1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品の買い取りについて
  4. 遺品のベッドを正しく処分する方法|遺品整理のプロが対処法を紹介

BLOG

ブログ

遺品の買い取りについて

遺品のベッドを正しく処分する方法|遺品整理のプロが対処法を紹介

遺品のベッドを正しく処分する方法|遺品整理のプロが対処法を紹介

大切な方が亡くなった時に、故人が住んでいた家を整理していかなくてはいけません。これを遺品整理といいますが、中には以下のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

  • 「故人が使っていたベッドをどのように処分したらいいのか分からない。」
  • 「遺品整理でベッドを処分したいけど、どこに依頼をすればいいのか分からない。」

遺品の中でもベッドは比較的大きいサイズの部類に入るので、どのように処分していけばいいのか分からないという方はたくさんいらっしゃるのです。

そこで本記事では、遺品のベッドを正しく処分する方法についてまとめつつ、それぞれの方法における詳しい説明を遺品整理のプロでもある「整想屋」が解説していきます。

遺品のベッドを正しく処分する方法

遺品となるベッドを処分するとなると大変なイメージですが、主には以下の4つの処分方法によって対処することが可能です。

  • 粗大ごみとして処分する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップに依頼する
  • 遺品整理業者に依頼をする

どの方法を選んでも問題なくベッドを処分していくことができますが、依頼する場所によって対処法やかかってくる費用が異なります。なので正しい処分方法を選んでいくには、それぞれどんな対処法をしてくれるかを知っておく必要があるのです。

粗大ごみとして遺品のベッドを処分する場合

まずは順番に、遺品のベッドを処分するとなった場合の対処法を以下で見ていきましょう。最初は粗大ごみとして、遺品のベッドを処分する場合についてまとめました。

自治体にごみ回収の連絡をする

自治体の大型ごみ回収センターに連絡をすれば、ベッドを回収してもらえます。それぞれの地区によって決められた自治体があるので、ホームページやごみ収集カレンダーなどを見て連絡先を見ておきましょう。

また連絡する際に受付番号などの伝達があるので必ずメモを取っておき、処分料金がどれぐらいになるかを聞く必要があります。自治体によって値段は変わってきますが、平均的に見ても1,200円~2,000円程度です。

さらにベッドには、値段によって張る枚数が変わってくるごみ収集シールを貼る場合もあるので、連絡をした際に確認をしておけば安心でしょう。

取りに来てもらうか自分で持っていくかを決める

自治体に連絡をする際にベッドを取りに来てもらう日を決めていくのですが、自分で大型ごみセンターに持っていくこともできます。地域にはよりますが、自分で持っていくほうがコストを抑えられることが多く、ただで回収してくれる場所もあるのです。

ただし自分で持っていくとなるとベッドは大型家具の一部にも入るので、搬入が大変というデメリットもあります。なのでサイズや重さ、料金面などを考慮して、自宅に取りに来てもらうか自分で持っていくかを決めていきましょう。

不用品回収業者で遺品のベッドを処分する場合

次は不用品回収業者にベッドの処分を依頼した場合についてです。できるだけ早く処分した時におススメしたい方法になります。

家まで引き取りに来てもらうことが可能

不用品回収業者の特徴は何と言っても、家にベッドを引き取りに来てくれるところです。自分でごみ収集所まで持っていく必要もなく、処分したい品が他にある場合は大変便利なサービスになります。

遺品整理となるとベッド以外にもたくさんの遺品が出てくることがあるので、これから遺品を一気に処分したいと考えている方には最適と言えるでしょう。ただし回収だけ行う形になるので、回収費用を支払う必要があります。

悪徳業者に注意

しかしそんな一方で、不用品回収業者には多額の値段を請求してくる悪徳業者も多数存在します。さらには不用品を回収するとなると「産廃免許」や「古物免許」などの資格を持っておく必要があるのですが、何も持っていないで回収する業者もいるのです。

