1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品の供養
  4. 遺品整理のタイミングはいつが最適?おすすめ時期を遺品整理士が紹介

BLOG

ブログ

遺品の供養

遺品整理のタイミングはいつが最適?おすすめ時期を遺品整理士が紹介

遺品整理をしていこうと考えたときに、以下のような疑問や悩みを感じる人はいませんか?

  • 「遺品整理をしたいけど、いつのタイミングで行うのが最適なのか分からない。」
  • 「遺品整理をするおすすめのタイミングを知りたい。」
  • 「遺品整理のタイミングを決めた後に何を注意すればいいのか分からない。」

故人が亡くなった後に遺品整理をしていかなくてはいけませんが、人によって遺品整理のタイミングがいつにすべきなのか判断に困ってしまうことでしょう。しかしいつまでも先延ばしにしてしまうと、なかなか片付けが終わらず心の整理がつかなくなってしまいます。

そこで本記事では、遺品整理を行うための正しいタイミングについて解説していきます。遺品整理のおすすめのタイミングや、時期を決める際の注意点についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

遺品整理の一般的なタイミング

遺品整理の一般的なタイミング

先に結論を申し上げると、一般的な遺品整理のタイミングとしては以下の通りになります。

  • 葬儀後のタイミングにて
  • 四十九日法要のタイミングにて
  • 諸手続きが終わったタイミングにて
  • 相続税が発生する前のタイミングにて
  • 賃貸住宅の契約が切れる前のタイミングにて

まずはそれぞれのタイミングについて、詳しく解説していきます。

葬儀後のタイミングにて

故人が亡くなった時は葬儀が行われますが、その際に親族も集まります。遺品整理とは遺族だけでなく親族や相続人の手によって行われることになるので、葬儀が終わった後にそのまま遺品整理をしていくパターンもあるのです。

さらに遺族や親族が遠方に住んでいる場合には、遺品整理を先延ばししてしまうと集まる機会が少なくなってしまいます。遺族や親族が全員集まるタイミングというのはめったにないので、葬儀後のタイミングで行われることも多いのです。

四十九日法要のタイミングにて

仏教で行われる葬儀に限りますが、四十九日法要を見計らって遺品整理を行う方もいます。仏教の考えでは、故人が亡くなってから49日間は魂が現世をさまよっていると言われているのです。なので亡くなってから四十九日たった後に、故人の魂がいなくなったのを見計らって遺品整理を行っていきます。

また四十九日法要の場合だと親族が集まっている可能性が高い、という理由でもタイミング的には最適です。遺品整理はできる限り人手が多いときに行うほど効率的なので、四十九日後に行う遺族が多いと言えるでしょう。

諸手続きが終わったタイミングにて

人が亡くなった後というのは、遺族は手続きに追われがちです。例えば死亡届の提出をしたり電気やガス、年金、銀行など様々な面で手続きを行っていかなくてはいけません。そうなってくると、遺品整理どころではないというのが遺族の本音だったりするのです。

なので諸手続きには時間もかかるということで、ある程度終わらせてから遺品整理を行う方もいます。

相続税が発生する前のタイミングにて

相続税とは、遺族や親族が遺産を相続する際にかかってくる税金のことを意味します。亡くなった方が遺産を持っていた場合、遺族や親族に相続するのが一般的な流れです。しかし残された遺産が相続税の非課税額を超えた場合に限って、税務署に相続税の申告書を提出しなくてはいけません。

申告書の提出は、故人が亡くなってから10か月以内に申告をする必要があります。申告を過ぎてしまうと延滞税が科せられることになるので注意が必要です。

そして遺品整理によって、遺品を売却すると遺産が増えてしまいます。もし遺産を売却して少しでも相続金を増やそうと考えている遺族は、相続税が発生する前にしっかりと遺品整理を行い、トラブルを避けるようにしましょう。

賃貸住宅の契約が切れる前のタイミングにて

故人が賃貸住宅に住んでいた場合に限っては、亡くなったことによって契約が切れてしまう場合があります。もし契約が切れているのに賃貸に住み続けた場合、延滞料金を支払わなくてはいけなくなってしまうので、契約が切れる前に遺品整理を行っていく必要があるでしょう。

