1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 竹原市F様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

竹原市F様邸 ゴミ屋敷清掃

竹原市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は竹原市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。ご依頼を頂いたゴミ屋敷は、かなり荒れているご様子でした。ゴミ屋敷清掃を行う上で、様々なジャンルに分けられるのはご存知でしょうか?一括りにゴミ屋敷と言っても、大きく種類が分けられます。例えば、ゴミ出しを怠ってしまったゴミ屋敷や、生ゴミが集中して残されているゴミ屋敷、断捨離を行うことが出来ず家具などが溜まってしまっているゴミ屋敷など、様々なゴミ屋敷があります。本件のゴミ屋敷は、整理整頓が出来ず、収納スペースがあっても収納スペースが使われず、物が荒れているゴミ屋敷でした。せっかくの収納スペースがあっても使わなければ意味がありません。しかし、このように整理整頓が出来ず悩んでいる方も多いです。使ったら元に戻す。これが一番大切になりますが、多くの整理整頓が出来ずに部屋が汚れてしまう方は、基本的にこの清掃ができていません。今回はそんな整理整頓をどうして良いのか分からない方のためにも整理整頓に触れつつ、本件の清掃を行ったゴミ屋敷についても触れていきたいと思います。ご依頼人様が仰るには、昔から整理整頓が出来なかったそうです。どうしても一度使ったものを元の場所に戻すということが出来ず、出しっぱなしにしてしまうという習慣がついてしまって大人になってからも、それは変わらなかったそうです。また社会人になってからは仕事の忙しさに自分で片付けることも少なくなり、お部屋の手入れを怠っていたそうです。最初のうちは、半年に一回の清掃をなんとか続けていたそうです。しかし、ある日を境に掃除をすることをやめてしまったそうです。きっかけというきっかけはなかったそうですが、半年に一回の清掃というのをお聞きするところ、清掃が習慣になっていないのがわかります。そのため、清掃するために時間を作ろうという考えをしなくなってしまい、掃除をすることを忘れて生活してしまうという典型的なケースでした。ご依頼人様はゴミ屋敷になってしまった部屋を見て、いつか掃除をするから大丈夫と考えていたそうです。その結果、掃除をする事なく、お部屋はどんどん荒れていき、最終的には生活するのに困難と判断。すぐさまゴミ屋敷を清掃してもらうために、清掃依頼をしたそうです。本件のようなケースは珍しくなく、典型的なゴミ屋敷の状態や経緯でした。清掃するポイントとしては、目立って難しい問題もないため、スムーズに清掃を行えると考えました。お客様に最高の仕上がりを提供するためにも、ご依頼人様と日取りや清掃エリアを入念に話し合い決め、清掃当日を迎えました。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
F様ゴミ屋敷清掃をお願いしたい

上記の作業内容となりました。


物が散乱し足の踏み場がないゴミ屋敷

清掃当日となり、準備完了して清掃に取り掛かろうと玄関を開けるとそこには家に入るのを阻むかのような積み上げられたゴミが視界に飛び込んできました。玄関にまでゴミが押し寄せてしまっているため、これでは家に清掃を行うことも、ゴミの運び出しも満足に行えません。そのため玄関から先ずはきれいにしていくことになりました。実際に清掃を始めると驚くほど早く作業が進みました。その理由としてはゴミの大物が多いためでした。大型のゴミは運ぶのに手間はかかりますが、運んでしまえば一気にスペースが空きます。そのため、小さなゴミや中型のゴミよりも遙かに作業の進行がはかどります。玄関はあっという間にきれいになりました。こうしてやっと家にあるゴミの運び出しをスタートします。運び出していくだけですので、作業スタッフもスムーズに行えるように、ゴミの種類分けをして、運び出していきます。みるみるお部屋は綺麗になっていくのがわかりました。実際に本件のゴミ屋敷は、生ゴミをため込んでしまっているとはいえ、他のゴミ屋敷よりも少なく、異臭もそこまで目立ちませんでした。しかし、物量が少し多いという点くらいで、他に問題があったわけではなく、整理整頓さえ出来ていれば、とても綺麗に見えるはずのお部屋でした。そのため、スムーズに作業進んだのだと考えられます。


整理整頓

今回のご依頼人様から、ものがどこにあるかわからなくなってしまったりしてしまうことが多くて、どんどんものが増えてしまうなどというお話をききました。今回のように、もので溢れかえってしまっているお部屋では、ものの場所がわからなくなり、新たにものを購入してしまいそれが積み重なりものが増えてしまうということは、もちろん断捨離が必要であったり、掃除をしておくことも大切なのですが、それらを行った上で、ものの場所がわからなくなるということは、整理整頓をしっかりと行うことが大切です。整理整頓をしっかりおこなっておけば、ものをどこにしまったかわからなくなることもなくなり、そして、整理した場所にものをしっかりと戻すという行為をすることで、部屋が汚れにくくなることがあります。ただものを減らして掃除をするだけではきれいな部屋、おしゃれな部屋、住みやすい部屋にはなりません。それらをいかにきれいに、おしゃれに、使いやすく整頓するかが大切になってきます。では、整理整頓とはどのようにおこなえばよいのか考えてみましょう。まず、断捨離をしてものが減った上で、周りのものを区分けしてみましょう。そうすると、衣類、キッチン用品、雑貨、書類など何通りかに分かれてくると思います。それぞれをどの部屋、どの場所でよく使うかを考えてみて割り振りをしてみたり、その区分けした種類ごとにどこにあればよいのかを考えてみると整頓がうまくいくでしょう。使いやすいだけで考えてしまうと、ここに置いておこうという状況が増えてしまうため、しっかりときれいにおしゃれにも同時に考えて行いましょう。例として、リモコンはテレビ台の上、またはテーブルの上におく、そして使ったら戻す、その上、リモコンを入れるものがあればおしゃれに小物などと一緒に収納ができるかもしれない、などと考えてみるとよいです。衣類をよりよく収納するには衣替え方式がオススメです。

 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!