1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市西区S様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市西区S様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件では、ゴミ屋敷清掃がありました。ゴミ屋敷にしてしまったのは息子様でした。息子様はお仕事の関係もあり、実家を離れて一人暮らしをしていました。長い間家族と会うことがなかったことによって今回のゴミ屋敷の発見が遅れたそうです。息子様は引っ越して一人暮らしを始めた頃は、部屋を汚すこともなかったそうですが、ひとつだけ苦手なことがあったそうです。それは整理整頓でした。お部屋を片付けても、すぐにお部屋が荒れていたそうです。しかし引っ越した当初は片付けをうまくやっていたそうですが、日を追うごとに掃除の回数は減少していき、お部屋常に荒れている状態にいたそうです。それでも、ゴミ屋敷になる前には必ず、ある程度は片付けを行なっていたそうですが、仕事が忙しくなる事によって、掃除を全くやらなくなった期間があったそうです。その間にお部屋は急激に荒れていきました。その結果、自分1人では掃除するにもかなりの時間がかかってしまう部屋になってしまったそうです。それを機に掃除を一切することがなくなってしまい、部屋はどんどん悪化していき、ゴミ屋敷になるのも時間の問題でした。すぐにお部屋はゴミ屋敷となり、異臭や害虫問題に頭を抱えたそうです。ここで本来であれば家族に連絡するなど、ゴミ屋敷に対しての何かしら対処方法を行うことが大切なのですが、ゴミ屋敷はデリケートな問題ということもあり、息子様はご家族に相談できなかったそうです。そうしてゴミ屋敷で生活するようになり、一年経ったある日、家族が息子様のお部屋に訪問。それをきっかけにゴミ屋敷を発見して、すぐに対処に取り掛かったそうです。ゴミ屋敷の清掃も息子様と話し合って、清掃を行うことが決まり、我々のもとに連絡が来ました。ゴミ屋敷の状態は、通常のゴミ屋敷と同じで、異臭問題と害虫問題が発生している状態でした。ゴミ屋敷レベルとしてはそこまで高いものではありませんが、ゴミ屋敷はゴミ屋敷です。清掃作業はいつも通り、しっかりと仕上がりまで確実に行っていきます。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
S様「ゴミ屋敷問題と害虫や異臭を解決してほしい

上記の作業内容となりました。


自分の家族がゴミ屋敷にしてしまう危険性

本件のゴミ屋敷清掃は問題など起きることなく、進むことができました。ご依頼人様も驚いていてスムーズに作業が進むので、とても喜んでいました。ゴミ屋敷清掃で運び出しを順序良く行うことで作業効率も良く進めることができ、異臭や害虫も清掃の中で消えて行くのが分かりました。異臭の元は捨てられていなかった生ゴミで、それを処分するとすぐにお部屋は異臭の目立たないニオイに変わりました。ご依頼人様も一日で終わらせてほしいそうでしたので、ご希望通り1日で終わることができてよかったです。本件のご依頼人様のように家族の誰かがゴミ屋敷にしてしまうというケースはとても多く、珍しいことではありません。多くの方がこのようなご家族が被害あってしまうケースはたくさんあります。このようなケースの多くはご家族に相談できないというパターンがとにかく多いです。ですがゴミ屋敷において、相談しないというのは、とても危険な状態です。ゴミ屋敷は基本的には1人でどうにか出来る問題ではありません。必ず誰かに相談することをお勧めします。


整理整頓

今回のように、ゴミ屋敷にしてしまう原因の一つとして、整理整頓が挙げられます。もちろん、ゴミが捨てられない、ゴミばかり増える、断捨離ができないなど、他にも理由は挙げられますが、ものが多かったとしても整理整頓がうまくできればゴミ屋敷と言われないような部屋にすることは可能なのです。そして、整理整頓をしているうちに、必然とこれはいらない、これはしまっておこう、必要だなどと断捨離が勝手に進むケースもあります。なので、整理整頓がゴミ屋敷を改善する、または抑制するひとつの方法となるのです。では、なぜゴミ屋敷になってしまう方は整理整頓ができなかったのでしょうか。それはものの分類をしっかりと決めていないからです。衣類、書類、リビングにあるべきもの、寝室にあるべきもの、仕事で使うもの、プライベートで使うもの、など、自分が使う用途によって分類してみましょう。これらができていないと、寝室で使うものがリビングにあったり、またはリビングで使うリモコンが寝室にあったりなど、ものがどこにあるかなど探しようがなくなってしまいます。そうなってしまうと、ものを再度購入して出費がかさんでしまったり、ものが増える原因となります。では、それらをしっかり分類し、それらが、実際どこにあれば使用しやすいものなのかを考えてみることで、必然とどこに収納しておけばよいのかがわかってきます。そこで、ここに棚があれば収納しやすいし、使いやすいや、これは実際あまり使っていないななどがわかってきます。そこで、その都度断捨離を挟むことで、無駄なものも減り、ものが溢れ返るということがなくなります。このように、整理整頓をするだけで、部屋の雰囲気がガラッと変わるのです。ではここで、整理整頓をするにあたって注意すべきことをお話しします。それは、「整理整頓」と「仕舞い込む」ということは別ということです。ただきれいに見えるようにものを収納に仕舞い込むだけでは整理整頓とは呼べません。それはその場しのぎの行動であって、根本的なゴミ屋敷の改善ではないからです。適当に仕舞い込んでしまったものたちは次使うときにまた全て出してしまったり、取り出しにくいものを取り出したあとはきれいにしまわれないなど結局、少ししたら元の状態に戻ってしまう可能性がとても高いのです。なので、整理整頓とは、「きれいに使いやすくしまいやすい。」を意識することが大切なのです。整理整頓をすることで、ものを家の中でなくしてしまうことや、どこにしまったかわからない、ものが足元に散らかっているなどという状況をなくし、ゴミ屋敷になることを防ぎ、自分の理想のきれいな部屋を目指しましょう。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!