1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. 近所にゴミ屋敷を見つけたときの対策法とは?近隣トラブルを避けよう

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

近所にゴミ屋敷を見つけたときの対策法とは?近隣トラブルを避けよう

近所にゴミ屋敷を見つけたときの対策法とは?近隣トラブルを避けよう

近所にゴミ屋敷を見つけて、どうにか対処したいと感じている方はいませんか?今となっては社会問題となっているゴミ屋敷問題が近所で起こっていたら、どうにか改善したいと考える方も多いことでしょう。

本記事では、そんなゴミ屋敷を近所で見つけたときの正しい対策法についてまとめていきます。近隣トラブルを避けるためにも、早めの対処をしていくのをおすすめします。

ゴミ屋敷によって近隣住民は迷惑がかかっている

ゴミ屋敷問題によって、近隣住民のトラブルというものが近年頻繁に起こっています。ただゴミ屋敷に住んでいる人にとっては、特に悪気がないと感じていることが多いのが大きな問題点となっているのです。

以下には、ゴミ屋敷が近所にあった場合の迷惑になる部分をまとめていきました。

悪臭問題

ゴミ屋敷とはその名の通りゴミをため込んだ家のことを意味し、必然的にゴミの悪臭に見舞われます。住んでいる本人は慣れてしまって悪臭に気付かないかもしれませんが、近所の人からすると家から出てくる異様な臭いに耐えられないと感じているのです。

家の中のゴミとはプラスチックなどのゴミが多いですが、中にはご飯の食べ残しやスープの汁が染み込んだタオルなど、色んな悪臭を放つゴミが多いのが特徴的。そんな悪臭に耐えられずに、ゴミ屋敷をどうにかしたいと考える人が近隣で増えていくのです。

害虫などの被害

ゴミ屋敷はいわば、ゴキブリなどの害虫の巣窟。ゴミの中には虫が好む食べ物や菌が大量に含まれていることから、たくさんの虫が住み着くようになって害虫被害へと変わっていくのです。

さらには害虫以外にも、ネズミなどの害獣などが住みつくこともあります。できるだけ安心して過ごしていきたいと感じている近隣の方からすると、害虫や害獣は目に入れるのすら避けておきたいところ。なので近所の人は早く対処してほしいと感じるようになるのです。

火災や家の崩壊などの二次被害

ゴミ屋敷とはゴミの集まりになっているので、ちょっとでも火の元が上がってしまうと一気に火事が広がる恐れがあります。さらにゴミが外にまではみ出るような家に住んでいると、いつ家が崩壊してもおかしくありません。

近隣としては火事や家の崩壊によって起こる二次被害を避けたいところ。できるだけ早く対処してほしいというのは、自然の摂理とも言えるでしょう。

近所にゴミ屋敷を見つけたときの正しい対処法

では改めて、近所にゴミ屋敷を見つけた際の正しい対処法とはどのようにしていけばいいのでしょうか?ここでは近所にゴミ屋敷がある方がすべき、正しい対処法を紹介していきます。

ゴミ屋敷に住んでいる人との話し合いで解決する

ゴミ屋敷を片付けてほしいと思っても、何事も話し合いが必要になります。いきなりゴミ屋敷を片付けていくとトラブルのもとになるので、必ず家主に片付けを要請していくのが最初の一歩です。

なのでまずは、どうしてゴミ屋敷を片付けないのかなどを聞き出していき、ゴミ屋敷に住むことでのデメリットを伝えていくようにしましょう。無理に怒っても相手は納得してくれないので、相手のことを気遣っているという気持ちで説得していくことが大切です。

ゴミ屋敷の家族や親せき、友達などに交渉を依頼する

もし近所の人達がいくら言っても説得ができなかった場合は、次にゴミ屋敷の家族や親せき、友達などを探して交渉をしてもらいましょう。いざゴミ屋敷を片付けるとなっても、住んでいる人からすると周りの声と言うのは「うるさい!」などと感じてしまうもの。

