1. HOME
  2. 施工実績
  3. ゴミ屋敷清掃
  4. 広島市東区S様邸 ゴミ屋敷清掃

WORKS

施工実績

ゴミ屋敷清掃

広島市東区S様邸 ゴミ屋敷清掃

広島市からゴミ屋敷清掃の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではゴミ屋敷清掃のご依頼がありました。本件のゴミ屋敷は害虫が発生してしまっているゴミ屋敷清掃でした。ゴミ屋敷において害虫問題はご依頼人様から特に聞く問題です。異臭問題と害虫問題は、やはり多くのご依頼人様が困っている問題です。しかし、その問題というのは、どちらも共通点があります。それは生ゴミなどの放置によるものです。生ゴミの放置というのはお部屋の環境を劣悪にしてしまう最悪の一歩です。物が溢れてしまう事などよりも遥かに危険なのが、生ゴミの放置です。皆さんはゴミ屋敷というように聞いて、先ずはどんな姿を想像しますか?大抵の方達は、ゴミ屋敷を想像すると、物が部屋で埋め尽くされていて、物が外にまで散乱しているというのうなゴミ屋敷を想像すると思いますが、それは運び出せば良いだけで、問題はありません。実際に規模によって大変ですが、運び出して部屋が綺麗になるなら簡単ではあります。しかし、生ゴミを放置しているゴミ屋敷は全くゴミ屋敷としてジャンルが変わります。先ずは異臭問題です。本件のご依頼人様も異臭と害虫問題に悩まされていると仰っていましたが、異臭に関しては作業スタッフにも影響が出てきます。マスクをせず現場に入ってしまえば、とてもではありませんが息をする事は難しいです。実際にプロ仕様の専用マスクを着用してもニオイを感じてしまうレベルもあります。その中で長時間作業しなければいけないというのは、根性よりも作業スタッフの体調面が心配になります。ですので、異臭問題はとても難しい問題です。また本件の1番の悩みでもある害虫問題も厄介な存在です。作業スタッフ全員が害虫を好むわけではありません。苦手な人が多い中、清掃作業は行わなければいけません。勿論、仕事ではありますが作業効率が落ちてしまうのは明白です。また害虫が大量に外に逃げ出してしまうと近隣の迷惑にもなってしまうため、害虫が逃げないように戸締りをしっかりと行って作業をしなければいけません。そのため部屋の中では異臭もこもってしまうため、現場の難易度はとても高いものとなってしまいます。ですので、そのような点を抑えて、作業スタッフと話し合い、作業手順を決めて、順序良く行なっていかなければいけません。本件では、異臭がするゴミ屋敷清掃と大量の害虫問題を解消すべく、清掃依頼を請け負いました。

  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 6時間

お客様のご要望
S様「害虫問題とゴミ屋敷を解決してほしい

上記の作業内容となりました。


害虫問題が深刻なゴミ屋敷は綺麗になるか?!

清掃作業に入りましたら、すぐに玄関からの清掃を行いました。玄関とキッチンを同時進行で清掃を行っていき、綺麗にしなければいけません。またここで異臭と害虫発生の原因でもある生ゴミがありましたので、とにかくそちら先に処分していきます。ゴミ屋敷清掃を行う中で生ゴミが放置されている場合は、最優先で運び出さなければいけません。ゴミ屋敷清掃の鉄則であります。生ゴミを全て運び出し終えると、驚くほど異臭が軽減されます。これには毎回驚かせられるのですが、異臭の原因を決してしまえば、びっくりするほど空気が軽くなります。といってもニオイはしますが、最初とは比にならないほどです。玄関とキッチンを綺麗にしましたら同時進行で行われているリビングの清掃を行っていきます。本件のゴミ屋敷清掃ではリビングはご指定のあったエリアの清掃となりますので、手際良く行なっていき、すぐに綺麗にしていきます。害虫も物陰に隠れようとしますが、どんどん綺麗なっていく部屋に隠れるところは少なく、あっという間に害虫も処理してしまいます。ご依頼人様もホッと安心した表情を見せてくれました。ご依頼人様から最後の仕上がりも満足だといっていただけて、我々一同も一息つけました。


整理整頓はゴミ屋敷を遠ざける一つの方法です

今回のようなご依頼のゴミ屋敷で、ゴミ屋敷となってしまった原因として、生ゴミや、ゴミ捨て、ゴミの分別などがあげられるかと思いますが、実は、以外にも整理整頓が大切なのです。なぜ、整理整頓なのか?というお話をしていきたいと思います。まず、ゴミ屋敷になってしまった現状として、ものが多い、ものが適切な場所にない、本人もわかっていない、などという状況にありました。これは、もちろん害虫被害に繋がってしまったのはゴミの不始末が原因にあります。しかし、ゴミ屋敷化してしまった原因としては、この、ものが多く、把握出来ていないということが原因となるでしょう。では、何ができていればこのような自体にならなかったのでしょうか。それが整理整頓です。整理整頓とは、ものを、使いやすさと仕舞いやすさ、見栄えの良さを含めて適切な位置に整頓することです。この、使いやすくというところご実は大切なのです。ものをクローゼットやダンボールにしまい込んでしまうのは簡単で、部屋の表向きはきれいになります。しかし、次に必要になったときに、あったはずなのだがどこにしまったか忘れてしまった、この場所にしまったが見つからない、などという自体に繋がり、結局、新しいものを購入するなどで、ものが増えていきます。さらに、せっかくの収納を粗末にしまい込んでしまい、機能性を無視した収納をしてしまうと、無駄に場所を取ってしまいしまえる量のものが、収納出来なくなってしまいます。そんなクローゼットなどにもうものが入り切らず、とりあえずで部屋に置いておくとか言うことを繰り返し、部屋がもので溢れていきます。ものが溢れてくるとなかなか整理整頓に踏み切ることは億劫になってしまうこともあります。そうして、掃除機などもかけられないと、人から出る髪の毛などによってくる虫もいます。ものがものと重なり、その下に捨て忘れたゴミなどが溜まっていき、異臭や害虫などに繋がります。これらのように、害虫被害にゴミ屋敷化してしまったということです。これらのことから、整理整頓の大切さはおわかりいただけるかと思いますが、どうしたら整理整頓が上手くできるのか、次にそちらをお話していきます。整理整頓を上手くいったということは、人それぞれになってしまうということもありますが、主に、先程あげた、使いやすくしまいやすい、そして、見栄えも良いということです。これどう行うかですが、まず、簡単なことは、そのものを1番どこで使用することが多いか、どこにあると使いやすくしまいやすいかを考えて、部屋割り、場所割りをしてみましょう。オシャレにものを置きすぎても、使いにくくあっては、結局使いやすい場所に気がついたらあったなどという状況になり、また場所が分からなくなるということになりかねません。なので、しっかりと使いやすくしまいやすい場所を見つけ、その上で見栄えのいい置き方を探してみましょう。そうすることで、整理整頓は格段に上手く、そして、過ごしやすいお部屋になるでしょう。


施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!