1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. ゴミ屋敷は子供に悪影響|子供のために行うべきゴミ屋敷対策法を紹介

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

ゴミ屋敷は子供に悪影響|子供のために行うべきゴミ屋敷対策法を紹介

日本の社会問題として挙がっている、ゴミ屋敷問題。そんなゴミ屋敷に住んでいる人の中には、子持ちの方もいらっしゃいます。ただまだまだ成熟しきっていない子供には、ゴミ屋敷は悪影響を与えてしまうことをご存知でしょうか?

本記事では、そんなゴミ屋敷が子供にどんな悪影響を与えてしまうのかを紹介していきます。子供のために行うべきゴミ屋敷対策についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ゴミ屋敷は子供に悪影響

ゴミ屋敷は子供に悪影響

大切なことなので何度も書きますが、ゴミ屋敷は子供に悪影響になります。なぜなら、身体にも悪影響を与えるだけでなく、これからの子供の成長にも関わってくる問題に発展してしまいかねないからです。

大人になると身体に耐性がついてきているせいか、多少のゴミでは身体に影響が出にくい部分があります。しかし子供は、まだ身体が成熟しきっていないという面もあって病気にかかってしまう可能性があるのです。

さらにゴミ屋敷という環境に住むのに慣れてしまうと、「この日常が当たり前なんだ」という悪い知恵を持ってしまう恐れもあるでしょう。どちらにせよ、ゴミ屋敷はこれから大人になっていく子供に対しては悪影響と言わざるを得ません。

ゴミ屋敷によって起こりうる問題

ゴミ屋敷によって起こりうる問題

では実際にゴミ屋敷によって起こりうる問題とは、どんな問題が起こってしまう可能性があるのでしょうか?ここでは、実際にゴミ屋敷に住み続けることによって起こりうる問題についてまとめていきました。

害虫・害獣問題

ゴミが家にたまっていくと、だんだんと家の中に悪臭がしてくるものです。そんな悪臭に引き寄せられるかのように、害虫や害獣が家の中に住み着くようになっていきます。ゴキブリやネズミなど、いろんな生き物が家の中にいるということで、安心して休むことができません。

さらに害虫や害獣は、自分の家の中だけでなくご近所に住む人にも悪影響を与えてしまう可能性があります。ゴミ屋敷に住む住人は、「周りの人にゴミだらけの家を見られるのが恥ずかしい」という想いを抱えている一方で、害虫や害獣のせいで自らゴミ屋敷に住んでいるということを知らせてしまっているのです。

病気にかかってしまう

ゴミには身体に悪影響を与えかねない悪臭を放つこともあり、病気にかかってしまう恐れがあります。さらに身体に耐性がついていない子供なんかは、特に病気にかかる可能性が高いと言えるでしょう。さらには大忠や害獣の影響もあって、身体の至る所に虫に刺されたような湿疹が出てくることもあるのです。

しかし住んでいる本人は慣れてしまっていて、さぞ当たり前かのように過ごしています。ただゴミ屋敷に住んでいる人の身体は、どんどん病魔に蝕まれていっているのは間違いないでしょう。

ご近所とのトラブル

何より気をつけなくてはいけないのが、ご近所とのトラブルです。いくら家の中で見えないといっても、ゴミ屋敷からは臭いが充満していき、外に排出されてしまいます。そうなってくると、ご近所にもバレてしまいトラブルのもとになりかねません。

さらに子供がいる家庭なんかは、ゴミ屋敷に住んでいるという理由だけでいじめの対象にされてしまうこともあります。早く片付けをすればいいのでしょうが、親がなかなか部屋の片づけをしようとしてくれないことから、子供も自分から部屋の片づけをしようとしないという結果になってしまうのです。

子供がいるのにゴミ屋敷になってしまう理由

子供がいるのにゴミ屋敷になってしまう理由

ではなぜ、子供に悪影響を与えかねないにも関わらず、家の中がゴミ屋敷になってしまうのでしょうか?そこでここでは、家がゴミ屋敷になってしまう理由についてまとめていきました。

仕事やプライベートが忙しい

ゴミ屋敷に住んでいるという人の中には、普段から仕事が忙しい人が多数いらっしゃいます。仕事が忙しいという理由で家の片付けが疎かになってしまい、そのままゴミ屋敷になっていってしまうんですね。

