1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市西区A様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市西区A様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。今回のゴミ屋敷は、害虫被害に悩むご依頼人様からの依頼でした。本件のゴミ屋敷では害虫問題があがっているため、作業にも少しずつ変化がうまれてきます。通常のゴミ屋敷清掃では、ゴミ屋敷清掃を手順よく行なっていくだけですが、本件では害虫被害があるため、害虫の駆除も行わなければいけません。そのため、作業時間や作業内容に変化が生まれるため、気をつけて作業を行わなければいけません。ゴミ屋敷清掃と一括りにいっても、実際はゴミ屋敷清掃にも沢山のジャンルがあります。本件では、害虫の駆除も視野に入れてゴミ屋敷清掃を行なっていきます。害虫問題はゴミ屋敷問題と並行して、起こってしまう問題です。ゴミ屋敷問題が起こったとして、実際に害虫被害にあっていないゴミ屋敷というのは滅多にありません。そのため、ゴミ屋敷問題と害虫問題は同時的に発生し、ゴミ屋敷の住人を苦しめます。害虫問題は、多くのゴミ屋敷清掃のご依頼の中でご依頼人様が数多く、害虫被害を口にします。それはゴミ屋敷清掃の上で必ず、生ゴミが放置されていることが多いからです。生ゴミの放置によって害虫達はそれを餌にします。また生ゴミが多く放置されていればいるほど、害虫にとっては天国のような場所になります。害虫達は好んでゴミ屋敷で生息します。しかし最初から害虫は家にいるわけではありません。なぜ、ゴミ屋敷になると害虫が寄ってきてしまうのか?それは異臭です。本件のゴミ屋敷もそうですが、生ゴミから発生した異臭はとても強く放っています。濃度が濃い異臭は特に害虫を引き寄せます。生ゴミは放置された日数などによって変化しますので、放置日数が経てば経つほど、害虫被害はもちろんですが、異臭問題にも影響が出てきます。異臭問題と害虫問題は同時に起こるとされていて、異臭がするようになり、害虫たちが寄ってくるというのもありますが、害虫達が発生して、害虫のフンによって異臭がするようになったりと、良くない相乗効果が害虫と異臭は持ち合わせています。そのため、害虫を家で見かけた時は、生ゴミを放置していないか?異臭が発生していないか?などをチェックすることが大切になりますし、逆に異臭が発生したり、生ゴミを長い期間放置して、ニオイを感じたら害虫の発生に気をつけることが大切になります。本件のご依頼人様のゴミ屋敷は、異臭も強いですが、害虫問題が1番強い印象でした。ゴミ屋敷を清掃するからには、一定数害虫は潜んでいると思いますが、本件のゴミ屋敷では、やはり通常のゴミ屋敷と比べて、はるかに害虫が多いと感じたゴミ屋敷でした。本件では、害虫問題に対処しつつ、安全かつ迅速にゴミ屋敷清掃の作業をスムーズに行うことが目標となりました。

  • 家財品 1.5tトラック 約1台分
  • 人員 4
  • 時間 6時間

お客様のご要望
A様「長期間放置してしまった生ゴミと害虫を解決してほしい

上記の作業内容となりました。


害虫の住処!ゴミ屋敷清掃は終われるのか?

いざ、ゴミ屋敷を清掃しようと、取り掛かろうとしたところ、やはり、害虫はすぐに我々の前に現れました。玄関の隙間から出て来たのです。やはり中の様子が大変ということは、明らかでした。玄関を開けて入ると、害虫が一気に動き出したのが分かりました。というのも、玄関の前にキッチンがある間取りですので、生ゴミがキッチンに置いてあります。ですので、必然的に玄関付近やキッチンに害虫が溜まってしまうのでしょう。また玄関から外に出て行く様子をみても、近隣トラブルの原因になってしまうので、そうなる前に対処しなければいけません。多くのゴミ屋敷清掃をご依頼する方々で、近隣トラブルによって清掃を依頼したという方は多いです。近隣トラブルに発展してからゴミ屋敷の清掃を依頼するというケースは多いため、同じように悩んでいる方は絶対に1人で抱え込まないで相談しましょう。話は戻りますが、ゴミ屋敷清掃はスムーズに行うことができました。害虫被害は強いですが、清掃の手順は変わらず、ご依頼人様のご指定があった場所の清掃を行なって、そこから綺麗にした後に、害虫を駆除してしまいます。家全体の清掃ではないため、害虫の処理も、我々の清掃エリアないでの作業になりましたが、とても綺麗にすることが出来ました。ご依頼人様も喜んでいて、二度とゴミ屋敷にしたくありません。と仰っていました。


ゴミの分別が出来ない

今回のご依頼人様は、ゴミの分別が上手くできずゴミが溜まっていき、結果ゴミ屋敷化してしまったというお話で、どのようにしたらゴミの分別などを上手くできてゴミ屋敷化しないよう改善できるかというお悩みでした。実際、ゴミ屋敷化してしまう家は、ゴミ捨てができずゴミが溜まっていきゴミ屋敷化してしまうというイメージがあるかと思われますが、ゴミがうまく分別できないことによってゴミ屋敷化してしまうというケースは決して少なくはありません。なので、ここでゴミ屋敷化を防ぐゴミの分別方法、ゴミへの意識の仕方をお話していきたいと思います。まず、ゴミの分別の種類や日にちなどは地域によって異なるため、自分の地域のゴミの分別の種類な曜日などを確認できるものを用意しましょう。カレンダーなどでひと目でわかるようなものがあれば、自分の普段1番目につく場所などに貼っておくことで、ゴミ捨て忘れ防止にも繋がります。自分の地域のゴミの分別種類などが確認できたら、ざっくりと自分のよく出るゴミはどのゴミに分類されるのかを確かめましょう。意外とわかっているつもりでも間違って覚えていたり、普段適当に済ませてしまっているものが間違っているという場合もあるので、改めて確認してみると良いでしょう。次にゴミ箱についてです。自分のよく出るゴミの種類を確認したあとなので、自分のよく出るゴミ、例えば燃えるゴミとペットボトルのゴミは大きめのゴミ箱で1週間ほどでは溢れないような大きさのゴミ箱を用意しましょう。これをすることによって、ゴミ袋が外に放置されない状況をつくると悪臭や害虫も防げて、さらに部屋の景観もよくなります。そして、しっかりゴミ箱を分けることにより、ゴミを分別して捨てやすくなるので、ゴミの分別も楽に行うことができるようになります。このように、ちょっとした工夫をするだけで、ゴミに対しての意識などが変わり、そして結果的にゴミ屋敷化を着実に防ぐことができるようになるのです。なので、なにか掃除などの仕方に悩んでいる方は、掃除のことから視野を広げて、周りの環境を改善することで、掃除も捗るということもあるかもしれません。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!