1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市中区B様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市中区B様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件はゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。今回のゴミ屋敷清掃では、ご依頼人様のゴミ屋敷の状態を見ると分かりますが、異臭が強く発生しているゴミ屋敷でした。ゴミ屋敷の中で、異臭を発生しているゴミ屋敷はとても危険です。ご依頼人様にとっても危険ですし、清掃作業をする我々にとっても危険です。このように異臭はとても作業の邪魔になってしまうというのが問題でもあります。ゴミ屋敷清掃のご依頼の中で、とても多いとされているのが異臭問題です。異臭問題はゴミ屋敷問題において、絶対的に現れてしまう問題とされいます。勿論、異臭がないゴミ屋敷もありますが、基本的にはゴミ屋敷の清掃依頼では、異臭問題が発生しています。この異臭とどう立ち向かうかという事が重要になって来ます。例えば、マスクなどをせずに作業をやろうとした場合、異臭の濃度によっても変わりますが、まともに息が出来なくなってしまいます。それくらい異臭のレベルは高くなると作業に影響を与えるだけではなく、健康状態にも影響が出てしまうので気をつけなければいけません。勿論作業スタッフだけではなく、普段からこのゴミ屋敷に生活しているご依頼人様にも言える事です。ゴミ屋敷での生活はとても耐え難いものです。最初のうちは部屋が荒れているだけと感じている人も多いと思いますが、悪化していき、ゴミ屋敷になってしまうと、生活が一変します。ゴミ屋敷は段階ごとに分けられていきます。初期段階は、お部屋の荒れた様子が悪化している状態です。その状態では異臭や害虫問題は起きていなく、お部屋のものが散らばっていてるだけという状態です。そこから悪化していくと、今度は足の踏み場がなくなって来ます。この頃から、日頃、生ゴミをゴミ出ししていない場合は、生ゴミから悪臭が漂ってくるでしょう。しかし、強烈なニオイではなく、ふんわり漂ってくるレベルなので、気に留めない方も多いようです。そして次のレベルになるとゴミ屋敷として改善しなくては行けない決断を迫られる方が多くなって来ます。それは膝丈くらいまでゴミが積み上げられ、キッチンや水まわりはカビと異臭で、嗅いでられない人もいます。また生ゴミが残っている場合では、既にお部屋全体に生ゴミの腐った異臭が充満してしまって、どこにいても生ゴミに強烈なニオイがするでしょう。この辺りからゴミ屋敷としては出来上がってしまっているので、多くの方がゴミ屋敷清掃の依頼をしてくるでしょう。またこれ以上のゴミ屋敷事例もございます。そうなってくると、近隣トラブルにも発展していることが多いため、強制的に改善せざるを得ないのですが、これ以上のゴミ屋敷とは、腰丈以上のゴミが積まれていて、生ゴミからは嗅いだことないような鼻を刺す強いニオイに襲われ、害虫問題も当たり前のように発生。近隣トラブルにもなっていて、景観の破壊など、多くの原因により強制退去にまで発展してしまいます。そこまでゴミ屋敷が発展してしまう前に、改善しなくていけません。本件のゴミ屋敷は、生ゴミの放置によって異臭が強く残っているゴミ屋敷の清掃ですので、スムーズに作業を行い、ご依頼人様が納得するような仕上がりにして、異臭を取り除きたいと思います。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
B様「ゴミ屋敷で発生している異臭を取り除きたい

上記の作業内容となりました。


異臭が強く残るゴミ屋敷!

ゴミ屋敷清掃をやっていくと、わかりましたが、やはり本件のゴミ屋敷で発生している異臭は、強く、生ゴミからの発生ということが分かりました。また生ゴミからは異臭が強く発生しているため袋ごと運び出してしまえば、異臭は完全に消えると思っていました。実際に生ゴミを処分してみると確かに、とてもお部屋の空気が軽くなったのを感じました。しかし、長時間放置されていたこともあり、ニオイはお部屋のあらゆるところに染み込んでしまっている様子でした。ですが、最初は作業用の特殊マスクを着用してもニオイを少し感じるレベルでしたが、今では、マスクを外しても薄く生ゴミのニオイを感じるだけでした。そのため、ニオイの染み付いてしまっているようなものも含んで、ゴミを運び出して、どんどん綺麗にしていきます。お部屋はすっかり綺麗になり、ご依頼人様もとても満足していました。


生ゴミが起こす問題

今回のご依頼人様のように、生ゴミなどのゴミを捨てられずゴミ屋敷化してしまうというケースはとても多いです。生ゴミはすぐに悪臭被害や害虫被害に繋がってしまうため、どんなにお部屋をキレイにしている人でも、生ゴミを放置してしまっているだけで、部屋は悪臭がしてどこか清潔感のないお部屋になってしまいます。さらに、お部屋の掃除や他のゴミたちも捨てられずに溜まっているお部屋など尚更清潔感などなく、ゴミ屋敷となってしまうのです。なので、生ゴミを貯めるということは、ほぼゴミ屋敷になってしまっているのとほとんど変わらないと言ってもよいのでしょう。その他にも、排水溝などの手入れをしていないと、悪臭や害虫被害が広がりゴミ屋敷のような状態になってしまいます。ではこの生ゴミの処理やゴミの捨て忘れをどのように改善するべ良いのかを考えてみましょう。まず、生ゴミは家庭の食品などからでるゴミが多いと思われます。お弁当の食べきれず放置してしまった容器のゴミなどが、ゴミ屋敷の清掃時にものや家具の下から出てくるケースが沢山あります。そういったゴミも生ゴミに分類していくと、ゴミを捨てるというのはごみ収集に出すことだけではなく、まずは部屋の中でひとつに生ゴミをまとめて捨てるということを意識しなければいけません。そのため、まずは部屋の中にゴミを放置しない。ということを生ゴミに限らず意識してみましょう。そして、それらのゴミを忘れずに収集日に捨てる。これらは掃除を毎日するということより、部屋をきれいに維持するためには必要なことになります。なので、収集日のカレンダーなどで毎日確認できるよう目の届く場所に置いておき、忘れずに処理をするようにしましょう。ちょっとした数点の意識をもつことによってきれいな部屋への道のりはぐんと近づきます。自分が意識しなければいけないところを明確にして、キレイな部屋への1歩を進めましょう。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!