他にもプライベートが忙しかったりして、そのまま家の掃除などをしない人もいらっしゃいます。ただゴミを捨てるというのはそんなに時間がかからないもの。「忙しい」という理由でゴミを片付けないというのは、ちょっとした言い訳が混じっている可能性があるので注意が必要です。

病気を抱えている

もともと病気を患っていて、ゴミを自分で捨てれない親御さんはたくさんいらっしゃいます。さらに身体が動かせないほどの病気ならまだしも、精神疾患を患っている可能性もあるのでが必要です。

精神疾患を患っている人は、自分のことで一杯一杯となってしまうセルフネグレクトにかかっている可能性もあり、ゴミを捨てなくてはいけないという認識がなくなってしまいます。そんな精神的な病は周りや子供の支えが大切になってくるのですが、まったく気づかないという方もいらっしゃるので注意しましょう。

ゴミを捨てる習慣がない

高齢者の方に多いのですが、モノを大切にしている人はゴミを捨てるという習慣があまりありません。戦争を経験していたり、もともと貧乏だったという理由で1つ1つのモノを大切に扱うという認識を持っているのです。

周りから見たらゴミのようなものでも、大切な「モノ」として認識をしており、いつの間にかゴミであふれかえるようになっていきます。なのでどんどん部屋の中に自然ゴミ以外の使えなくなったモノが置かれていき、ゴミ屋敷となっていくのです。

孤独

子供がいる家庭でもありながらゴミ屋敷になってしまう理由として、孤独感を感じてゴミをため込んでしまうという理由が考えられます。例えば、離婚をしてしまって子供だけを引き取るようになったとしましょう。周りとの接点を持たずに生きていこうと決め、子供がいるにも関わらず孤独を感じるようになっていくのです。

そんな親を見ると子供はあきれてしまい、最終的には子供から距離を置くようになっていってしまうかもしれません。そしてそんな子供の態度を見て、更なる孤独感を感じてゴミを捨てなくなってしまうのです。

子供のために行うべきゴミ屋敷対策法を紹介

子供のために行うべきゴミ屋敷対策を紹介

ではそんな子供に悪影響しかないゴミ屋敷における、正しい対策方法を紹介していきます。少しでも子供のために片付けをしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

家族みんなで家の片付けを行う

まずは家の片付けをしていくことが、ゴミ屋敷を抜け出すための第一歩です。そして何より家族みんなで家の片付けを行っていくことが最重要ポイントとなります。なぜなら、家族で片付けを行うことでお互いに家を綺麗にしようという気持ちになり、ゴミ屋敷の再発を防ぐことができるからです。

子供としては普段ゴミ屋敷を片付けたいと思っていても、親の手前なかなか言い出せないこともあります。しかし親が率先して片付けをしていく姿を見せれば、自然と部屋の片づけを手伝ってくれることでしょう。

何より一緒に住む家のことなので、みんなで協力をして片付けをするほうがこれからの生活に好循環を生み出すのではないでしょうか。

ゴミ回収を行ってくれる業者に依頼をする

ただあまりにも家の中にゴミが大量にありすぎて、自分たちでは手に負えないという状態なら、ゴミを回収してくれる業者に依頼をしましょう。自分たちで片付けをしようとしても、あまりに多いと何から手を付けたらいいのか分からなくなることもあります。

しかしゴミを回収してくれる業者に依頼をすれば、1~2日程度ですべてを片付けてくれるので効率的です。これから成長していく子供のためにもゴミ屋敷問題は早めに対処したほうがいいので、もしゴミが溢れかえっているという方は、業者に依頼をするという方法を考えてみるのも1つの手段と言えます。

ただもしどこの業者に依頼をすればいいのか分からないという方もいることでしょう。そんな時は、一度「整想屋」にご連絡ください。ゴミ屋敷の片付けを広島全域で対応している整想屋は、広島県下でお客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

ゴミ屋敷問題は、これからと大人になっていく子供に対して悪影響でしかありません。しかしそんな悪影響を与えかねないゴミ屋敷問題を解決できるのは、子供の実の親しかいません。子供を守るためにも、今できる最善の策をたてていくのが親の務めなのではないでしょうか。

なので子供のためにもゴミ屋敷に住んでいるという親は、ぜひ今の状況を脱する方法を考えてみてください。そうすることで、親も子も安心して毎日を過ごせるようになりますよ。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!