1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市佐伯区T様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市佐伯区T様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件はゴミ屋敷清掃の依頼が来ました。ご依頼人様はゴミ屋敷で悩む母親の息子様からご依頼が来ました。ご依頼人様の息子様は仕事の都合上、実家を離れての暮らしとなりました。そこで仕事が忙しく、何年も家に帰る事が出来なかったそうです。そうして久しぶりに実家に帰ってみると実家状況が悲惨な状態になっていたそうです。ゴミ屋敷になっているとは思ってもいなかった息子様はすぐに家族会議をしたそうです。そうして本件にまで至ったというわけですが、本件のようなケースは珍しくなく、家族の1人がゴミ屋敷にしてしまうという事は多く、我々のもとにも様々な形で家族の方がゴミ屋敷になってしまったから清掃してほしいという依頼がきます。そのケースは様々で、本件とは逆のパターンである、息子様がゴミ屋敷にしてしまったという状況など様々です。本件は母親様がゴミ屋敷にしてしまったというケースでは、母親様のからの許可も必要となってきます。実際にお見積もりの段階で母親様と息子様しっかり話し合い、その上で清掃することに決まりました。本件ではご依頼人様の息子様から家族がゴミ屋敷を再発しないように、またゴミ屋敷にならないように事前にどのような対策をすれば良いのか?という質問も頂けましたので、そちらも含めて説明していきたいと思います。また本件のように家族がゴミ屋敷になっているの気づけないという状況はとてつもなく多い事例です。ゴミ屋敷発見までに時間がかかってしまうのは、どうしても仕方がない事でもあります。デリケートな問題だからこそゴミ屋敷は発見が遅れてしまいます。ゴミ屋敷になってしまったという事実を家族にバレたくないという考えが多いのも納得してしまいます。それほど大きな問題であり、知られたくないというのは正直な反応だと思います。しかし本件もそうですが、隠していて後からバレてしまうケースでは話がややこしくなってしまいます。そうなってしまうと、後々になってからめんどくさい状況になってしまい、清掃依頼までの流れがより遅くなってしまいます。ですので、デリケートな問題というのは承知の上で、もしゴミ屋敷に困っていて、まだ家族に打ち明ける事が出来ていない場合であるのであれば、すぐに清掃業者に依頼するか、家族に打ち明けて今後どうしていくのかを話し合う必要があります。絶対にやってはいけないのはゴミ屋敷を放置する事です。ゴミ屋敷は放置すればするほど悪化していき、早めに対処すれば金銭的にかからなかった事も、放置する事によって金額も上がってしまうケースもあります。そうなってしまうと、隠すことによってデメリットしか生まれません。だからこそゴミ屋敷は早期解決が一番の近道となります。良き生活のためにもゴミ屋敷で悩む方は絶対に早めの相談をしましょう。ご依頼にあるゴミ屋敷は特別難しい箇所はなく、いつも通りの作業をスムーズに行う事を前提として迅速かつ丁寧に、そして満足のいく仕上がりを提供するために作業は慎重に行われました。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
T様「母親のゴミ屋敷を清掃してほしい

上記の作業内容となりました。


お客様の満足のいく仕上がりを目指して

お客様の満足のいく仕上がりを目指すというのはとても大切になります。勿論当たり前の事ではありますが、平均点を超えるものが仕上がりでは必要となると考えています。お客様が求めている物を以上にしてお渡しする事が大切です。本件ではゴミ屋敷の清掃ではお客様からの要望はなく、部屋を全て綺麗にして欲しいというお願いだけでした。実際に本件のゴミ屋敷は特別に難しい箇所はなく、通常通りの清掃で終わる事ができました。しかし清掃の中で、指輪や家族の写真を見つました。すぐにご依頼人様と母親様に確認しにいくと、とても喜んでくれました。ゴミ屋敷清掃が終わると、ご依頼人様のご家族からは「清掃しか頼んでなかったのに、家族との思い出の写真や指輪も見つけてくれて本当にありがとうございます。ご依頼して正解でした。本当にありがとうございます。」と何度も何度もお礼をいただきました。我々としても満足のいく仕上がりというのは、このようにご依頼人様を笑顔に出来ることだと思っています。ゴミ屋敷清掃をして新たなスタートをこれから踏み出していく家族に良いスタートをきらせてあげたい。その想いを届けることが出来たのかもしれません。


家族の誰かがゴミ屋敷にならないように

家族の誰かがゴミ屋敷になってしまう。それは誰にでも起こりゆる問題です。皆さんが想像している以上に、恐ろしい問題であるゴミ屋敷。それを家族から守るためには何をするべきなのか?また本件のようにならないようにどうするべきなのか?それをお答えしていきたいと思います。本件のご依頼人様からは家族がゴミ屋敷を再発しないためには何をするべきか?答えは簡単です。実家や息子様のご自宅などに空いた時間を見つけて行くことが大切です。ゴミ屋敷にしてしまう方の大半は家に誰かを招き入れることはありません。自分以外の人が自宅に来るというのが分かっていれば綺麗を保つようにすると思います。そのようにしてゴミ屋敷を未然に防ぐ事もできます。一番簡単かつ効果的なのがゴミ屋敷を防ぐ方法になります。またゴミ屋敷の再発以外にも、これからゴミ屋敷を防ぎたいという方にもこの方法はお勧めで、自分の家をゴミ屋敷にしたくない人も、とにかく家族や友人、恋人などを家に招待する事が大切になります。大切な家族がゴミ屋敷の被害に遭う前に、皆さんで未然に防ぐ行動をしましょう。また家族がゴミ屋敷になってしまった場合は、怒ってしまったり、責めるような言い方などで話し合いはやめましょう。ゴミ屋敷にしてしまうというのは、少なからず心のきっかけがあるとされています。ですので、精神的に追い込まれている人に対して、さらに追い込むような言い方はせずに、優しく聞いてあげて、これからどう改善していくかをゆっくりでいいので答えを出していきましょう。そうすることで、より迅速に問題が解決できると思います。


施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!