なのでまずは家賃の支払いに関する内容と、契約期間がいつまでなのかを大家に確認をしておくことが大切です。他にも原状回復をしっかりしておかなくてはいけないので、もし賃貸住宅で亡くなったという場合には特殊清掃を専門としている業者に依頼をすると安心でしょう。

遺品整理におすすめのタイミング

遺品整理におすすめのタイミング

ここまで一般的な遺品整理のタイミングについてお話してきましたが、中には「では実際にどれを選んだらいいの?」と悩まれる方もいることでしょう。そんな方におすすめする遺品整理のタイミングは、『気持ちに整理がついた瞬間に遺品整理を行う』というのがおすすめのタイミングになります。

大切な人が亡くなった時と言うのは、精神的にも不安定な状況が続いていることがほとんどです。もしそんな不安定な状態で遺品整理をしても、効率よく片付けを進めていくことは困難を極めるでしょう。故人が大切にしていた遺品などを見るだけで手が止まってしまうというのは、遺品整理においてよくある話です。

なのでまずは遺品整理のタイミングを決めるのも大切ですが、自分の気持ちに整理がついてから行っていくのが良いタイミングと言えます。また「いつ頃から遺品整理を始める」という目安を決めておくだけでも、片付けをしようという気持ちを前に向かせることができるでしょう。

遺品整理のタイミングを決める際の注意点

遺品整理のタイミングを決める際の注意点

ではそんな遺品整理のタイミングを決めようとなった際には、いくつか注意点があります。もしこれから遺品整理をしていこうとなった際には、以下の注意点に気をつけながら片付けをしていってくださいね。

遺言書の確認を必ず行うこと

遺品整理を行っていく前に、必ず必要なのは遺言書の確認になります。なぜなら遺産相続や形見分けなどに関する振り分けなどをどうしてほしいか、故人が詳しく書いている可能性があるからです。もし遺言書があったのに勝手に遺品整理を行ってしまうと、後程トラブルのもとになってしまうこともあるので注意しましょう。

もし遺品整理を行う前に見つからなくても、片付け中に見つかる可能性もあるので遺言書の置いてありそうな場所を探すことも必須です。もしどこに隠しているか分からないという遺族は、遺品整理士に相談するというのも1つの手段になります。

必要書類は早めに探しておく

諸手続きの際に必要な書類は、遺品整理をする前に早めに見つけておきましょう。なぜなら遺品整理を始めてしまうと、いつのまにか捨てられてしまったという事例も少なくないからです。

亡くなった人によって手続きしなくてはいけない内容は異なりますが、最低でも銀行通帳や印鑑、保険や土地関係の書類、不動産や年金の書類関係は見つけておきましょう。故人によって遺族が知らなかった必要書類も見つかることもあるので、しっかりと確認をしておく必要があります。

遺族や親族の合意を取ってから遺品整理を行う

遺品整理を行っていく際に大切なのは、遺族や親族の合意を取ってから遺品整理を行っていくことになります。もし何も相談なしで遺品整理を行ってしまうと、相続がらみでトラブルになる可能性もあるからです。

しかし相続に関するトラブルを避けるには、事前に相談をしておくことで回避することができます。なのでまずはどのようなスケジュールで遺品整理を行うか、遺品はどのように処分していくかなどをしっかりと話し合い、合意を得てから片付けを行うとトラブルを回避することができるでしょう。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

遺品整理のタイミングというのは、特に決められておりません。ただ一番最適なのは、自分の気持ちに整理をしていくタイミングが一番のタイミングと言えるでしょう。遺品整理とはただ片付けをするだけでなく、自分の気持ちにも整理をつける意味も含まれているのです。

なのでまずは一般的なタイミングを参考にしながら、自分がこの時と判断して時に少しづつ取り組んでいくようにしていくとよいでしょう。ただ、もし遺品整理に関することでまだご不明な点や悩みがあるという方は、一度遺品整理士が所属している「整想屋」にご相談ください。

整想屋」は広島県を代表する遺品整理業者で、県内でもお客様満足度No.1という実績を誇っています。いつでもお電話での遺品整理に関する相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!