1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 竹原市下野町K様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

竹原市下野町K様邸 ゴミ屋敷清掃

竹原市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は竹原市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。本件のゴミ屋敷の状態としては害虫が大量に発生してしまっているゴミ屋敷清掃となります。今回のゴミ屋敷で行う清掃では害虫が発生しているため、害虫も駆除しながら清掃を行うことになります。ご依頼人様のご要望では害虫問題の解決は勿論ですが、同時にゴミ屋敷の問題解決に取り組まなければいけません。そもそも、本件のようなゴミ屋敷清掃では、害虫によって清掃作業に遅れが生じてしまう可能性があります。ですので、そのような事が起きないようにゴミ屋敷清掃の手順をしっかりと踏まえて、作業しなければいけません。害虫問題はゴミ屋敷はどうしても並行して起きてしまう問題であります。また害虫問題が起きているという事は、生ゴミの放置がされている事が分かります。そのため、生ゴミからの異臭問題もあります。また生ゴミが放置されることによって害虫の餌になってしまいます。ゴミ屋敷に潜む害虫の餌は基本的に生ゴミとされています。そのため、本件のゴミ屋敷では大量の生ゴミが排出されているのが容易に想像がつきます。ゴミ屋敷清掃では先ず最初に生ゴミから運び出す事が大切となります。生ゴミから運び出すことによって作業中に空気に漂う異臭も軽減されます。軽減されることによって、作業員達も働きやすい環境なりますし、また害虫の餌となる根源である生ゴミを処理することによって、大幅にゴミ屋敷清掃の改善となります。また本件では生ゴミが袋に入っているため、異臭もそこまで目立つことなくいますが、もし、袋が破けてしまって生ゴミの液体が外に漏れ出している場合は、異臭の広がりが強くなりニオイが厳しく生活するにも大変でしょう。また袋から液体が出てしまっている場合はお部屋の床が腐ってしまうケースもとても多いです。そのため、生ゴミの管理がとても重要になってきて、ゴミ屋敷清掃の依頼をする場合は先ず最初に自分の目で生ゴミの状態を確認しておくと良いでしょう。本件では害虫問題にとても悩まされていましたが、実際に害虫問題で悩みゴミ屋敷清掃の依頼をしてくる方はとても多いです。現代のゴミ屋敷問題で、とても多いとされているのが異臭問題と害虫問題です。そのため、生ゴミが必ずと言って良いほど、放置されております。また本件とは全くの逆のケースもあり、生ゴミなどが一つもないゴミ屋敷もあります。その場合は害虫や異臭は全くなく、家具などの物量が多いため、ゴミ屋敷清掃のご依頼をしたというケースもあり、その場合のゴミ屋敷は運び出すだけでお部屋が綺麗なるので、比較的に難しい現場ではないでしょう。しかし今回のように異臭も少し漂って、害虫が大量発生しており、物で溢れている場合はとても大変です。作業スタッフも手順をしっかり踏まえて、迅速に作業を行わなければいけません。また本件では運び出しや清掃において、ほかに不安要素はないため、全員で生ゴミと害虫に対しての意識共有を図り、清掃作業にのぞみます。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 7時間

お客様のご要望
K様ゴミ屋敷問題と害虫問題を解決してほしい!

上記の作業内容となりました。


床一面に害虫!清掃は無事終わるのか?

ゴミ屋敷清掃が始まり早速ですが、生ゴミの処理から行っていきます。生ゴミはキッチン周りに全て置いておるということもあり、キッチンからの作業となりました。玄関は比較的に通る場所なのか綺麗にされていたため、キッチンから生ゴミを運び出すのに難しいことはありませんでした。生ゴミも袋に入っているため、それを運ぶだけでした。しかし一つだけ生ゴミの袋が破けていました。異臭が少し漂っていた原因を見つけた瞬間でした。生ゴミが出てしまうことないように、上からもう一枚袋を被せて持っていくことに成功はしましたが、垂れてしまった液体はすでに固まっており、床下まで侵食しているのがわかりました。生ゴミの液体の恐ろしいところは床下にまで入り込んでしまうところです。このような光景をみてご依頼人様はゴミ捨ては定期的に今後行うと仰っていました。作業はその後順調に進み、ゴミ屋敷はどんどん綺麗になっていきました。そうして仕上げまで行ってご依頼人様を満足させる事ができましたが、やはり、一点だけ生ゴミから溢れてしまった液体のシミは、今日だけで取り除くことは不可能なため、ご依頼人様も落ち込んでいました。日頃のゴミ捨てがいかに大事かという事がわかると思います。ご依頼人様は次の引っ越し先も決まっていたそうで、新たなスタートを踏み切るため、ご依頼したそうです。実際に大家様からも近隣のクレームが届いているという連絡があり、ご依頼人様も生活しづらい環境となってしまい、引っ越しを決意したそうです。ゴミ屋敷というものは生活を破壊してしまう恐ろしい問題です。ゴミ屋敷にならないために今自分に何が出来るのか?それを考えて生活する事がゴミ屋敷にならない1番の近道かもしれません。


ゴミ捨てはちゃんとしましょう!

今回のご依頼人様のようにごみ捨てができておらずゴミ屋敷となってしまう方はとても多いです。ゴミを出すことは、時間が過ぎてしまったり、忘れてしまったりなど、出せない理由といえのはその都度あると思います。しかしその中でも、理由と言えないのが、めんどくさかったや、来週でいいやなどの、自分の怠惰による理由です。本当にゴミが少なくゴミ袋の無駄になってしまうなど考えられての、来週への持ち込みなどは良いのですが、それが、めんどくさかったなどの理由であったり、主に、生ごみなどの処分などには注意ご必要となります。それらを怠ってしまうと、ゴミ屋敷となってしまう原因の第1歩となりかねません。今年は自粛期間などで家庭ごみが増えてしまったりなどと影響がでています。年末年始で、家庭ごみなどが増えゴミが捨てきれない、捨てられないという方やゴミ屋敷化が進んでしまう方が増えないようにゴミをその都度捨てるということを意識して年始の生活をよりよく過ごしましょう。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!