1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市佐伯区S様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市佐伯区S様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件では、広島市からゴミ屋敷清掃の依頼がありました。本件では事前に聞いていたように、大きな家具などが多く、部屋の大半を家具がスペースを奪ってしまっている状態でした。依頼人様はどうしても家具などを捨てきれず、家に残してしまい、いくら掃除をしても部屋が綺麗に見える事が出来なかったそうです。本件のように家具が大量に部屋のスペースを奪っている状態ですと、部屋をいくら綺麗にしても部屋全体が圧迫感を強く感じ、綺麗に見えないと思います。そのような部屋環境ではゴミ屋敷の進行を加速させてしまいます。やはり使わない物やいらない物は捨てるという事が大切になります。ですので本件の依頼人様も断捨離をしたかったが、踏み切れなかったと仰っていました。もし断捨離が出来ていたのであれば、ゴミ屋敷のように環境にはならなかったでしょう。画像で見てもらうと分かる通り、生ゴミなどが散乱しているような状態ではありませんでした。やはり問題となるのは家具など物量が多いというのが、本件のポイントとなりました。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 7時間

お客様のご要望
S様「清掃を依頼したい大きな家具なども処分してほしい

上記の作業内容となりました。


ゴミ屋敷清掃開始!大量の家具との戦い

ゴミ屋敷にも種類があります。その種類によって全く状況が変わるのがゴミ屋敷です。通常のゴミ屋敷で多く見られのが、生ゴミの放置です。それによって異臭が発生し、害虫などが大量発生するという事がゴミ屋敷におけるベーシックな状態と言えるでしょう。しかし本件では害虫はいましたが、生ゴミを放置しているというわけではありませんでした。本件では大量の物量によって部屋が埋め尽くされている状態でした。特に大型の家具などによって、部屋のスペースが完全に奪われてしまっているのが人目でわかりました。本件では部屋は3階に位置する場所でしたので、家具の運び出しは階段の作業となりました。エレベーターの使用は管理人さんとの話し合いによって決まるのですが、大型家具が多い分、エレベーターを独占してしまう可能性があるため、本件では階段での運び出しになりました。ご依頼内容にあったように大型の家具の運び出しがスタートしました。実際に運び出しに関しては問題なく進みました。気をつけて運び出すだけですので、何か特別な事をするわけでもありませんでした。しかしぶつけてしまってはいけませんので、細心の注意を払って運び出しました。大型の家具をどんどん運び出していくと、部屋は驚くほど綺麗になっていきました。またご依頼人様も「僕の部屋はこんなに広かったのですね」と仰っていました。断捨離が出来ず、なかなか捨てる事に踏み出せないと、部屋はどんどん荒れてしまい、ゴミ屋敷になる可能性が非常に高いです。ご依頼人様も断捨離の大切さを改めて感じていました。


ご依頼人様が踏み切れなかった断捨離について

ゴミ屋敷にしないために何が大切かというと、やはり断捨離がうまくできるかが重要となります。
断捨離がうまくいかないと、物が減らず、掃除をしても物で溢れてきれいにならないということになってしまいます。ゴミ屋敷になってしまいそうな兆候がある家は、やり過ぎではないかと思うくらい断捨離をするように心がけましょう。断捨離のコツとしては、ステップで分けることが大切です。断捨離をうまくできる、またはちょっとした片付け程度の断捨離であれば、一回のステップでやり切ってしまったほうが、時間も労力もかかりませんが、家の中に物が溢れている、どう断捨離をすればいいかわからない、断捨離をしても物が減らないなどという方は、次のようなステップに分けて断捨離をしてみることをオススメします。まずはゴミ袋を近くに置き、物をざっくりと見て処分する物、残す物で振り分けます。このとき、悩んだり手が止まったりしないように気をつけましょう。この段階では、自分の直感を信じ、全体の半分以下に物が減るように意識をして処分する物を決めましょう。考えてしまう物は一度後で考えるという場所を決めて、その場に集めるか、悩むということはさほど残しておく必要もないと割り切って処分してしまいます。このステップが終わったら次のステップです。次は残すものに置いたものを再度断捨離してみましょう。今度はひとつひとつ手に取り、本当に必要かと考えて断捨離してみましょう。なぜなら、意外と考えてみるといらないものであったり、ということがある場合が多いのです。この段階で、残ったものの1/3程度を減らすことができるといいと思います。これで、はじめにあった物の3割程度しか残っておらず、7割は断捨離できたことになります。ここで、悩んで後で考える場所を作っていた場合は、悩んでいるものを放置してしまうと今度はそこに物が溜まっていってしまうので、適切に処理しましょう。以上で断捨離は終了となります。慣れてくれば、処分だけではなく、リサイクルなども視野に入れ断捨離ができるようになるのでコツさえ掴めば断捨離は難しくありません。ゴミ屋敷を防ぐ一段階として断捨離のコツを掴み、きれいな部屋を心がけましょう。


まとめ

本件では、断捨離が出来ず、部屋がどんどん荒れてしまい、どうにか綺麗にして欲しい。という依頼でした。また大型の家具が多く作業が難航すると思いましたが、全くそんな事はなく、スムーズに作業が進み、ご依頼人様も満足のいく仕上がりにする事が出来ました。ご依頼人様は「本当に信じられません。部屋がこんなにも広く、自分の部屋がここまで綺麗になるとは。」と最後に仰っていました。ご依頼人様の笑顔や感謝の言葉というのは、我々からしたら大切な原動力の一つになります。本件では珍しく大型家具が大量にあるゴミ屋敷でした。ゴミ屋敷にも種類があり、種類に応じて適切に対処する。それがゴミ屋敷清掃の1番のポイントになります。断捨離や毎日の掃除によってゴミ屋敷を遠ざける事ができます。しかしそれが出来なくなり、時間が経てば経つほどより一層ゴミ屋敷は加速してしまいます。一度ゴミ屋敷になってしまうと抜け出す事が難しいです。ゴミ屋敷は再発の恐れがある問題なのです。ですのでゴミ屋敷にまだしてない人は、ゴミ屋敷に絶対にしないように心がける事が大切ですし、ゴミ屋敷にしてしまって困っているという方は是非、本件のように悪化してしまう前に、断捨離や掃除をしましょう。手に負えない場合は専門業者に頼みましょう。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!