1. HOME
  2. 施工実績
  3. 遺品整理
  4. 広島市安佐南区W様邸 遺品整理

WORKS

施工実績

遺品整理

広島市安佐南区W様邸 遺品整理

広島市から遺品整理の依頼

本件は広島市からのご依頼となりました。
※写真はお客様の許可を頂きました。
本件ではご遺族様が事前に思い出の物など大切な物はほとんど回収したとのことでした。ですので部屋を完全に綺麗にしてほしいので部屋にあるも全て引き受けてほしいとのことでした。このケースは非常に多く、そのままの部屋を見てしまうとつらくなる方が多いそうです。ですので依頼通りに遺品整理の作業を開始することになりましたが、気がかりとしては写真では見切れていますが、家財の量が実は多く、特に大型家財ですとい大きなタンスなども2つほどありました。ですので写真の部屋は2階に位置するので運び出しなどのルートの再確認を作業前にしなければいけませんでした。

  • 間取り 3LDK
  • 家財品 1.5tトラック 約2台分
  • 人員 4名
  • 時間 5時間

お客様のご要望
W様部屋を丸ごと綺麗にしてほしい」、「もし手紙や写真があれば教えてください

上記の作業内容となりました。


2階から1階の細い階段から安全に家財の運び出しできるのか!?

現場に到着して作業開始する前に、先ずはすぐ確認しなければいけない事がありました、それは冒頭でも説明しましたが、大きなタンスが運ぶ際に本件のお家の階段は細いタイプの階段でした。
ですので運び出しの際、壁に傷をつけないように、そして安全に外まで運び出すルートの確保をしなければいけませんでした。ですので作業前に作業スタッフ全員で確認して安全に作業に取り掛かれるようにしました。
しかしここで問題が発生しました。階段はギリギリ通れるものの玄関に観葉植物やその他の家財がある為、通るのは困難という結果になりました。ですのでご遺族には許可をもらって観葉植物やその他の家財を一度よけさて貰って作業が開始されました。最初は小さな家財などの運び出しや、使われなくなった遺品を運び出していきます。床に物が散乱している状態で運び出すには大きなものを運び出す際に足元が見えなく危険が付きもになってしまうからです。ですので床をある程度綺麗にしてから、大きな家財である、タンスやベットの運び出しとなりました。実際に運び出すとやはり階段の運び出しはかなり注意が必要でした。
作業スタッフたちは集中して迅速かつ安全に運び出すことが完了しまいた。ベットに関してはネジを外せば部品ごとに持っていけることが出来ますので、部屋でネジを外してから部分ごと運び出すことが出来ました。
壁に傷をつけることなく、最難関でもあったタンスを運び出すことに成功し、ベットも綺麗に運び出しが完了しました。後は、使われなくなった遺品が少しあるくらいでしたので通常通りの作業に戻りました。


最初は遺品整理を家族で行おうとしたが難しかった・・・

私たち整想屋に依頼する前は、ご遺族の方たちが遺品整理を行おうとしていたそうです。ですが重いタンスやベット、更には毎日ある仕事から帰ってきてから遺品整理をするとなると身体的に精神的にも辛くなっていきます。大切な存在が亡くなってしまい私たちには計り知れない辛さ、悲しみがあります。その中でご遺族がその悲しみや辛さと向き合わなければいけないというのは、あまりにも辛い話です。多くの現場を請け負ってきましたが、遺品整理しているとご遺族は部屋を後にする方が多くいらっしゃいます。それほどまで遺品整理を自分たちでやるというのは辛い事です。
だからこそ私たち整想屋がその辛さの力になれるかは分かりませんが、お手伝いさせて頂くことはできます。大切な方を失ったご遺族様に少しでも寄り添い、何か力になれるよう真摯に向き合って作業させていただきます。昔までは遺品整理は自分たちでやることが多かったですが、今では多くの遺品整理業者がいます。その中では悲しみ暮れているご遺族に忍び寄る、悪徳遺品整理業者も存在します。
法外な額を請求し、追加料金といい当初予想されていた金額を大幅にオーバーするなど決して許される行為ではありません。そのような悪徳業者が増えているからこそ、間違った遺品整理業選びをしないでほしいです。
先ずは様々な遺品整理業者に見積をしてみることをお勧めします。そんな時に整想屋を覚えていただいていたら幸いです。


手紙や写真を注意深く捜索

ご遺族にお依頼では、手紙や写真がもしかしたらあるかもしれないので、あった場合は教えてほしいとのことでした。その場合、使われなくなった家財を運び出すときなど、一緒に間違えて運び出してしまうと
折角のご遺族の想いでの写真や手紙がなくなってしまいます。それは何よりもやってはいけないことです。ですので、その要望を言われた段階で作業スタッフと情報共有して、必ず注意深く探すことを意識しました。
そうするとやはり、タンスの引き出しから手紙が出てきました。ご遺族の方に確認してもらうと、とても喜んでいました。ご遺族の方が「本当に見つけてくれてありがとう、これを探してたの」と仰っていました。
その笑顔を見ると、少しは私たちも力になれたのかな?と思い嬉しく感じました。ご遺族方たちが探しているものを見つけられることは、とても光栄に感じます。遺品整理業者をやってきてよかった。と感じる場面でもあります。悲しい現場に立ち会う仕事ではありますが、ご遺族が大切な人との思い出の物がなくなってしまい見つからない時に、お役に立てれて感謝されると悲しいだけの仕事ではないと確信します。
その後は、写真も見つかりました。ご遺族が探していた手紙と写真を見つけることが出来て本当に良かったと感じています。


まとめ

本件では、ご遺族の方たちが最初に自分たちで遺品整理をしようとしていました。それは間違いではありませんし、出来るなら自分たちでやれた方がいいですが、身体や精神的にも負担がやはり大きいです。
遺品整理をして、自らの心や体調を壊していけません。遺品整理とはそれほどまで状況によっては様々ですが大変な事なのです。現在では遺品整理業者も増えてきて、依頼する方たちも増えてきています。
ですので、もし遺品整理などでお困りの方がいましたら是非、一度は整想屋にご連絡をください。


 

施工実績

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!