1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市東区K様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市東区K様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃の依頼がありました。本件のゴミ屋敷は害虫問題が深刻なゴミ屋敷清掃となりました。ゴミ屋敷の状態は、とても荒れている状態でした。異臭は強く、近隣のトラブルになる程、臭いは強いものでした。この異臭レベルを放っておいてしまうと、確実に強制退去になっしまうようなニオイの強さです。また害虫問題はとても深刻であり、お部屋に害虫が大量発生していました。壁や床一面にびっちりと害虫達がいました。通常のゴミ屋敷よりも多くの害虫がいるのがわかりました。その原因としては一つでした。「生ゴミ」が原因でした。生ゴミは害虫にとって餌のようなものです。それを長期的に放置すれば、異臭も発生して、更に害虫を呼び寄せる結果になります。そして、呼び寄せられた害虫はゴミ屋敷内で繁殖を繰り返して、生ゴミを食べ成長。フンをすることによって、そのフンからも異臭が発生し、更に異臭問題が悪化。それによって害虫がまた寄ってくるという悪循環に陥ってしまいます。それを繰り返し繰り返し起きてしまうことによって、ゴミ屋敷は急激な成長を成し遂げてしまいます。そうして出来上がったゴミ屋敷が本件のゴミ屋敷でした。プロの目線から見ると、とても深刻なゴミ屋敷ではあるものの、これよりも深刻なゴミ屋敷は山のようにあります。ですが通常よりも悪化しているのは間違いないため、早急にゴミ屋敷を解決しなくてはいけません。ご依頼人様は、昔から掃除が苦手だったそうです。掃除をやることがめんどくさいと感じていて、特にゴミ捨てをやることがめんどくさかったそうです。そうして、仕事も忙しくなり、いよいよ自分でお部屋の掃除をすることがなくなり、お部屋がどんどん荒れていっても、掃除をしようとすら思わなかったそうです。ゴミ屋敷になってもその気持ちは変わらずにいたそうです。実はこのような話は本件だけの話ではありません。掃除ができないという大人が昨今増えてきているということです。子供の頃から散らかしてしまえば、片付けるということはわかっていると思います。しかし、現在掃除ができない人が急増しています。それは大人に限った話ではなく子供から大人まで多くの方が、掃除ができないということが問題となっています。その結果、ゴミ屋敷の被害遭われた方が大変多く、ゴミ屋敷依頼は急増しています。ですので本件では掃除をする大切さや、ご依頼のあったゴミ屋敷の作業などを重点的に説明していこうと思います。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 7時間

お客様のご要望
K様「掃除してこなかったゴミ屋敷を清掃して欲しい

上記の作業内容となりました。


害虫が広がるゴミ屋敷

清掃の準備が完了して、玄関の前に立った時でした。玄関の隙間から害虫が外に出て行くのが見えました。玄関を開けると既に目に広がるゴミ屋敷と一緒に大量の害虫が広がっているのが分かりました。それもそのはず、玄関の近くにあるキッチンには捨てられてない生ゴミが大量にあるため、害虫達の楽園となっていました。すぐに玄関とキッチン周辺の清掃が開始されました。先ずは生ゴミなど異臭が発生しているものから優先的に運び出していきます。そうするだけで、道が出来るほど、生ゴミなどの袋が大量に置かれていました。本件のように生ゴミを長期的に放置してしまって害虫が発生するというゴミ屋敷のケースは非常に多いです。本件も同様に玄関とキッチンをまずは綺麗に清掃作業を施し、そうして奥の部屋まで清掃をしていきます。奥の部屋は玄関とキッチン同様にゴミで溢れていました。ここからはただひたすらに清掃をするだけです。清掃の作業中に問題は特に起こることなく、順調に清掃は進みました。勿論、通常のゴミ屋敷よりは手強いゴミ屋敷ではありましたが、作業スタッフ一員となって、見事ゴミ屋敷は綺麗に清掃できることができました。ご依頼人様もとても感動してくれました。涙ながらにゴミ屋敷は恐ろしいものですね。と仰っていました。


ゴミの分別が出来ない

ゴミ屋敷になってしまう原因はゴミの分別ができないということが多くあります。なぜゴミの分別ができないとゴミ屋敷になってしまうのか?と思う方もいるかと思います。では、ゴミの分別の大切さについて、そして、どうすればゴミの分別がうまくできるのかなどをお話ししていきたいと思います。まずは、なぜゴミの分別が大切なのかについてです。ゴミの分別ができていないということは、生ゴミやプラスチックのゴミなど全てをそのまま同じゴミ袋に入れているということになります。しかしそのような状態であると、ゴミ収集に出していても回収されず戻ってきてしまいます。そしてそんな分別をされていないゴミ袋を再度分別してからゴミ収集に出すなどめんどうで大抵はやらなくなってしまうでしょう。そうすると、家にゴミが溜まっていき、生ゴミなどが腐っていき悪臭を放ち始めます。その悪臭に害虫がよってきて害虫被害に繋がります。このように、たった分別という項目を行わないことにより、害虫被害、悪臭被害に繋がりゴミ屋敷化してしまうのです。ではゴミ屋敷化を防ぐためにも、ごみの分別をしようと思ってはみたもののどうすればいいか分からないという方もいるかと思います。そんな方のためにも、ごみの分別を分かりやすく行うための方法をお話します。まずは、ごみの分別がなぜ自分が出来ないのかの原因を考えてみましょう。ごみの分別の種類が分からない、めんどくさい、そもそもゴミを捨てられないなど、様々な原因があると思います。その中でもめんどくさい、ゴミを捨てられないがゴミ屋敷化してしまう方には多いのです。ではゴミが捨てられないという方におすすめの方法は、ゴミ箱を増やすということです。それぞれの地域によって分別の種類に違いはありますが、それぞれの分別の種類にあったゴミ箱を用意して簡単に捨てられる環境作りをしてみましょう。そして、ゴミの収集日にしっかりゴミを出すということを習慣つけるだけでゴミ屋敷化は断然防ぐことが出来るのです。さらにはゴミ箱に工夫をするとゴミを管理しやすくなります。自分の生活スタイルに合わせて、燃えるゴミとペットボトルは大きなゴミ箱、カンとビンは小さなゴミ箱などと使い分けて置くと場所も取らず、部屋を綺麗に見せることができます。このようにちょっとした工夫を重ねて、ゴミ屋敷化を防ぎ素敵な部屋で生活できるように頑張りましょう。


施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!