1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市中区G様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市中区G様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件はゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。今回のゴミ屋敷の状況は、生ゴミが大量に放置されているゴミ屋敷の清掃依頼でした。生ゴミの大量放置。多くのゴミ屋敷の種類の中で、とても大変な状況になってしまうのが生ゴミの大量放置です。生ゴミを放置してしまうと、異臭が発生し、害虫達が寄ってきてしまいます。生ゴミに関してはゴミ屋敷といえばというほど、付き物となります。ほとんどのゴミ屋敷では生ゴミが放置されていることが多く、そこからの異臭によって害虫も多く発生しています。また生ゴミはとても強力な異臭を放ちます。ゴミ屋敷の放置日数によって生ゴミから発生している異臭の濃度が大きく変わります。それによってゴミ屋敷の清掃の難易度も大きく変わります。実際に現代では多くのゴミ屋敷清掃の依頼があります。そして我々は清掃していく中で、ほとんどが生ゴミが放置されている状態が多く、生ゴミをきちんと処理しているゴミ屋敷があるとすれば、基本的には物などで溢れかえってしまっているゴミ屋敷が多いです。本件でも同じような状態でしたが、生ゴミはゴミ屋敷を急速に成長させてしまう恐ろしいゴミです。ゴミ屋敷のサイクルの中心に位置するといっても過言ではないくらい生ゴミの影響力は強いです。生ゴミが出たとしてます。そして放置し続けるとやがて異臭が発生します。その異臭につられて害虫達が家に群がってきます。害虫達は放置された生ゴミを餌に繁殖します。その一方で生ゴミは、どんどん異臭の濃度を上げていきます。そうして更に害虫が外から誘われ、家の中で繁殖を続けます。このように生ゴミを放置するだけで、ゴミ屋敷として完成してしまいます。また害虫もフンをするため、そのフンがニオイを発生して、それもまた異臭の原因になってしまいます。生ゴミの放置というのはとても危険ということが分かったと思います。本件のゴミ屋敷も生ゴミが多く放置されていました。異臭トラブルによって、ご依頼人様も近隣トラブルにまで発展したそうです。それによって清掃の依頼をして下さりました。ですので我々としても早急に解決するために、ゴミ屋敷の清掃を迅速かつ安全に行っていかなければいけません。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
G様「近隣トラブルの原因にもなっている異臭とゴミ屋敷を解決してほしい

上記の作業内容となりました。


ゴミ屋敷清掃と異臭の解決

ゴミ屋敷清掃がいざ始まりました。先ずは玄関からの清掃となります。玄関はキッチンも近いため、生ゴミも散乱している状態でした。外から近いこの場所で生ゴミが散乱していれば、勿論ですが近隣トラブルの原因になってしまいます。ですので早急にまずは玄関とキッチン周りの清掃を行いました。玄関はスムーズに清掃を終えることができましたが、キッチンはとても大量の生ゴミが放置されているため、運び出しに時間がかかりました。生ゴミが袋に入っている場合もあるのですが、今回の場合は床などにばら撒かれている状態であったため、作業に苦労はしましたが、規定の時間内で清掃を終えることができました。玄関とキッチンを清掃しただけで、とても空気が軽くなった印象を今でも覚えています。それほどまでに生ゴミが異臭の原因ということがよくわかります。そうして次は奥の部屋の清掃です。リビングの清掃に関しては、生ゴミなどは少なく、どちらかといえば、物などで溢れているイメージです。ですので、作業スタッフで効率良く運び出すことによって、清掃を終えることができました。ご依頼人様も、綺麗なったお部屋を見てとても喜んでいました。異臭が強くなりゴミ屋敷になってしまい、生活がもうできないと自分で感じてご依頼してくださいましたが、もっと早くにご依頼があれば、ご依頼人様の苦しみも少なかったと思います。ゴミ屋敷の清掃依頼はとてもタイムラグがあります。ですので、ゴミ屋敷になる前に、危険を感じたらすぐにご相談ください。


ゴミの処理と分別がカギ!!

今回のゴミ屋敷のご依頼のように、ゴミの処理がうまく出来ずにゴミ屋敷となってしまったというケースはとても多いのです。ものを片付けられないや、掃除ができない、ものが捨てられないなどの原因がよくあげられるかと思いますが、実はゴミの処理や分別は身近で普通のお部屋の方でもいつでもゴミ屋敷となりうる可能性が出てきてしまうほど、軽視すると大変なことなのです。では、ゴミの処理や分別を怠るとどのようなことになってしまうのかお話していきます。まず、ゴミの分別を怠っているとゴミの処理にも影響が出てきます。それは、どんなにゴミを処理しても、分別ができていないと、ゴミを収集して貰えないので、自分の部屋に溜まってしまうことになるのです。長く収集されなかったゴミは悪臭などに繋がり、そこから害虫の被害にさえも繋がります。基本的にゴミ屋敷のご依頼を受け伺うお宅には、ほぼ必ず、悪臭や害虫被害があるのです。なので、ゴミの分別を怠り、さらには処理を先延ばしにしていると、ゴミ屋敷と言われるお部屋となってしまうのです。では、そのようにならないためにはどのようなことを気をつければ良いのでしょうか。まず、ゴミの分別を怠っていたゴミ袋を再度回収しもう一度ゴミ袋の中を分別し直すというのはかなり時間と労力を使ってしまいますし、やはりめんどくさくなってしまうという方が多いのではないのでしょうか。なので、まずはそうならないためにも、分別を先にしっかりとしてから収集日に処理することを意識しましょう。当たり前のことですが、これが1番初めの改善ポイントとなるのです。分別方法や種類は地域によって違っているので、自身の分別方法や種類をしっかりと確認してから、自分でやりやすい分別方法を見つけてみましょう。そして、分別をしっかり出来ていれば収集日に収集してもらえないということはありません。では、処理に関して気をつけなければいけないことは、出し忘れ、出し渋り、億劫になることです。先程も言った通り、夏場や暖かくしている部屋のゴミは腐りやすく、他にも匂いが放ちやすくなります。そして、人間の感じ始める悪臭より早く害虫たちはその匂いに気づき入ってきてしまいます。なので、まだいいかや、今日はめんどくさい、出し忘れたなどはないよう、収集カレンダーなどでしっかりと確認して、毎週こまめにゴミを処理することを意識つけましょう。これだけで、ゴミ屋敷へとなるリスクはかなり減らすことができるようになるでしょう。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!