1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市東区W様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市東区W様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件はゴミ屋敷清掃のご依頼が来ました。本件のご依頼人様は、一人暮らしの男性でした。ご依頼人様は日々の生活の中で仕事が多忙になり、なかなか自分の時間が作れなかったそうです。その事もあり、普段からあまりお部屋の手入れをする事なく、掃除を全くしてこなかったそうです。現代のゴミ屋敷問題ではとても多いケースとなります。現代のゴミ屋敷では、一人暮らしの男性で多いケースとして、仕事に行き、疲れて帰ってきて、そのまま寝るというルーティーンを繰り返してしまうため、掃除をする時間というものが作れないという人多いそうです。しかし、掃除の時間は無理やりにでも作らなければいけません。それが今回のゴミ屋敷に繋がってきます。帰ってきて寝るだけの生活でも、帰りにコンビニに寄り買ってきて出てしまう生ゴミや、冷蔵庫の中身など、様々なところで生ゴミが発生します。ご依頼人様はゴミ捨てをする事なく、家に溜めていく一方でした。その結果、ゴミはすぐに溜まってしまい、最初のうちは、部屋が汚れているだけだとご依頼人様は思っていたそうですが、そこから更に荒れていき、自分でも疑ってしまうような生ゴミからの異臭の発生と害虫の大量発生に戸惑っていたそうです。しかし、清掃の依頼を仕事が疲れたという理由で見送り、放置していたそうです。生ゴミ当然、その間も腐り続けて、害虫達は荒れた部屋の改善がないため、繁殖を繰り返して大量に害虫が発生していたそうです。そうしていると勿論の事ですが、近隣トラブルに繋がってきます。生ゴミから発生している異臭は玄関や窓から溢れ出し、遂には近隣住宅に広がるようになりました。その事によって、大谷様の元に多くのクレームが殺到したそうです。勿論、直接ご依頼人様にも苦情が入り、近隣住民様との関係は悪化、大谷様による何度にもわたっての忠告により、これ以上の改善が見られない場合は強制退去という電話を受けて、ご依頼人様も流石に依頼しなければいけないと感じて、清掃依頼をしていただきました。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
W様「ゴミ屋敷をどうか綺麗にしてほしい

上記の作業内容となりました。


ゴミ出しされていないゴミが大量に放置!

結果から言いますと、とてもスムーズに行う事が出来て、ゴミ屋敷は綺麗に片付ける事が出来ました。というのもご依頼人様がゴミ出ししていないとはいえ、袋の中にゴミを入れていた為、我々はそれを分別出来ているか確認してゴミを運び出すだけでしたので、とてもスムーズに行う事が出来ました。お部屋も退去することなく、これから生活するそうですので、清掃範囲も限られており、指定された場所を隅々まで清掃させて頂きました。とてもスムーズに行う事が出来たので、ご依頼人様も大満足の様子でした。このように袋にあらかじめゴミを入れている場合は、清掃作業がとてもスムーズに進むので、ご依頼人様にも感謝です。また異臭なども袋から漏れ出しているものだったので、袋の運び出しが終われば、驚くほど改善されました。


ゴミの分別とゴミ出しは大切なこと

今回の件の多くはゴミ出しをしていないことによりゴミ屋敷化してしまったり、悪臭の問題になってしまいます。そうならないためにも、やはり大事なのはゴミをいかに部屋の中に置いておかないということなのです。ゴミと一括りにしてもさまざまな種類があります。紙類や日用品のごみ、しかし1番危険なのは生ゴミです。生ゴミは自分が思っている以上に匂いを発しています。今のような蒸し暑い夏場などには尚更凄まじいスピードで悪臭を放ちます。そしてそれに釣られ害虫などが家の中に侵入してきます。そうして汚部屋というものが完成してしまうのです。害虫とは人間が感じないほどの匂いでも嗅ぎ分け家に侵入してくるといいます。このように、まだ匂いはしないから大丈夫と生ゴミを放置してしまうと家の中で害虫が発生してしまうのです。そうならないためにも、ゴミの分別やこまめなゴミ出しを心がけましょう。では今回のように、なぜゴミが溜まってしまったのかを考えてみると、ゴミの分別はもちろんですが、やはり原因はゴミ出しへの意識の問題です。ゴミを出すのがめんどくさい、ゴミ出しの日を忘れていたなど後回しにしているうちに、家にはゴミが溜まっていきます。ではゴミ出しをこまめにできるようにちょっとしたコツをお話しします。まずはゴミの分別には、やはりゴミ箱をしっかりと用意することが大切です。このような汚部屋になってしまう人の特徴として、ゴミ袋を放置しているということ方がいます。なので、燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチック、缶、ペットボトル、瓶など地域で設けられているゴミの分別に沿って分けていきましょう。まずはよく出る燃えるゴミのゴミ箱は大きい物を用意して、燃えないゴミ、プラスチックは滅多に出ないのであれば中くらい、ペットボトルはよく出るから燃えるゴミのものと同じ大きさのもの、缶、瓶、ペットボトルはあまり出ないので小さい物など。自分のゴミの出方を理解して、それにあったゴミ箱を用意することがいいでしょう。次にゴミ出しです。自分がゴミ出しができない理由はなにかをしっかり考えてみましょう。例として、「部屋の中にあるゴミ箱を集めて一つにまとめて捨てるという行為が億劫になります後でにすると忘れてしまう。」などという方は、部屋のゴミ箱の量を減らしてみましょう。メインの大きなゴミ箱とあと1.2個のみのゴミ箱で済ませることで集める億劫さが軽減されます。「ゴミ出しの日を忘れてしまう」という方は、自分の生活リズムで絶対に見る場所に、ゴミ出しカレンダーなどを貼っておきましょう。(冷蔵庫の扉や玄関など)それを見て確認したら後回しにせずに絶対に捨てるというのを心がけることでゴミ出しを忘れる頻度はぐんと減るでしょう。このように小さなコツでゴミ出しを日常化させることは難しくありません。あとはそれをやってみること、そして続けようとすることが大切なのです。


施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!