1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市南区T様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市南区T様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件では、ゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。本件のゴミ屋敷は使われていない物が多く、様々な物が散乱している状態でした。ゴミ屋敷では特にこのような状態は珍しくありません。しかし、本件で一つ、通常とは違う点を挙げるのであれば、ご依頼人様が所有している物は全て捨てる事に対して、もったいないと思ってしまうという点です。もったいないという気持ちは全ての方が持ち合わせている気持ちではありますが、ご依頼人様の場合は少し違った状況でした。そのためゴミ屋敷のようになるのは時間の問題でした。というのも、本件のご依頼人様のようなケースは、たまにあるのです。過度なもったいないという気持ちから、家具や小物など、捨てることが出来ず、家にため込んでしまうのです。そのため、いくら掃除をしていても、家具や小物、服などが大量にあるため、片付ける場所がなくなってしまい、お部屋に置かれてしまう状況に、そして掃除がしにくい環境になり、掃除が満足に出来ない。そうして埃が溜まっていき、掃除をやっても満足のいく結果にならないため、やらなくなってしまい、結果的にゴミ屋敷になるまでには、時間がかかる事なく、一瞬でゴミ屋敷となりました。そうして、ご依頼人様もゴミ屋敷に悩み、ゴミ屋敷清掃を依頼してきたのですが、ご依頼人様も、ゴミ屋敷になる前に、もしかするとこのままではゴミ屋敷になってしまうかもしれないと感じていたそうです。断捨離を行う事が出来ず、物が大量に家にある段階で、ゴミ屋敷になってしまう可能性は危惧していたそうです。そうなれば断捨離をすれば良いのでは?と感じる方もいると思いますが、先程も説明しましたが、断捨離が思うようにすることが出来ないため、家に物を溜め込みやすいケースでした。溜め込みやすい人はゴミ屋敷になりやすいと言われているので、今回は、本件で行った施工実績も含めて、断捨離をする大切さを説明していきたいと思います。溜め込みやすい体質であり、悩んでいる方にはとても大事な内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 7時間

お客様のご要望
T様ため込んでしまったものを処分してほしい

上記の作業内容となりました。


ゴミ屋敷は物量がとてつもなく多かった

本件のゴミ屋敷は通常よりも物量が多いため、運び出しに時間がかかってしまうことがないように、なるべく清掃と運び出しをスムーズに行う必要がありました。実際に運び出しに関しては、一階にお部屋があったため、無理なく問題なく運び出すことが可能でした。しかし、清掃をやるにあたって、大きな物や、大量のものを、運び出すことに集中し過ぎると、清掃の時間がなくなってしまうため、何かに手間取ってしまうと全ての時間が遅れてしまい!ズレ込んでしまうため、作業スタッフ全員がミスがないように、手順良く作業を進めていきました。実際に清掃は予想していた時間通りに作業を進めることが出来ました。実際にお部屋の清掃よりも物の運び出しが1番の難関でしたので、そこをスムーズに終えることが出来て良かったです。ご依頼人様の要望で、ほとんどの物は全て撤去してほしいということでしたので、そちらの作業も、無事終わることが出来ましたので、ご依頼人様も大満足と仰って頂けました。本件のゴミ屋敷は物量が多い、ゴミ屋敷でした。このようなゴミ屋敷は珍しくなく、多くの方が同じように悩んでいると思います。そのため断捨離という清掃方法が大切になってきます。断捨離について少し触れていきたいと思います。


断捨離

今回のご依頼のようなゴミ屋敷の場合は、原因は断捨離がうまくできず物で溢れかえってしまい、必要なものとゴミが全て一緒になってしまい、制御できなくなってしまっているというケースがとても多いです。そのためにごみを処理するのと一緒に、ご依頼人様には掃除も含め、断捨離をこまめに行うことをおすすめしています。断捨離をうまくできないと、必要なものの場所がわからず買い足してしまい、またものが増えてしまったり、ゴミがどれかわからなくなり捨てれず溜まってしまったり、整理整頓したとしても、ものが多すぎて片付けたのにどこか散らかって見えたりなどと、悪循環が続いてしまいます。そのようにならないためにも、うまく断捨離をして、必要なものと不必要なものをしっかり見極め、自分の理想の部屋作りをしてみましょう。では、どうすれば断捨離をうまくできるのか。まずは自分がなぜ断捨離をしても成果が出ないのかを考えてみましょう。ものが捨てられない、どれが必要かわからない、ものがありすぎて終わらない、もったいないと思ってしまう、やる気がでないなど様々あると思います。それにあった改善方法をみつけて、いろいろな方法を実行してみるということを繰り返し行うと、自分に合った断捨離の仕方を見つけることができると断捨離をうまくできる第一歩となるでしょう。ゴミ屋敷になる方で多いのは、はじめの「ものが捨てられない」という理由が多く挙げられます。そんな方はまず、断捨離をするという気持ちを忘れずに、まずは厳しく断捨離のルールを決めましょう。残すものは1年以内に使用したもののみや、3年いないに使用していない、または覚えのないものは処分するなどという自分でルールを決めて断捨離を行うことで、ものを処分するということに慣れていくのがいいと思います。ものを処分するのがもったいないと思ってしまう方は、処分の方法をほかに考えてみると、幅がかなり広がります。処分といっても廃棄するだけではなく、リサイクルショップに持ち込んだり、人にあげたり、自分でネットオークションなどで出品したりなど方法はたくさんありす。なので、捨てるのはもったいないと思わずほかに方法を探して自分にとってより良い結果になるようにしましょう。断捨離をマスターすることが出来れば必ず良い結果が生まれます。先ずは様々な方法を試して自分に合う清掃方法を見つけましょう。


 

 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!