運び出せる場合もあれば、エレベーターに入らない事もありますので、家具を解体して運び出さなければいけません。そのため、家具を解体するという工程が増えてしまうため、作業時間も考えながらの作業が求められます。ゴミ屋敷清掃はただ清掃するだけではないのです。そのゴミ屋敷の状態や、ゴミの種類などによって大き変わっていくのです。今回は目立ってないのですが、特に異臭や害虫問題は大きく作業に関わってきてしまうため、異臭や害虫の状態も確認しなければいけません。本件のご依頼人様からは異臭がすることはないという話を聞きましたし、実際にお見積もりの時に確認したところ異臭はなく、害虫問題も比較的に軽い物でした。しかし、やはり今回のゴミ屋敷の恐ろしいところは物量の多さです。本件のご依頼人様からもお話をいただきましたが、元々もったいないと感じてしまって、使ってない家具などをすぐに捨てれなかったそうです。そのため新しい家具を買ってしまうと、前回の家具を捨てれていないため、お部屋にしまってしまい、結局溜まりに溜まってしまったそうです。ゴミ屋敷清掃では物量の多さに圧倒されないように作業をスムーズに行なっていきます。解体する事も視野に入れて、作業時間などもご依頼人様と話し合って決めていかなければいけません。ご依頼人様からの要望としては、ゴミ屋敷清掃のお願いです。指定エリアの清掃ではなくリビング丸々清掃してほしいという事でした。お引越しも決まっているみたいで、今回は使わない家具も含めて清掃を行ってほしいという事でした。またご依頼人様は事前に重要なものなどは自分で回収済みという事もあり、ゴミを処理する時に毎回確認しなくて良いという事でした。そのため作業はとてもスムーズに進むと予想されます。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 7時間

お客様のご要望
T様「家具が溜まってしまって生活に支障が出ています。ゴミ屋敷清掃をお願いします

上記の作業内容となりました。


家具などの物量が大量放置!

ゴミ屋敷清掃が始まりました。作業に入る時にすでにご依頼人様のお宅の窓から家具が積み上がっているのが見えました。実際に家に入ってみるとリビングには大量家具がありました。実際に生活で使用している家具はほとんどないようで、リビングに足場の踏み場がないように家具が散乱している状態でした。しかし生ゴミなどの放置はなく、害虫も見かけないですし、床も綺麗でしたが、このように家具が散乱している状態ではゴミ屋敷の条件を満たしてしまっている状態でした。ご依頼人様も普段から清掃はしているそうですが家具が大量に積み上げられ、置き場なくなり、散乱し始めてからは、清掃が行き届く事なく、埃っぽくなってしまったそうです。すぐさま、作業スタッフ全員で、運び出せる家具を運び出して、数名だけ、リビングに残り、大型家具の解体を行います。本件では運び出しにはエレベーターを使用して良いという許可があったため、エレベーターを梱包材で傷がつかないようにして、エレベーターに入るサイズまで解体していきます。大型のタンスは特に時間がかかってしまうため、早急に行いました。本件のゴミ屋敷清掃の中では家具を運び出すだけでお部屋自体は元々綺麗な方でしたので、比較的にすぐ終わると予想していました。清掃作業が半分ほど終わった頃にはお部屋の全体像がやっと見えてきました。今回のゴミ屋敷清掃のご依頼では、ご依頼人様が元々、自分の大切なものなど、必要書類や重要な物を回収済みという事もあり、作業はとてもスムーズにそして早く進みました。実際に本件以外では処分するゴミを一つ一つ確認させてほしいという要望もあり、その場合ではどうしても時間がかかってしまいます。ですのでこのようにご依頼人様が事前に清掃のための準備をしてくださるだけで、作業効率はとても早くなります。ご依頼のあった部屋が8割ほど終わった頃、ご依頼人様も自分の部屋の全体が見えてきて、とても驚いていました。こんなにも広い部屋だったのですね。と一言。ご依頼人様は引っ越しを決めていたそうですが、迷ってしまうほど、ご依頼人様の部屋は綺麗なままでした。これも普段から清掃するご依頼人様だかるこそ、部屋が家具だらけになってしまっても掃除をしていたおかげでもあります。このように普段から清掃する人でさえ、必要以上にもったいないと感じてしまう人がゴミ屋敷にしてしまう例はいくつもあります。ですので過剰にもったいと感じないためにもある程度の訓練は自分に課せなければいけません。


過剰にもったいないと感じてしまい、物が捨てれない人に。

もったいないと感じることが悪いことではありません。しかし、家具だらけになってしまい、物が溢れてしまい、ゴミ屋敷のようになってしまっては、元も子もないありません。ですので、自分にもし、そのような傾向が見られる場合は、思い切って断捨離を行いましょう。断捨離は不必要なものをスパッと決めて捨ててしまいますが、実はゴミ屋敷にならないためにとても大切な行為でもあります。本件のご依頼人様が断捨離ができていればゴミ屋敷のようなお部屋の状態にはならなかったでしょう。ですので、年に一度でもいいです。自分でいつか使うかもしれないと捨てれなかった物で、一年以上経っている物は思い切って捨ててみることも大切です。最初は難しいかもしれませんが、少しずつでも良いので、行動に起こしてみると良いのかもしれません。本件のご依頼人様も、今後少しずつ断捨離を行なっていくそうです。たしかに始めのうちは全く捨てることができないかもしれません。しかし、将来自分のお部屋を守るためにも必ず必要なことにもなってきますので、自分と向き合って、断捨離を行なっていくことが大切になります。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!