1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. 【ゴミ屋敷化を繰り返す理由】部屋が片付けできない人の正しい対策法

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

【ゴミ屋敷化を繰り返す理由】部屋が片付けできない人の正しい対策法

ゴミ屋敷の基準とは何か?ゴミ屋敷になる前に事前対策しよう

あまりにも部屋が汚いことから一度部屋を片付けたはいいものの、いつの間にかまた部屋がゴミだらけになってしまったという繰り返しの出来事を起こしていませんか?実は部屋を片付けてもまた汚してしまう人には、ある共通点があるのです。

本記事では、そんなゴミ屋敷化を繰り返す理由について解説しつつ、正しい対策法を紹介していきます。繰り返し部屋を汚してしまうという人は、ぜひ参考にしてみてください。

ゴミ屋敷化を繰り返す理由

近所にゴミ屋敷を見つけたときの対策法とは?近隣トラブルを避けよう

まずはゴミ屋敷をせっかく綺麗にしたにもかかわらず、なぜゴミ屋敷化を繰り返してしまうのかについてです。ここでは、ゴミ屋敷化を繰り返す理由についてまとめていきました。

綺麗になったという安心感

一度ゴミ屋敷だった部屋を自分で掃除をしたり、業者に掃除をしてもらえば綺麗になったという安心感を得るものです。しかしその安心感が心にゆとりを与えてしまい、また部屋を汚してしまうという効果を与えてしまいます。

また部屋が綺麗になったものの、ゴミ屋敷に住む環境に慣れてしまっているということもあって、部屋の中にモノが置いていないことに違和感を感じてしまうこともあるのです。結果、部屋の中にモノやゴミなどを置くようになってしまい、また部屋を汚すという結果になりかねません。

「多少汚れても気にしない」の繰り返し

部屋が綺麗になったとしても、今までゴミ屋敷に住んでいたという人はゴミと一緒に生活する習慣に慣れてしまっているもの。そんなゴミの中で生活していた人にとって、多少部屋が汚くなったり汚れてしまっても気にしないという人がたくさんいるのです。

そしてそんな「多少汚れても気にしない」という感情を繰り返し起こしていくと、つもりに積もったゴミがいつの間にか溜まっていき、最終的にゴミ屋敷と化します。感情に余裕があるといいますか、少しのゴミがあったとしてもゴミと認識しない人が多いのです。

誰にも見られていないという緊張感のなさ

ゴミ屋敷に住んでいる住人のほとんどは、1人で暮らしている人がほとんどです。なぜなら、周りに注意する人がいないので、ゴミ屋敷にするもしないも自分で決めることができるからになります。そしてそんな人がゴミ屋敷を片付けるというのは、近隣住民に注意されてか家族に注意されてやっと重たい腰を動かすようになっていくのです。

しかし一度部屋を片付けたはいいものの、しばらくすると「誰にも見られていない」と感じてしまい、最終的にまた部屋を汚くしてしまいます。目を離すとすぐサボってしまう人と同じで、緊張感がまったくない状況を作ってしまっているのが大きな要因と言えるでしょう。

病気の可能性

せっかく部屋を片付けたにも関わらず、まったくの無意識で部屋を汚くしてしまうという人は、もしかしたら病気の可能性も出てきます。ADHDなどの発達障害たやうつ病、セルフネグレクトと言った病気など原因は様々です。

しかし病気というのは、なかなか本人が気づかないことが多く、病院に行ってみて初めて気づくという人がほとんど。もしくは家族に言われて病気だと自覚したという症例もあるほどです。もし無自覚に部屋をゴミ屋敷にしてしまうということでしたら、病気の可能性を疑っておくのもよいでしょう。

ゴミ屋敷を繰り返し作りだす人の共通点・特徴

ゴミ屋敷を繰り返し作り出してしまう原因が分かりました。しかし、実は繰り返し部屋を汚してしまう人には、ある一定の共通点があることをご存知でしょうか?ここではそんな、ゴミ屋敷を繰り返す人の共通点や特徴についてまとめていきます。

もともとモノを捨てる習慣がない

もともとモノを捨てる習慣がない人というのは、繰り返し部屋をゴミ屋敷にしてしまうことがあります。なぜなら、一度部屋に散らかったゴミをゴミとして認識せずに、自分にとって大切なモノとして扱ってしまうことが多いからです。

一度買ったものは最後まで置いておきたいという心理が働いてしまい、周りから見たらゴミとして認識されそうなものも、そのまま放置してしまうことがあります。そして最終的に一度ゴミ屋敷を片付けたとしても、また同じようにモノやゴミを部屋の中にため込んでしまい、そのまま繰り返しゴミ屋敷を作り出すという結果になってしまうのです。