それだったら身近な存在で、ゴミ屋敷に住んでいる人のことをよく知っている人に依頼をしたほうが効果的なのです。なのでもし交渉してくれる人を見つけたら事情を説明して、代わりに説得をしてもらうようにしましょう。

ゴミ屋敷に対応する条例を作っている自治体もある

自治体によって異なりますが、ゴミ屋敷問題に対して対応する条例を作っている自治体がいます。まだ日本全国にはなく東京の中でも2割程度ではありますが、もし自分の地区の自治体が条例を制定しているなら利用しない手はないでしょう。

条例の制度の内容は自治体によって異なりますが、例を出すともしゴミが公道などにはみ出していると、自治体の権限で処分してもらうことができます。さらには、ゴミ屋敷に住んでいる人に向けて自治体の人が注意喚起することもあるので、自らが危険を冒さずゴミ屋敷問題に向き合ってくれるのです。

ただ公道に出たゴミしか対処できないというのが現実問題で、交渉をしても対処しない人が多いのがほとんど。なかなかすべてのゴミを処分するのは、困難を極めるでしょう。

公的機関に依頼をする

話し合いが決裂してしまった場合には、公的機関に頼るという方法をとっていくしかありません。ゴミ屋敷に住んでいる人は理不尽な言い回しをしてくることもあるので、近隣住民では対処できないことが多いのです。

本来なら警察に連絡をするのが良いのでしょうが、時間がかかってしまうというのが大きなデメリット。すぐにでも対処をしてほしいということなら、役所に交渉をしに行くのが一番早い方法です。ただしいくら署名を集めて訴えに行っても動いてくれない役所は多いので、何度でも依頼を促していきましょう。

警察に動いてもらう

最終手段としては、警察に動いてもらうという手段が残っています。ただ「ゴミ屋敷をどうにかしてほしい」という依頼では、なかなか警察は動いてくれません。そんな時は火災や家が崩壊しそうな画像を残しておき、放置しておくと危ないことを証明しておく必要があります。

一度でも警察がゴミ屋敷に行けば、少しは住民の心も動いていくもの。公的機関に依頼をしつつ警察にも相談をすれば、さらにスムーズにゴミ屋敷問題を解決に導いていくことができるでしょう。

ゴミ屋敷の片付けは業者に依頼をするのが一般的

ゴミ屋敷の片付けは業者に依頼をするのが一般的

ゴミ屋敷問題がもし解決の糸口を辿るようでしたら、その後のごみ処分は業者に依頼をするのが一般的です。いざ交渉が成功してゴミ屋敷に住んでいる人に片付けを依頼しても、途中で飽きてしまい片付けが進まないとことが起こってしまいます。

近隣住民で解決しようと思うならそれなりの時間がかかる

ゴミ屋敷問題は、今でも社会問題として日本中で問題視されているところです。しかしなかなか解決の糸口が取れないのは、ちゃんとした条例が定められていないという部分が問題なのです。

なのでいざ解決をしようと動き出したとしても、それなりの時間がかかることを覚悟しておくと良いでしょう。どうしても行政や警察に依頼をしても、動き出すまで時間がかかるもの。根気よくゴミ屋敷の住人に交渉していくことで、解決の糸口を見つけていくのが理想的です。

ゴミ屋敷問題は整想屋におまかせを

もし業者に依頼をしようと思っても、「どこがおすすめか分からない」と感じる方がいましたら一度「整想屋」に一度ご連絡ください。ゴミ屋敷の片付け処分を広島全域で対応している整想屋は、お客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

広島県を中心に活動しているので、もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

ゴミ屋敷問題とは、これから高齢化社会になっていくこともあり、増加の傾向を辿ることが予想できます。しかしだからと言って放置しておくことは一番よくなく、解決の糸口を作っていくのは近所の声だったりするのです。

なので本記事を見ている方の中で、まさに近所のゴミ屋敷問題に困っているという方は、ぜひ対処法を実行していってみてください。そうすることで、ゴミ屋敷を減らすことにもなり日本の社会問題の解決にも繋がっていくので。

それなりの時間はかかるでしょうが、少しずつでも対処をしていきましょう。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!