1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市南区O様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市南区O様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷の清掃依頼が来ました。本件のゴミ屋敷は害虫問題が深刻化しているゴミ屋敷でした。ご依頼人様は害虫問題に悩んでおり、心身ともに疲れているご様子でした。聞くと害虫問題は最近になって酷くなったわけではないそうです。ゴミ屋敷になってからかなり間、放置したそうです。またその間、ご依頼人様はゴミ屋敷に生活していた事もあり、生活の中でどうしても出てしまうゴミなどがあり、更に悪化したそうです。それによりゴミ屋敷は肥大化していき、とても生活ができるような環境にはなくなってしまったそうです。これにより害虫が大量に発生。その害虫を空逃げるように一時的に自宅での生活をしていなかったそうです。それも重なりゴミ屋敷は相当なものになっていました。本件では害虫問題を解決するべく、ゴミ屋敷を根本から解決して、害虫のいられるような環境にしない事と、ゴミ屋敷を改善する事を目指して作業をしていきます。ご依頼人様からはすでに必要な物や重要な物は回収済みという事で、ゴミ屋敷を丸々清掃して欲しいという依頼でした。害虫問題も多い中で、ゴミ屋敷清掃は無事完了する事が出来るのか?またご依頼人様の悩みのタネである害虫問題も解決できるのか?ゴミ屋敷清掃の内容を紹介していきたいと思います。ご依頼人様から害虫の危険性を聞かれましたので、こちらでも説明していきたいと思います。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 5名
  • 時間 7時間

お客様のご要望
O様害虫問題を解決してほしい

上記の作業内容となりました。


害虫の危険性

本件のご依頼人様から害虫の危険性について聞かれました。ご依頼人様にもご説明しましたが、やはり害虫問題は姿形を変えて、ゴミ屋敷の悪化と共に酷くなっていきます。害虫は読んで字の如く、人に害を及ぼす虫です。ゴキブリやハエなどといった様々の害虫がゴミ屋敷には住んでいます。実際にどのような悪影響を人間に与えるのか?それは様々ですが、身体的悪影響や精神的悪影響を害虫は与えてきます。身体的悪影響は害虫はフンをします。そのニオイが異臭となり、部屋に充満する事で、体調不良などを引き起こしたり、頭痛の原因になる場合もあります。また害虫は人間のヨダレや髪の毛が好物ですので、寝ている時に口に入っていくというのは珍しい事ではありません。海外の被害例としては、耳の中にゴキブリが侵入して、脳にまで入ってしまった事があるという話を聞きました。また間違って口に入ってしまったりと、間違いなく身体的悪影響は多いでしょう。だからこそお部屋は嫌いにしておかなければいけないという事がわかります。精神的悪影響としては、害虫のがいるというだけで、悪影響に繋がります。害虫を気にして生活をする時点で、やはりゴミ屋敷での生活は難しいでしょう。ゴミ屋敷や害虫といったものは、精神に強い影響を与えてしまいます。そのため害虫はやはり、駆除した方が良いという事がわかります。


害虫対策にはゴミ出しが大事!

ゴミ屋敷や害虫が多く出てしまう家はゴミ出しが原因となってしまっていることが多いです。家周りの環境もあるかもしれませんが、生ゴミのかすかな匂いも虫は見逃さず寄ってきます。なので、こまめなゴミ出しがとても大切なのです。では、ここで、ゴミ出しがなかなか毎週できない、または忘れてしまう、めんどくさいという人のために改善策を考えてみましょう。まず一つ目はゴミ箱を複数に分けることです。燃えるゴミ、プラスチック、缶、ペットボトル、ビンなど、地域のゴミ収集の種類によってこまめに分けてしまいましょう。そしてそのゴミ箱をまとめて置いておきましょう。そうすることで、ゴミも分別しやすく、ゴミを捨てるときに再度分別する必要がありません。そして、例えばペットボトルがよく出る人は、燃えるゴミとペットボトルのゴミ箱を大きめのものを購入したり、瓶はあまり出ないから出たときに小さな袋にまとめておく、または小さなゴミ箱を購入したするなど、自分の生活リズムに合ったゴミ箱選びをしてみましょう。しかしここで、ゴミ箱を増やすと言いましたが、燃えるゴミを家中からまとめてくるのがめんどくさいという方は、家の中のゴミ箱の数を減らしてみましょう。例えばゴミ箱をキッチンと寝室のみにおいておき、そのほかの場所で出たゴミはそのどちらかに捨てにいくという癖をつけ、ゴミを集める手間をはぶきましょう。このとき注意するべきことは、周りにゴミ箱がないからといってゴミを放置したりなどしてしまっては、結局部屋にゴミが散乱してしまうということになってしまうので、それだけは注意が必要です。そして、ゴミ収集の日を忘れてしまう、または覚えていたのに出すのを忘れてしまうという方は、地域のゴミ収集日カレンダーなどを活用しましょう。自分が必ず朝触る場所、目に入る場所、例えば冷蔵庫や、玄関の扉など、必ず目に入り確認できる場所に貼ってみましょう。そして目に入ったらそれを確認するということを心がけると、ゴミ収集の日にちを忘れることはなくなります。あとは、ゴミ収集日は覚えていても、家を出るときに忘れてしまう、または時間内にゴミを出しに行くのを忘れてしまうという方は、ゴミ箱からだしまとめたゴミの置く場所を変えてみましょう。家から出るとき忘れてしまう方は、その日の朝、または夜に玄関に置いておくと、家を出るときにさっと手に取り出やすくなります。朝時間内に出しに行くのを忘れてしまう方は、時間内に出しに行かないとと朝思った段階で捨てに行くのがベストです。あとで一緒にやほかのことをやったあとでをすると忘れてしまうので、気がついた今終わらせてしまいましょう。それと、家を出るときに忘れてしまう方と同じく、自分の生活リズムの邪魔になる場所に、夜、または朝に置いておくのもよいでしょう。廊下の通路の真ん中、またはキッチンの真ん中などにゴミ箱から出した大きな袋があれば、めんどくさがらない限りは邪魔だなと思えるはずです。そこで先に捨ててこようという考えを心がけることで忘れてしまうことがなくなるでしょう。これらのことのように、ゴミ箱を変える、ゴミ袋を置く位置を変えるなどちょっとした工夫により害虫対策、ゴミ屋敷防止、異臭防止に繋がります。暑い夏にはゴミなどが匂いを放つスピードも早まりますので、ゴミ捨てはこまめに心がけましょう。


 

 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!