ストレスを抱えがち

普段からストレスを抱えていたりすると、せっかく部屋を綺麗に片付けたとしても、またゴミ捨てなどを後回しにしてしまってそのままゴミ屋敷にしてしまうということがあります。ストレスの原因と言っても仕事であったりプライベートであったりとさまざまですが、ため込んでしまうと部屋の中のゴミ捨てを後回しにしてしまいがちです。

そしてストレスがたまるとイライラしてしまい、結果的に綺麗になった部屋もそのまま放置してしまい、ゴミ屋敷へと変わっていきます。だんだんと変わっていく部屋代わりにイライラしてしまい、自分の不甲斐なさにストレスを感じることもあるので注意が必要と言えるでしょう。

人との接点を持たない

人との接点を持たない人も、ゴミ屋敷を再度作り出してしまう傾向にあります。普段から人と接することを極端に拒む方は、できる限り人と接しないように夜にゴミなどを捨てることがほとんど。

しかし仕事の関係で捨てることができず、そのまま部屋の中にゴミをため込んでしまい、キレイになった部屋もゴミ屋敷へと変貌していきます。またある程度たまったゴミをまとめて捨てると近隣から注意をされると思い、そのまま放置をしてしまうこともしばしば。

そんな人との接点を持とうとせず、周りに迷惑をかけないように生きていこうと考えている人ほど、繰り返してゴミ屋敷を作ってしまう可能性が高いのです。

ゴミ屋敷は一度作り出してしまうと抜け出すのが大変

ゴミ屋敷になるきっかけとは?片付けられない人の特徴やデメリット

ゴミ屋敷を片付けたはいいものの、再度繰り返してしまう原因は人によって様々です。しかし、一度ゴミ屋敷を作りだしてしまうと、なかなか抜け出せないというのが現状です。もちろん自分の意志次第でゴミ屋敷を繰り返し作り出さないということは可能ですが、人の性格はなかなか変えることができません。

実際に一度ゴミ屋敷を作り出してしまうと、部屋を綺麗にしたとしても何度も繰り返すという事例は多数存在しております。そんな中で周りの人達ができることというのは、どれだけゴミ屋敷を作り出す人のそばにいてあげるかで変化してくるのです。

1人で家の中に住んでしまうと、今までの習性を思い出してしまいゴミ屋敷を作り出してしまいます。しかし身近に誰かがいるだけで、キレイになった部屋をキープすることができるのです。なのでゴミ屋敷の片付けが終わった後に、ゴミ屋敷を繰り返し作り出さないかの対策を考えていくのが、正しい対策法と言えるのではないでしょうか。

繰り返しゴミ屋敷にしないための正しい対策法

では繰り返しゴミ屋敷にしないための具体的な対策法とはどういったものがあるのでしょうか?そこでここでは、ゴミ屋敷を再度作り出さないための正しい対策法についてまとめていきます。

第三者に一緒に住んでもらう

上記でも説明しましたが、ゴミ屋敷を作り出してしまう人以外の方がどれだけそばにいるかで、繰り返しゴミ屋敷になるかどうかが変化してきます。ゴミ屋敷を作り出してしまう人は、普段の生活の中で自分をコントロールするのが困難に感じてしまっている人がほとんどです。

しかし誰かが監視役として一緒に住んでいるだけでも、ゴミを部屋の中に捨てないようにするのを止めることができます。1人ではどうしても意識できないことも、誰かがそばにいるだけで「ゴミをそのままにしない」という強い意志を持てるようになっていくのでおススメです。

ゴミ屋敷の片付け業者に対策法を聞く

もう一つの方法として、ゴミ屋敷の片付けを依頼した業者に、繰り返し部屋を汚くしないための対策法を聞いていくというのも1つの手段です。なぜなら、実際に同じ境遇の人を見てきている経験値があり、どのような対策が一番効果的なのかを知っている空になります。

ゴミ屋敷専門の片付け業者は、過去に何件ものゴミ屋敷を片付けてきたという経歴があるもの。そして経験値が溜まっていく一方で、どんな人がゴミ屋敷を作り出すかなどを理解するようになり、具体的な対策方法を考えるようになっていくのです。

なのでもしあまりにもゴミ屋敷を繰り返し作ってしまうということでしたら、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ゴミ屋敷を繰り返し作り出してしまう人というのは、ある程度の共通点があるものです。しかし特徴さえわかってしまえば、あとは正しい対策法に従って実行に移していくだけになります。

もし早めに今の状況を変えていきたいと感じているのでしたら、ぜひ行動してみてくださいね。

またゴミ屋敷を片付けてくれる専門の業者を探しているということでしたら、一度「整想屋」にご連絡ください。ゴミ屋敷の片付けを広島全域で対応している整想屋は、広島県下でお客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!