1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市佐伯区W様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市佐伯区W様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件はゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。今回のゴミ屋敷は、害虫被害に悩む方のゴミ屋敷でした。多くのゴミ屋敷の中で害虫被害に悩む方はたくさんいらっしゃいます。ゴミ屋敷イコール害虫被害というのは当たり前になっています。実際に害虫被害が出やすい環境としては掃除をしていないというのも勿論そうですが、具体的に害虫被害を受けてしまう理由は沢山あります。一つは害虫問題に直面した際に最も気をつけなければいけないのは、生ゴミの処理です。生ゴミは特に気を付けなければいけません。どんなに部屋を綺麗にしていても害虫が寄ってきてしまう原因の一つになります。それがゴミ屋敷となりますと尚更気を付けなければいけません。また別の理由としては、管理できない部屋にしてしまうことが一番危ない原因です。管理ができないお部屋というものは何か?それは、ゴミや家具など、物で散らかってしまっていると、そこが害虫の巣になってしまうことが理由です。家具や物で入り組んだお部屋になってしまうと掃除が行き届かず、害虫達の隠れ家になってしまいます。ましてや生ゴミが放置され、ゴミ屋敷のようにゴミで入り組んだ状態の部屋がある場合は、とても危険な状態です。害虫からすると天国のような環境になってしまっています。そのような環境作りにしないことが一番大切になりますし、もしそのような環境になってしまっているのであれば、すぐに清掃業者を呼びましょう。このように害虫被害に悩むのであれば、まずは生ゴミを徹底的に探しましょう。食べかすなども要注意です。日頃から決められたところでご飯を食べるようにすれば、掃除をする際に気をつけ、念入りに清掃が行えます。しかし、普段からベットやリビングなど様々なところでご飯を食べていると、清掃が行き届かなかったりしますので、食べる場所にも気をつけることをお勧めします。害虫問題というのは、ゴミ屋敷とは切っても切れないものです。ゴミ屋敷になってしまって害虫問題に悩む事は当然と言えます。ですので根本的に、ゴミ屋敷を改善しなければいけません。ゴミ屋敷を完璧に改善すれば、害虫問題はなくなります。ご依頼人様は、数年前までは通常の生活をしていました。ゴミ屋敷とは全くの無関係な生活だったそうです。しかし、ある日を境に変わっていったそうです。ご依頼人様の話では、仕事が忙しくなりお部屋に手をつけれない時期が来たときだそうです。その時に、お部屋の清掃を満足にできなかったそうで、そのタイミングでお部屋は荒れてしまい、ゴミ屋敷の一歩を踏み出してしまったそうです。それからというもの、お部屋は日に日に悪化していき、ご依頼人様も心では掃除をしなければと思っていたそうですが、めんどくさいという気持ちが勝ってしまい、お部屋は後戻りできないくらい、荒れてしまいました。本件のようなケースは多く見られます。実際に、今この記事を見ている方も、掃除をしなければと思っていて、掃除をしない日があったと思います。ですが、ゴミ屋敷予備軍と呼ばれるような方は掃除をやらなければと思いながら、掃除をしないという方が多いです。現代では当たり前に増え続けているゴミ屋敷。本件の作業内容と合わせてお伝えしていけたらと思います。また本件のゴミ屋敷に関しての記事を見て、少しでも多くの方々がゴミ屋敷に対して強い危機感を感じて、事前に知識を蓄え、備えましょう。現代のゴミ屋敷から自分を守るには、自分で知識と対策を持っていなければいけません。清掃業者に頼むは確かに簡単ではありますが、未然に防ぐことが1番良いというのは明らかだと思います。ですので皆さん是非最後まで記事をご覧ください。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 7時間

お客様のご要望
W様「害虫問題を解決してほしい

上記の作業内容となりました。


生ゴミを処理する大切さ

生ゴミの処理がうまくできず害虫被害が出てしまい、さらには悪臭被害にも繋がってしまったというご依頼がありました。ではなぜ生ゴミを処理することが大切なのか、ゴミ屋敷への進行をどのように防げばよいのかなどをお話ししていきたいと思います。まず、ゴミ屋敷とはその名前の通り、ゴミで溢れてしまう状況を言います。生ゴミは数時間から一日で悪臭を放ち出します。そして、人が感じ始める悪臭よりずっと前に、害虫は生ゴミの匂いを察知して集まります。なので、ゴミ屋敷化してしまった部屋のなかのゴミに生ゴミが混ざってしまっていると、必ず害虫被害、悪臭被害がついてしまうのです。ではそうならないためにも、こまめなゴミ捨てが必要となります。実際に害虫が好むのは生ゴミだけではなく、人から出る垢やフケなどにも寄ってきます。なので、生ゴミだけに関わらず全てのゴミはこまめに捨てて、部屋の中に基本的に数量のゴミしかない、という状況にしておくのがベストとなるのです。では、生ゴミを放置してしまう原因を考えてみましょう。まずは、ゴミを出すのがめんどくさい。その場合はなぜめんどくさいのか、それはゴミを家の中で集めることがめんどくさい、などということがあると思われます。そういった改善として家のゴミ箱の量を減らすということをオススメします。キッチン周りやデスク周りなどゴミが頻繁的にでる場所に主に置きそれ以外の場所を減らすことでゴミを集める場所を減らすことができます。ここで気をつけるべきポイントは、ゴミを捨てる時、その場に放置するのではなく、決まった場所のゴミ箱に捨てるようにしましょう。そして、原因のもうひとつは、ゴミ出しを忘れてしまう。ということが多いです。こういったことの改善方法は、ゴミ袋を目につく場所や、自分のよく通る場所に置いておくということです。ゴミ収集の日を忘れないように、ゴミ収集の日付のカレンダーなどを目に留まる場所、冷蔵庫の扉や玄関などに貼っておき、その日の朝に出す場合は前日にゴミ袋を目につく場所や、自分のよく通る場所に置いておき、それが目に入ったら必ず持って捨てに行くということを自分のルールとして置くことでごみ捨て忘れを防止できます。これらのようにゴミを捨てるという行為は、しっかり自分ができない理由を明確にしておくことによって、防止できる策がいくらでもあるのです。ですので、諦めず、自分の生活スタイルや性格に合わせて、掃除や断捨離、整理整頓なども含めゴミを溜めないということを心がけ、きれいで快適な部屋を目指しましょう。

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!