1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市安芸区T様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市安芸区T様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件では、ゴミ屋敷依頼が来ました。ご依頼人様はゴミ屋敷にしてしまいとても心身共に、疲れている様子でした。お電話でお話を聞いただけでもとても辛い声ををしているのがわかりました。ゴミ屋敷という問題は人を壊してしまう問題です、
自分もそうならない為に、本件でも実際にご依頼人様から聞かれました。掃除のモチベーションを維持する方法を聞かれましたので、そちらも一緒に踏まえて話していけたらと思います。ご依頼人様は連日の忙しい仕事もあり、掃除が全くできない状況でした。その事もあり、お部屋はみるみると汚くなってしまい、とても1人では片付けることができない状態にまで発展してしまいました。そうして我々よ清掃の業者に依頼してくれたそうです。ご依頼人様はゴミ屋敷を放置する事なく、ゴミ屋敷になってしまったと感じたい瞬間にすぐにご依頼をしてくださりました。その結果、通常のゴミ屋敷よりも軽傷でしたので、本件はスムーズに行う事が重要になりました。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 5時間

お客様のご要望
T様「ゴミ屋敷をすぐに解決してほしい

上記の作業内容となりました。


ゴミ屋敷を放置しない大切さ

清掃の依頼があり、ゴミ屋敷をいざ清掃を行うと、やはりご依頼人様がゴミ屋敷になったタイミングで素早く、ご依頼を行ってくれたおかげで、とても清掃が簡単でした。多くの場合は、ゴミ屋敷にしてしまい、どうしていいのかわからず、放置してしまうケースが非常に多いですが、本件ではそれがなく、ゴミ屋敷になってすぐの依頼でしたので、お部屋の状態はとても良い方でした。ゴミの運び出しなども手間とる事なく、進みましたし、害虫の発生も少なく、スムーズに清掃を行う事ができました。ご依頼人様もみるみる綺麗になっていく部屋を見て、とても感動していました。ご依頼人様もゴミ屋敷になった時は、自分を疑ったそうですが、やはり目の前に広がるゴミの山を見て、放置してはいけない。と強く思ったそうです。そうして、ゴミ屋敷を調べて、対処方法を探して、清掃業者に行き着いたそうです。我々としても迅速にゴミ屋敷の依頼をしてくださったご依頼人様のためにも、確実に満足してくれる仕上がりを提供するためにも全力でお答えしたところ、ご依頼人様もとても満足してくれました。ご依頼人様からは綺麗なった部屋で感謝の言葉と一緒に一つ質問をされました。それは、掃除に対してのモチベーションの保ち方があるのか?という質問でした。清掃を仕事としている以上、お客様から多くの質問があります。今回は掃除をするためのモチベーションですが、お答えしたことを今回も皆さんにお伝えします。


日頃の掃除のモチベーションを維持する方法

今回のようにゴミ屋敷になってしまう原因は日頃の掃除、毎日の片付けなどができていないということが、主な原因となります。では、日頃の掃除がなぜできないのか、それは自分の日頃の掃除に対してのモチベーションを上げられてないからです。今回のご依頼人様も日頃の掃除への取り組みがや姿勢、モチベーションがあがらないということに悩んでおられました。なので今回は、日頃の掃除へのモチベーションをあげ維持する方法をお話ししていきたいと思います。では掃除へのモチベーションとはどのようにあげるべきなのか、それはやはりひとぞれぞれといってしまえば早いのかもしれませんが、大まかにまとめると、自分へのご褒美を決めるということが、モチベーションのあげ方の一つとなります。今回は大掃除への取り組みへのモチベーションではなく、日頃の掃除へのモチベーションなので、ご褒美といえどあまり大きな設定をしないように気をつけましょう。あくまで、日頃、毎日続けることによってもらえるご褒美なので、例えば、「1週間掃除機を毎日かけて、部屋を汚さないよう片付けもかかさずに汚したらしまうを繰り返すことによって、部屋の様子を維持できた。」ということで、自分の好きなものを食べに行ったり、欲しかったものを購入してみたりなど自分にとってのご褒美を送りましょう。これは、後々考えながら行ってもいいですが、1週間ごとにしっかりと設定していくと、「今日はいいや」や「明日決めよう」などがなくなります。「日曜日に月曜日から日曜日まで、部屋の状態を維持していたら〇〇を食べにいく。」などと明確に決めて行ってみましょう。1週間分のご褒美は1週間分でしっかりと消費し、次の1週間を頑張れるよう行っていきましょう。もう一つのモチベーションのあげ方としては、家に人を招いたり、SNSに写真をアップしてみる、ということです。これはなぜかというと、ご褒美よりは人により好き嫌いが分かれるかもしれませんが、人を家に招く際、汚れたままの部屋に招くのは気が引けますよね。できれば来た人にきれいな部屋だねと言ってもらいたいと思います。そのためにも、今あるきれいな部屋の状態を維持するということを意識できるよう、定期的に、友人や家族、恋人などを部屋に招くことによりきれいな部屋が維持できるようになります。そしてもう一つのSNSへの写真をアップするということも、部屋に人を呼ぶということと近いですが、こちらは直接的に人を家には招きませんが、部屋を人目につく状態にしておくということです。こちらも、部屋を映すだけではなく、購入したものなどを撮るときに部屋をしっかり背景として映して投稿したりなど、汚したらすぐにわかるような状態を作ることによって、部屋をきれいにしておこうという気持ちを維持します。これらの方法が自分に合っているなと思った方は、これらが、やらなきゃいけないことから、趣味に繋がり、部屋をきれいにすることや人目につくことご楽しいと思うようになれば、それは日頃からきれいにしておくモチベーションに繋がるのではないでしょうか。このようにモチベーションのあげ方には人それぞれ合う合わないがあるかと思いますが、自分がやってみよう、やってみたいと思うことはとりあえずやってみることが大切です。掃除以外で自分の好きなものや趣味を、日頃掃除をすることにつなぎ合わせてみると、自分に合ったモチベーションのあげ方が生まれるかもしれません。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!