1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市安佐南区F様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市安佐南区F様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件では、ゴミ屋敷に悩むご依頼人様からご依頼が来ました。ご依頼人様が仰るには、もったいない症と自分で仰っていました。正式名称や呼び名は多数ありますが、もったいないと感じて物を捨てる事を躊躇してしまう方はいるのではないのでしょうか?本件だけではなく、実際にもったいないと感じて、物を捨てる事が出来なく、ゴミ屋敷に発展してしまう方は多数存在します。そしてゴミ屋敷をどうにかしたいと感じて依頼してくる方も沢山いらっしゃいます。ここで重要な点としては、もったいないと感じて物を捨てる事ができない人達は、決して自らゴミ屋敷にしたいと思っている方ではないということです。そして、他のゴミ屋敷と違って、汚い部屋が平気というわけではありません。ゴミ屋敷も嫌と感じるでしょうし、汚い部屋も嫌だと感じると思います。しかしもったいないと感じてしまって物を捨てる事が出来ない、故に、部屋は綺麗だが、物で溢れかえってゴミ屋敷のような状態になってしまう。というのが、怖いケースです。本件でのご依頼人様も同様に、もったいないと感じてしまい、物が捨てれない方でした。実際に聞いてみると、物で溢れかえってしまっている事も自覚していましたが、恐ろしいのは、分かっていても、捨てる事ができない。という点が恐ろしい点です。頭では理解していても、自分ではどうすることもできない。そのようなケースは珍しくありません。ゴミ屋敷は大きく分けて、2パターン存在します。部屋が荒れていき、ゴミ屋敷を一定のラインを超えると何も感じなくなってしまい、ゴミ屋敷に慣れてしまう方、逆に、頭ではゴミ屋敷したくないと思い、部屋、定期的に掃除しても、物を捨てる事ができず、部屋が荒れてしまうパターンとあります。本件は後者でした。ですのでご依頼人様も自分で清掃をしても捨てる事ができないということはわかっていたらしく、誰かにお願いする事が1番の方法と感じて、ご依頼してくれました。ご依頼人様もゴミ屋敷によって、様々な悩みを抱えているのがわかりました。一般的な生活が出来なくなり、広いはずの部屋が狭く感じてしまい、近隣との付き合いも少なくなってしまったそうです。このままではいけないと感じたご依頼人様は、ゴミ屋敷清掃の決意をし、ご依頼してくれました。我々はその気持ちを真摯に受け止めて、ゴミ屋敷清掃をしていく事になりました。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 7時間

お客様のご要望
F様「ためこんでしまった物をどうにかしたい

上記の作業内容となりました。


山のように家具があるゴミ屋敷

実際に現場に行って、見て思った事は、やはりもったいない症という事がわかりました。部屋には大量の家具などがあり、部屋をかなり圧迫している様子でした。しかし、床などは綺麗で、キッチンなども綺麗にされていて、ゴミ屋敷にしたくないが、なってしまっているという状況でした。完全に家具が原因で掃除が行き届かなく、埃がどうしても溜まってしまう環境という事がわかりました。実際の清掃作業は玄関から始まり、運び出しやすい家具からどんどん出していく事になりました。先ずは、運び出しやすい物を運び出さなければ、大きな家具や小さい家具が道を塞いでしまっているので、導線確保のためにも、しっかりとした作業手順を踏んでいかなければいけません。作業は順番に丁寧に行っていくと、大きな家具を運び出してもスムーズに通れる道ができました。家財が多い家では、導線確保までの時間が取られてしまうため、最初の作業が後半に響くと言われています。本件では作業はスムーズに進み、運び出しも、苦なく行うことができました。またご依頼人様も掃除を日頃から行っていたため、部屋全体が荒れていたわけではありませんでした。ですので家財の運び出しがスムーズに行うことができれば、必然的に、部屋は綺麗になりました。


断捨離の重要性

今回の件は、断捨離の作業が必要不可欠となります。そして今回きれいになったとしても、根本的に断捨離を覚えなければまたものが溢れかえりゴミ屋敷になってしまいます。そうならないためにも、ものが溢れかえる前に断捨離をその都度することが大切なのです。本件のご依頼人様はもったいない症候群ということで、なおさら断捨離を癖づけることが大切となります。ここで、ものが増えてしまった後の断捨離の仕方をお教えします。まず、断捨離と言っても必要、不必要の2つに、いきなりわけようとするから必要なものが増えてしまい結果捨てるものがない、という状況になってしまいます。なので、必要不必要の2択ではなく、考える、またはわからないでもいいので3択にしてみましょう。必要という程ではないけれと、捨てるのはどうか。そう考えて考え込んでしまうのであればその分類に分けておきましょう。振り分けたらもちろん不必要なものは処分またはリサイクルし、次に必要なものを再度確認しもう一度振り分けます。ここまでのコツとしては、1度目の断捨離はテキパキと考え込まず直感で分類することをおすすめします。本件のようにもったいない症候群ということであれば尚更考え始めると不必要なものなどないということになってしまいますので、最近使っていないや1年以内に取り出したまたは使用した記憶のないものなどと、不必要なものに分類するものの基準を決めテキパキと分類しましょう。2度目の分類はある程度ものを見て決めてもいいのですが、1/3減らすや、半分減らすなどと目標を決めて、残しておきたいものの優先順位で断捨離をしていきましょう。そこまでで、大分ものを処分するということに慣れてきたと思われますので、のこりの考えるの分類のものを断捨離してみましょう。その分別を必要不必要考えるで何度も行えばものは初めよりかなり減っているはずです。断捨離を上手く活用することで、不必要なものをリサイクルするとお金の余裕が出来たり、部屋がきれいになることによって運気があがったり人付き合いが積極的になったり、置けないと諦めていた素敵な家具なども自由に置けるようになったりなど、部屋がキレイなこととは自分の出来ることをさらに広げてくれることなのです。断捨離を癖づけ有意義なおうち時間を過ごしましょう。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!