法外な料金を請求されることもあるので、事前にどれぐらいの金額になるかの見積もりを取るようにしていきましょう。

リサイクルショップで遺品のベッドを処分する場合

次にリサイクルショップにてベッドを処分する場合についてです。少しでも現金に変えたい、という方が多く活用している方法になります。

買取をしてくれる

リサイクルショップの特徴は、何と言っても遺品の買取をしてくれるという部分でしょう。そのままゴミとして処分しようと思っていたものが、いざリサイクルショップに持っていくと多額の金額で買い取ってもらったという例も少なくありません。

ベッドに関してはそこまでの高額買取は期待はできませんが、「買取専門」のショップに行けば、より多額の金額で買い取ってくれる場所もあります。さらにそれぞれ査定の判断基準も曖昧なところが多いので、値段交渉をして少しでも高く買い取ってもらうのがおススメです。

引き取りを依頼できる業者もある

ベッドをリサイクルショップに持っていくとなると大変な労力になってしまいがちですが、場所によっては無料で引き取り作業をしてくれるショップもあります。自分で運ぶ必要がないというのは遺品整理を始めた遺族としてはありがたい部分で、もし他にも遺品があれば一緒に引き取ってもらうことも可能です。

またその場で値段交渉もできるので、すぐにでも引き取りをしてもらい買取をしてもらいたいと考えている人には最適な方法と言えるでしょう。

遺品整理業者で遺品のベッドを処分する場合

最後に、遺品整理業者にベッドの回収を依頼する場合の処分方法についてです。遺品整理業者は遺品に関する知識を兼ね備えたプロフェッショナルな業者でもあるので、ベッド以外にもたくさんの遺品がある場合には、一番おススメする方法になります。

ベッド以外の遺品も回収してくれる

遺品としてベッドを片付けようと考えたときには、他の遺品も一緒に片付けたいと考えている方が多くいらっしゃいます。なので遺品整理業者に依頼をすれば、ベッド以外に回収してもらいたい遺品を片付けていくことが可能です。

もし事前にベッド以外にも回収してもらいたいものがある場合は、早めに連絡をすれば随時対応していきます。

買取も行っている

回収だけを行っているイメージの遺品整理業者ですが、買取を行っている業者もあります。少なからず私共「整想屋」は買取を行っており、どれぐらいの金額になるかを査定させていただいてそのまま遺品整理にかかってくる費用に割り当てることも可能です。

ただあまりにも古いものや、買取が難しい遺品に関しては回収だけを行う形になるので、遺品の状態を見て買取をしてもらうかどうかを判断していきましょう。

ベッドの処分で注意する点を見逃さない

ベッドを処分するとなった時によくあるトラブルが、大事なへそくりや書類などが紛れ込んだ状態で捨ててしまうという問題です。一番遺品整理の中で起こってしまいがちなトラブルで、それが原因で遺族や親族間の関係が悪くなってしまうということがあります。

しかし私ども「整想屋」は遺品整理のプロでもあるので、どんなところに大事な書類やへそくりが隠されているか、などを気にしながら整理を行っていくことが可能です。過去の実例からベッドはさまざまなものが隠されている可能性があると分かっているので、見逃すということはありません。

もちろん他の遺品に関しても同じことが言えるので、少しでも遺品整理のトラブルを避けたいという方は、遺品整理業者に依頼をしたほうが安全かつスムーズでしょう。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

ベッドを処分する際の正しい処分方法についてまとめていきました。どの方法を選んでも問題ありませんが、何より大切なのは他の遺品もたくさんあるようなら、できるだけ効率のいい方法を選んでいくことが大切です。

遺品整理とは故人が亡くなったということもあって、精神的にも肉体的にも疲労がたまりやすい作業になります。できるだけスムーズな方法を選んでいき、故人を弔う時間を確保してあげましょう。

またもしベッド以外にも遺品整理に関して分からないことがあるようでしたら、遺品整理の手伝いを広島県中心でさせていただいている「整想屋」にご連絡ください。広島県でもお客様満足度No.1という実績を残しながら、遺品整理士と言う資格を持った人材が多数揃っています。

もし分からないことやお見積もり相談などありましたらすぐに相談にのることができますので、お気軽にご相談ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!