1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみの処分
  4. 【注意】遺品の不法投棄は犯罪です|正しい遺品整理の方法とは?

BLOG

ブログ

ごみの処分

【注意】遺品の不法投棄は犯罪です|正しい遺品整理の方法とは?

【注意】遺品の不法投棄は犯罪です|正しい遺品整理の方法とは?

近年、家庭内にある不用品の不法投棄が相次いで発生しています。ニュースなどで報じられるほど「不法投棄」とは社会問題になっていますが、その中には遺品が多く含まれていることをご存知でしょうか?

あくまで遺品は亡くなった故人が大切にしていたものであり、勝手に捨てることは近隣住民だけでなく故人に対しても失礼にあたる行為です。決して許される行為ではありませんが、ごみの不法投棄同様に遺品の無断処分が後を絶ちません。

本記事では、そんな遺品の不法投棄は犯罪につながる理由を解説しつつ、遺品を正しく整理する方法について解説していきます。

遺品の不法投棄は犯罪行為です

先にお伝えしておくと、遺品の不法投棄はどんな理由であれ犯罪です。もちろん遺品だけでなく、不用品や要らなくなったものなどを指定のゴミ出し以外のところに捨ててはいけませんが、どのような罰則があるのでしょうか?

まずは遺品の不法投棄において、どんな罪に問われることがあるのかを見ていきましょう。

不法投棄について

不法投棄とは、法令に違反した方法でいらなくなったもの(廃棄物)などを処分してしまうことを意味します。近年では不法投棄によるゴミ問題も社会問題となってきており、罰則も厳しくなってきているのです。

例えば、森の中で冷蔵庫やテレビなどを捨てられていることを見たことがある人もいるでしょうが、もちろん犯罪にあたります。しかし中には何のためらいもなく捨ててしまう人も多く、さらには遺品まで不法投棄を行ってしまうことが増えてきているのです。

1人1人の意識を変えていくのが大切なのですが、いまだに悪いことだと考えずに捨てる人が多いというのは否定できないでしょう。

遺品の不法投棄をした際の罰則

実際に不法投棄を行った際には、罰則が与えられます。例えば個人でいらなくなったものを不法投棄した場合は、懲役5年以下、または1,000万円以下の罰金が発生するのです。さらに処分許可を取っていない業者が不法投棄を行っても同じ懲役と金額の罰を与えられます。

ただし処分許可を取っていない業者に個人が依頼をした場合も、依頼主側に事情聴取を受けることもあり、罰則を受ける可能性があるので注意が必要です。

遺品の不法投棄はなぜ増えたのか?

そんな法的罪が問われかねないにも関わらず、遺品の不法投棄をする理由はなぜなのでしょうか?それには主に以下の2つの理由が考えられます。

  • 遺族で処分しきれない遺品問題
  • 「一般廃棄物」の許可がない業者による不法投棄

それぞれどういった意味なのか、詳しく見ていきましょう。

遺族で処分しきれない遺品問題

故人の死によって遺品整理をしていくにあたって、大量の遺品が家から出てくることがあります。そして、できる限りコストをかけないようにしようと業者に依頼をすることなく、遺族だけで処分を試みる人もいるのです。

しかし大きな家電や家具などを処分してもらうには、自治体にゴミ回収を依頼する必要があり、依頼をした時点で料金が発生してしまいます。遺族にはできる限り料金を払いたくないという思いもあり、不法投棄という手段を取っていくのです。

一般廃棄物の回収許可がない業者による不法投棄

家庭内にある遺品の数々は、「可燃ごみ」「粗大ごみ」「有害ごみ」などの一般廃棄物がほとんどです。そして一般廃棄物を業者が回収する場合、業者は「一般廃棄物の回収に関する許可」を取る必要があります。

しかし遺品を回収する業者の中には悪徳業者も多く、許可を持っていないことが多いのです。さらに中には一般廃棄物の回収許可を持っていると偽り、遺品整理をして高額の請求を要求する業者もいます。

