1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. ゴミ屋敷は悪臭のリスクを伴う|悪臭が発生する原因と正しい対策方法

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

ゴミ屋敷は悪臭のリスクを伴う|悪臭が発生する原因と正しい対策方法

今となっては社会問題となってきているゴミ屋敷問題。そんなゴミ屋敷から発生している悪臭は、多大なるリスクを伴うことをご存知でしょうか?実は悪臭が発生した時点で、自分だけでなく周りにも悪影響を及ぼしてしまうのです。

本記事では、そんなゴミ屋敷からなぜ悪臭が発生するのかの原因を解明しつつ、正しい悪臭対策方法を紹介していきます。少しでも悪臭をどうにかしたいと考えているゴミ屋敷住人の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゴミ屋敷は悪臭のリスクを伴う

大切なことなので再度の記述になりますが、ゴミ屋敷は悪臭のリスクを伴います。ゴミ屋敷とはその名の通りゴミが大量に置かれている家のことを意味し、食べ残しの袋や飲み残しのペットボトルなどがそのままの状態で放置されているのです。

中にはゴミをそのまま置いておくことになんのためらいもない人もいますが、だんだんと部屋から悪臭がしてくることで部屋の中に住むのも困難になっていきます。そして特に気にも留めなかった家の中を掃除しようと思っても、何から片付ければいいのかが分からなくなってしまい自分では対処することも難しい状況になっていくでしょう。

自分では対処できない状況にまでなってくると、社会から冷たい目で見られるリスクも増えてきてしまうので、早めの対策が必要です。

ゴミ屋敷から悪臭が発生する原因

ではそもそも、ゴミ屋敷から悪臭が発生する原因とはいったい何なのでしょうか?そこでここでは、悪臭の原因となる部分に注目して見ていきましょう。

生ごみ

生ごみは一般家庭でも悪臭の原因となる物体になります。生ごみは毎日家の中で調理をするとなると必ず発生するごみで、どれだけ新鮮な食材を選んだとしても腐敗していくのです。

主に生ごみとなるのは野菜やお肉や魚の残骸などが主でして、捨てる際にはきちんと袋に包むか乾燥させるかをしないと、悪臭の原因となっていくでしょう。

コンビニ弁当などの食べかけ

ゴミ屋敷に住んでいる人は、主に1人で暮らしていることがほとんどです。そんな1人暮らしの方で多いのが、食べ終わったコンビニ弁当をそのまま放置していたことで悪臭が発生します。もちろん食べ終わった後も綺麗に洗っていれば問題ないのですが、そこまで丁寧に洗う人はほとんどいないでしょう。

綺麗にしておけば防げる悪臭も、そのまま放置しておくことで悪臭の原因になってしまうのです。

中身が残ったペットボトルや缶類

味がついた飲料が入ったペットボトルや缶類は、ちょっとでも中身が残っていると悪臭を発生させる原因になりかねません。最初は気にしなかった香りでも、だんだん日が立っていくほど水が腐っていき悪臭を周りに放つようになっていきます。

水で洗浄をしておけば問題はないのですが、ちょっとした手間を惜しむ人がそのままペットボトルや缶類をそのままにしておくことが多いのです。

汗が染み込んだ布団や衣類

普段から住んでいる人は気づかないことが多いのですが、汗が染み込んだ布団や衣類からも悪臭が発生することがあるのです。普段から掃除や洗濯をする習慣がないという人は、そのまま洗わずに放置をしてしまうこともあります。

しかし夏などにかいた汗が布団や衣類に染み込んでしまい、そのまま汗のにおいが悪臭へと変化して部屋全体を包み込むような結果になってしまうのです。多少の消臭スプレーでごまかせるでしょうが、強烈なにおいの根源は消すことはできないでしょう。

キッチンのシンクやトイレなどの水を使う場所

キッチンのシンクやトイレなどの水を使う場所も、悪臭の原因となる代表的な場所となります。キッチンには腐った生ごみがちゃんと流れきっていないことや回収できていないことから、配管がつまってしまいそのまま頑固な汚れからの悪臭が発生してしまうのです。

他にもトイレなどはだんだんと飛び散った尿がそのまま臭いのもととなり、外にまで刺激臭を漏れ出す恐れがあるのです。またトイレや洗面台など水を使う場所は、適度に掃除をしていないとカビの発生によって臭いが出ることもあるので注意が必要でしょう。

