1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市南区S様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市南区S様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。今回のゴミ屋敷清掃のご依頼のポイントは、家具大量にお部屋に積み上げられている状態ゴミ屋敷の清掃でした。本件のご依頼のあったお部屋を実際に見ましたが、お部屋のほとんどが家具を積み上げられることによって、お部屋のスペースは家具に侵されている状態でした。そのため生活するためのスペースが限られてしまっている状態で、ご依頼人様もそんなお部屋では清掃することも出来ず、お部屋はどんどん汚れていったそうです。そもそも、なぜ家具だけが大量に放置されて積み上げられていたのか?という事ですが、ご依頼人様は基本的にお部屋の清掃はしてきたそうです。しかし、毎回のお掃除を怠らずやってきたのになぜゴミ屋敷になってしまったのか?それはもったないと感じて家具などを捨てれなかったからだそうです。家具はたしかに使っていけば長く使用できる物でしょう。しかし、家具にも流行りがあり、その時に自分が欲しいと感じた物を毎回買っていてはすぐにお部屋のスペースは無くなってしまうでしょう。そして、最初のうちは家具によってお部屋が少し狭く感じる程度でも、それが続くとなるとお部屋のスペースは無くなっていくのは誰しも想像できると思います。断捨離ができないという方は多く存在します。実際に思い出のあるものや自分の買ったものを捨てる行為は耐えられないという人いると思います。私個人としても、思い出が詰まっている物を捨てろとは思いません。しかし、いくら思い出がある物だとしても、ゴミ屋敷になってしまうのは違うと思います。ゴミ屋敷になってしまうくらいなら絶対に捨てるべきです。ゴミ屋敷は身体的悪影響から精神的悪影響もあります。だからこそ自分が壊れてしまう前に、ゴミ屋敷問題の解決のため、思い切って捨ててみることが大切になります。本件のご依頼人様も捨てきれず、困っていました。しかし、家具などを買うのが好きなご依頼人様は、お部屋がどんどん家具によって狭くなっていくことに焦りを感じたそうです。せっかく綺麗な家具を買ったからには綺麗なお部屋に飾りたい。そう感じたご依頼人様はゴミ屋敷清掃の依頼をしてきました。家具をゴミ捨てするのであれば粗大ゴミで出せば良いと考える方もいると思いますが、ご依頼人様のお部屋現実的に掃除が滞ってしまって、埃や害虫が住んでしまっているお部屋になってました。そのためゴミ屋敷清掃のご依頼をすることで、家具なども同時に改善したいと考えたそうです。そして家具などのゴミが溜まってしまった原因として、もう一つの点が粗大ゴミとして出すのがめんどくさいというのが理由だったそうです。たしかに粗大ゴミを出す際に管理会社や大家さんに確認を取り、他の住民の迷惑にならない場所に粗大ゴミのシールを貼って出さなければいけません。その場合は、自分でゴミ捨て場まで運ばないといけないため、さらに気持ちの部分でできなかったのでしょう。ご依頼人様はゴミ屋敷清掃と同時に家具も処分してくれるということで、とても満足してご依頼してくださりました。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
S様家具が大量に部屋にあります。ゴミ屋敷と共に何とかしてほしいです!

上記の作業内容となりました。


ゴミ屋敷清掃と家具を解体して運び出す!

ゴミ屋敷清掃が始まり、今回の最大の難関である家具の山を処分していく前に、先ずば玄関と廊下の清掃を行いました。そうしなければ家具を運ぶ際に足元が危険ですし、運び出しを迅速に行うことも出来ません。そのため後の作業を考えると玄関周りの清掃は欠かせません。こうして玄関と廊下の清掃が終えれば、後は家具を運び出すだけです。家具は解体しなければ運び出せない大型のものもありましたので、適時解体を行って作業を進めていきました。ご依頼人様が家具を捨てることができないだけで、お部屋のお掃除は欠かさず行っていた事もあり、家具を運び出すだけでとても綺麗になりました。ご依頼人様も満足のいく仕上がりにすることが出来て、お部屋の本来の広さに戻すことができてご依頼人様から感謝の言葉もいただけました。


断捨離が出来ればゴミ屋敷は怖くない!

今回のご依頼人様のように、ものが捨てられなく部屋がもので溢れかえってしまい、ゴミ屋敷に繋がってしまったという件はとても多いです。ものや家具が増えただけでは、ごちゃごちゃとしているだけでゴミ屋敷ではないのではないかや、自分の部屋はゴミ屋敷ではない、ものが多いだけだと思ってしまう方もおられます。その結果、そのまま改善されず悪化してしまいゴミ屋敷化してしまうというケースがとても多いです。ものが多いだけでゴミ屋敷ではないというご意見ですが、確かにそういったお部屋の方もいらっしゃいますが、ほとんどは、ものが増え続け、ものの隙間にゴミが溜まり、掃除も頻繁にできずどこにものを置いたかもわからない状態になってしまい、悪臭や害虫被害に繋がりゴミ屋敷化してしまうケースがほとんどなのです。なので、今回はゴミ屋敷にまだなっていない方でも、やっておいた方がいいことは掃除の他に断捨離なのです。では、どのような断捨離を行えばよいのかというと、ゴミ屋敷になってしまったお部屋の断捨離はスピーディに必要なもの不必要なもので振り分けて、ものを減らすことをメインとして行ない、ものが半分ほどに減るまで行うと良いと思います。そして、まだゴミ屋敷まではいっていないが、部屋にものが多いなと感じるようなお部屋の場合は、本当に必要なものなのか、ここ1年程で使用した記憶があるかなど、自分の中で断捨離をするルールを決めて行なうと、意外と不必要なものであるものがでてくることがあります。しかし大事なことは、お部屋がきれいになったあとです。汚れたお部屋の掃除や断捨離は努力、時間、お金で解決します。しかし、その状態を継続することは自分で行わなければいけません。ものを必要以上に購入しないことや、なんとなく買うのではなく、買う前にどこに置くのか、収納する場所、似たようなものな家にないか、あるのならば既にあるものはどうするのかなど、しっかりと買う前に考えること、それが購入品の断捨離です。そして、お部屋内では、掃除や片付けを意識していると、お部屋のものが溢れかえることはなくなり、キレイなお部屋を維持することができるようになります。これらのように、断捨離を意識するだけで、お部屋もキレイになり、金銭的にも無駄遣いなどが減り余裕ができるので、余裕のある暮らしができるようになります。そこから、新しい家具や、オシャレを意識したお部屋作りをしてみるのもいいかもしれません。けれど、家具などを購入した際は、既にある家具などの処理を忘れないようにしましょう!


 

 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!