そんな悪徳業者は「一般廃棄物の回収に関する許可」を持っていないので、遺品を回収した後はそのまま不法投棄をしてしまう、という流れになってしまうのです。

不法投棄を防ぐ正しい遺品整理

そんな法的罰を受けるかもしれない不法投棄は、今後の人生を左右するかもしれない行為なので、できるだけ避けておきたいところです。なのでここでは、不法投棄を防ぐことができる正しい遺品整理について解説していきます。

残った遺品をどのように処分したらいいのか分からないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

リサイクルショップに依頼する

遺品は何も路上に捨てるのではなく、リサイクルショップに依頼をすれば処分をしてくれます。さらに物によっては現金に変えてくれることもあるので、不法投棄をするよりかは遥かに安全で効率的な処分方法と言えるでしょう。

またリサイクルショップによっては車で遺品を回収しに来てくれることもあり、自分たちで遺品をクルマに積み込む必要もなくなるのです。安全かつ安心できる処分方法なので、不法投棄を考えていた方は一度考えてみてはいかがでしょうか。

遺品整理業者に依頼をする

遺品整理を専門としている、「遺品整理業者」に依頼をするという方法も一番有効的です。なぜなら遺品の回収を専門としている業者となりますので、遺品を不法投棄されることもなく処分をしてくれるからになります。

遺品を整理するとなると、経験のない遺族はどのように処分をしたらいいのか分からないもの。処分方法が分からないので不法投棄と言う手段をとってしまいがちですが、遺品整理業者に依頼をすれば勝手に処分される心配がありません。

正しい遺品整理業者を選んでいれば不法投棄によって疑われることはなくなることでしょう。

正しい遺品整理業者の選び方

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

では実際に遺品整理業者を選んでいくとなった場合、正しい業者はどのように選んでいけばいいのでしょうか?そこでここでは、正しい遺品整理業者の選び方を見ていきましょう。

一般廃棄物の許可を持っている

残念ながら遺品整理業者の中には、悪徳業者が存在するのが現状です。そして悪徳業者の中には「一般廃棄物の回収に関する許可」を持っていないことがほとんどになります。なので遺品整理業者を選ぶ際には、逆の「一般廃棄物の回収に関する許可」を持っている業者を選べば問題ありません。

確認の仕方としては、依頼をする際に許可を持っているかどうかを聞くだけでわかります。ただ中には「一般廃棄物の許可」がないにも関わらず持っていると断言する業者もいますので、細心の注意を払って選ぶようにしていきましょう。

実績がある業者を選ぶ

今までにどれだけ遺品整理の経験をしてきているかも、選ぶ際の重要な項目となってきます。実績のある業者と言うのはこれまでに多くの遺品整理をしてきているということもあって、遺品整理に関する質問にすぐ答えてくれるのが分かりやすいでしょう。

  • 遺品をどのように処分するのか
  • 遺品整理において注意する点は何があるのか
  • いつ頃から遺品整理を始めるのが正しいのか

実績のある遺品整理業者は電話をすることで、すぐに答えてくれます。なのでまずはいきなり依頼をするのではなく、事前見積もりなどをしてどれぐらいの金額になるかを確認しながら、分からないことを質問していくとよいでしょう。

まとめ

とても大切なことなので何度もお伝えいたしますが、不法投棄とは法律に触れてしまう犯罪行為です。ちょっとした出来心でいらなくなった遺品を捨ててしまうことで、言い訳ができない犯罪履歴を残してしまう結果となってしまいます。

そうなってしまうと亡くなった故人も安らかに眠れなくなってしまうので、遺品整理をする際にはかならずリサイクルショップに持っていくか、多少お金がかかっても遺品整理業者に依頼をするようにしましょう。多少のお金がかかってしまいますが、罪に問われるよりかはずっとマシです。

そしてもし遺品整理に関して分からないことがあるようでしたら、遺品整理の手伝いを広島県中心でさせていただいている「整想屋」にご連絡ください。広島県でもお客様満足度No.1という実績を残しながら、遺品整理士と言う資格を持った人材が多数揃っています。

もし分からないことやお見積もり相談などありましたらすぐに相談にのることができますので、お気軽にご相談ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!