悪臭によって及ぼすゴミ屋敷トラブル例

ではそんな悪臭が原因で起こる、ゴミ屋敷トラブル例を紹介していきます。どんなトラブルが起きるかを知っておくことで、早めの対策に繋がりますよ。

近隣トラブル

家の中で発生した悪臭とは空気に触れるものなので、そのまま家の中に留まることをせず外にも排出されてしまいます。その際に起きてしまいがちなのが、近隣住民からの苦情です。例えばマンションやアパートなどの場合で言うと、隣に密に接して家を構えていることになるので、直接的な被害を受けやすい部分があります。

となると、近隣からするとゴミ屋敷による悪臭は迷惑でしかないので、直接的に苦情を受けることが増えていくのです。ゴミ屋敷を生み出すことで、家に住むことができなくなったというケースはたくさんあるので、早めの対策が必要と言えるでしょう。

健康トラブル

部屋から発生する悪臭は、身体への健康被害を受ける可能性もあります。悪臭の発生原因でもある生ごみやカビなどには菌が繁殖していることもあり、菌が身体へと侵入することで体調を崩してしまうというケースはよくあることです。

ただゴミ屋敷に住んでいる人の中には菌に対する耐性ができることで順応してくることもありますが、だんだんと身体を蝕んでいっていることは否定できません。悪臭によって健康被害を及ぼすのは必然なので、できる限り早めの対処が必要です。

家を引き払う時に発生するお金トラブル

もしゴミ屋敷を片付けて家を引っ越しをしようと考えても、多額のお金が発生してしまう可能性が出てきます。例えばゴミ屋敷に住んでいる人が引っ越しをしようと思い、部屋を片付けしたとしましょう。そして多少の臭いを残したまま部屋を明け渡してしまうと、クリーニング費用として多額の費用を請求されるという事例は少なくなりません。

自分で部屋を消臭すればいいのですが、臭いの大元を消さない限りは消すことが困難です。結果、マンションやアパートが契約している業者に依頼をする結果となり、部屋に住んでいた住人がそのまま多額の費用を支払うことになってしまいます。

ゴミ屋敷の悪臭を防ぐための正しい対策方法

ではそんなゴミ屋敷で発生した悪臭を防ぐためには、どうしたらいいのでしょうか?ここでは順番にゴミ屋敷の悪臭を防ぐための方法を解説していきます。

自分でゴミを捨ててから消毒・殺菌を行う

最初に考えるべきなのは、まず自分でゴミを捨ててから部屋の中を消毒・殺菌を行っていく方法になります。そこまで部屋の中にゴミが多くない状況でしたら、自分だけでも十分な対処ができるでしょう。

ただし、ゴミを捨てる際には害虫・害獣が出てきたり、悪臭の根源を完全に取り除くことができないこともあるので注意が必要となります。実際にゴミの下にゴキブリやクモが出てきたり、ネズミが出てきてしまってゴミ捨てが進まないといったことはよくある事例です。

また悪臭の根源を自分で見つけない限り、せっかく綺麗になった部屋も悪臭がしている状況が続いてしまいます。なのでまずは掃除の前に防虫スプレーなどをふりかけて、どこから悪臭がしているかの原因を突き詰めるところから始めていくとよいでしょう。

専門業者に依頼をする

あまりにもゴミの量が多い場合や、自分では対処しきれないと判断した場合には、ゴミ屋敷の片付けを専門としている業者に依頼をしていきましょう。判断基準としては、「自分たちではどうすることもできない」と感じた瞬間でして、もしそう感じたなら早めの依頼をおススメします。

専門業者に依頼をすれば、どんなに汚くても1~2日で部屋の中を綺麗にしてくれて、最後には部屋のクリーニング清掃を行ってくれるところもあるのです。事前に見積もりを取ることもできるので、まずは自分の地域のおすすめの業者を探してみるのが解決の糸口になるでしょう。

ただゴミ屋敷の悪臭を取り除いてくれる専門の業者を探しているということでしたら、一度「整想屋」にご連絡ください。ゴミ屋敷の片付けを広島全域で対応している整想屋は、広島県下でお客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

もしゴミ屋敷が発生して悪臭に困っているということが広島で起こっているならば、お気軽にご相談ください。

まとめ

ゴミ屋敷から悪臭が発生している原因と、正しい対処方法について解説していきました。ゴミ屋敷とは一度自分で作り出してしまうと、どのように対処していけばいいのか分からないということが起こります。

ただ何よりも、今の状況を変えなければ周りにも迷惑をかけてしまうし、自分の首を絞めてしまうことになるということに気付く必要もあるのです。もしあまりにも家の中から悪臭がしているということでしたら、早めの対策を心がけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!