1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市西区S様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市西区S様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。今回のゴミ屋敷の状態は、物量が多く、運び出しに時間がかかってしまう可能性があるゴミ屋敷でした。本件のゴミ屋敷のように物が多く、散乱している状態のゴミ屋敷は珍しくなく、ゴミ屋敷清掃のご依頼では、本件のような状態のゴミ屋敷多くみられます。また今回のゴミ屋敷では、ご依頼人様がおっしゃるには、元々、ご依頼人様は掃除が得意ではなかったようで、使ったものや出した物は、出したら出しっぱなしにしてしまうという傾向にあったそうです。一般的には使った物は、元の場所に戻すと思いますが、ゴミ屋敷が増え続けている近年では、それが出来ないという人が多く見受けられます。実際に年々ゴミ屋敷の被害件数は増え続けており、ゴミ屋敷問題が拡大した事によって様々な別の問題も生まれてきました。例として一つあげるのであれば、不法投棄です。ゴミは住む地域によって、処分の時間や日にち、処理の方法が変わってきます。ですので多くの方々は定められたルールの上でゴミを処分しますが、ゴミ屋敷が増えたことによって、ゴミ屋敷清掃の依頼するにもお金がかかってしまい、かと言って自分で清掃するにも適切なゴミの処理を見て捨てなければいけないのがめんどくさいというように感じた人が不法投棄を行ってしまいます。そうならないように、普段からゴミ捨てと整理整頓は必ず行っていかなければいけません。普段から行うことで癖になりますので、めんどくさいと感じても怠ることなくやりましょう。また本件のご依頼人様のように物を大量に溜め込んでしまうような方におすすめしたいのは、断捨離という方法です。ご依頼人様も今後試してみたい清掃方法と言ってましたが、断捨離は物を溜め込みやすい人やゴミ屋敷などにとても効果的ですので是非試してみましょう。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
S様「大量に散乱している物とゴミ屋敷を改善してほしい

上記の作業内容となりました。


運び出しが難航されると予想されるゴミ屋敷清掃!

ゴミ屋敷清掃が始まりました。いざ始まってみてわかることは、とても物量が多いということです。玄関周辺から既に大量の物量がありました。運び出しがなぜ難航するのではないか?というところですが、エレベーターの使用ができないため、階段での運び出しとなりました。3階建てで3階に部屋が位置するため、物を運び出すにも壁や階段を擦ったりぶつけたりしないために、梱包材でコーティングして運び出しましたが、それでもエレベーターが使用できない分、どうしても時間がかかってしまうのは明らかでした。ここで重要になってくるのが、運び出しよりも中の清掃になります。中の清掃が遅れてしまうと、その分ゴミの運び出しも遅れてしまうため、スムーズに清掃作業を行わなければいけません。実際に、清掃に関してはとてもスムーズに行うことが出来ました。しかし運び出しに少し時間がかかってしまっていたので、運び出しに人手を回して、清掃を続けることに、何とかご依頼人様とのお約束の時間まで終えることができました。ご依頼人様も綺麗な部屋を見て驚いていました。あれだけの大量のものが散乱していた部屋だからこそ、綺麗で広い部屋を見ると、まるで自分の部屋ではないような気になったと仰っていました。ご依頼人様は改めて、これからゴミ屋敷にならないように、清掃方法を改善します。と仰っていました。本件のようなゴミ屋敷は断捨離を行うだけで大きく良い方向に変わりますので、断捨離についても触れて行きます。


断捨離の重要性と解決方法

今回のご依頼人様は断捨離が上手くできないということにお悩みの方で、ゴミ屋敷となってしまった方でした。断捨離とは、部屋をきれいに見せるためにはとても重要なことで、ゴミ屋敷ではないからと安心している方も実は気をつけなければいけないことなのです。どんなにホコリが落ちていない部屋でも、断捨離ができずもので溢れていたり、棚や机などがごちゃごちゃしている部屋は、本当にキレイな部屋とは言えないのです。本当にキレイな部屋で理想とするお部屋とは、ものが断捨離をして選別されており、掃除が行き届いており、整理整頓がしっかりと行われている、キレイで暮らしやすいお部屋なのです。では、掃除や整理整頓はまず置いておき1番に断捨離が行われていないと、掃除もしずらく、整理整頓してもものが多すぎたり、ただしまい込んでいるだけなどという状況になってしまいます。なので、部屋をきれいにしたい場合は、断捨離から始めましょう。まずは、断捨離とは要るもの、要らないものにわけて適切に処理していくことです。断捨離に慣れていなかったり、どうしても要らないものに分類することができない人は、真ん中にわからないものという分類をしてみると、一度そこに分類し、再度考え直すことが出来るためおすすめです。断捨離が上手くできない方は、なぜ上手く出来ないのかを考えてみましょう。最後までできない、続かないという方は、まずは自分のできる範囲のみを細かく設定してみましょう。クローゼットの右半分や机の引き出し、キッチン周りなど細めに設定しておくことにより、短時間で終わらせることもでき、続かない方でも飽きたり、めんどくさくなってしまう前に終わらせることができます。次に、ものが捨てられないという方は、先程のように、かんがえなおすという分類を作ってみると、1度考え直しそれでも絶対に要る!と思わなければ1度処分を考えてみると良いでしょう。ここで、1度でもゴミ屋敷化してしまった方は処理することを優先してみるといいと思います。そして、捨てるのがもったいないという方は、処理の仕方を捨てるということだけではなく他の方法を探してみるといいと思います。捨てるだけではなく、リサイクルなどといった方法もあります。これらのように、なぜ出来ないかということが分かればそれについての解決方法は必ずあります。まずは自分がなぜ上手くできないのか、を考えてみることが、きれいな部屋への第1歩となるでしょう。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!