1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品整理について
  4. 遺品整理における同意書とは?遺品整理業者に依頼する際の提出書類

BLOG

ブログ

遺品整理について

遺品整理における同意書とは?遺品整理業者に依頼する際の提出書類

身内が亡くなった際に遺品整理を行っていく必要がありますが、近年では時間や手間がかかってしまうという理由で遺品整理業者に依頼をするケースが増えてきています。他にも遺品をそのまま売却してしまったり知人に譲ったりすることが可能ですが、その中で「同意書」が大変重要になってくるということをご存知でしょうか?

買取業者や遺品整理業者、知人への同意書を提出するだけでさまざまなトラブルを回避することが可能です。本記事では、そんな遺品整理時に必要な同意書に関する重要性と注意点について解説してきます。

これから遺品整理をしようとしている人の中で、トラブルを少しでも減らしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

遺品整理について

そもそも遺品整理とはどういったものになってくるのでしょうか?
まずは基本的な遺品整理に関する情報をお届けしていきます。

遺品整理とは?

遺品整理とは、亡くなった故人が残した遺品を片付けていくことを意味しており、家の中を整理していくという意味が含まれています。遺品の中には故人が大切にしていた物や故人が住んでいた家に置いてある日用品などが当てはまり、近年の遺品は処分以外にも売却したり譲ったりするケースが増えてきているのです。

それぞれ整理していくことに変わりはありませんが、家庭によって状況が異なるので処分の仕方も変化してきています。そして正しい処分方法を選ぶことが、故人の弔いに繋がってくるとも言えるでしょう。

遺品整理業者とは?

そんな中遺品の回収だけでなく、遺品の捜索や後片付け、掃除などを行ってくれる業者のことを遺品整理業者と言います。近年高齢者が増えてきたことで遺品整理が困難になってきていることから、全国に業者が増えてきているのです。

ただ遺品整理業者に依頼をする際には、故人の遺品を扱ってもらうということもあって注意を払っていく必要があります。遺品整理業者の中には悪徳業者もいることから、できる限り信頼のできる業者に依頼をしてどのような流れで作業をしていくかなどをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

遺品整理の同意書

遺産相続について

ではそんな遺品整理における同意書とは、どういった書類になるのでしょうか?ここでは同意書の重要性が関する内容を明記していきます。

遺品整理の際に必ず必要な書類

遺品整理の同意書とは、「故人の遺品を片付けても大丈夫」という意味が含まれた、遺族や親族が同意をする書類になります。例えば同意書に「故人の遺品処分に同意をする」と書かれていて親族や遺族の署名があったのなら、遺品の処分を自由に第三者が選択することができるのです。

同意書があれば第三者が遺品を処分するとなっても、親族や遺族が同意をしていることになるので、安心して遺品を処分することができます。

勝手に遺品を売却されないための効果がある

さらに同意書には、勝手に遺品を売却されないようにするための効果があります。遺品整理の際に起こりがちなトラブル例として有名なのが、故人の遺品を親族や故人の知人に勝手に売却をされてしまうというトラブルです。

遺品整理の時に、勝手に遺品を売却してしまうという事例が多発しており、最悪の場合窃盗の容疑で罪に問われてしまうケースも少なくありません。さらには盗んでもいないにも関わらず、窃盗の罪に問われてしまうこともあるので、同意書を作成する人が増えてきているのです。

同意書を用意する・しないは遺族や親族が決めれる

しかし遺品整理における同意書とは必ずしなくてはいけないかと言うと、そうではありません。同意書自体は自分自身で作る必要がありますが、お互いに信頼し合える親族や遺族、知人の場合には必要ありません。

しかし遺品整理を業者に頼む場合などは、故人や親族の同意があって初めて遺品整理を進めていくことが可能です。業者間でのトラブルを避けるためにも、必ず同意書は用意しておき契約を交わすようにしておきましょう。

遺品整理業者に同意書を提出する際の注意点

ではそんな同意書を遺品整理業者に提出する場合、どのような部分に注意をしておけばよいのでしょうか?そこでここでは、同意書における注意点を解説していきます。

捨ててほしくない遺品を書いておく

遺品と言ってもさまざまで、中には処分をせずそのまま売却をしたり遺族や親族が引き継ぐ場合があります。なのでまずは捨ててほしくない遺品を同意書に書いておくようにしましょう。同意書に書いておくだけで遺品整理業者は何を回収していいかを把握することができ、作業へと進むことができます。

また捨ててほしくないものは、遺族や親族に確認を取っておかなくてはいけませんが、遺言書やエンディングノートなどに故人が過去に書き記したものがある場合があるので注意が必要です。なので遺品整理業者に依頼をする前に、遺族や親族、故人の意思を尊重して抜け漏れのないように残しておくべき遺品を記しておきましょう。

遺品の所有権が複数人の場合は全員に確認を取る

遺品を相続するとなった場合や遺産を相続するとなった場合、遺品の所有権が1人ではないケースがほとんどになります。ほとんどの場合、遺産が相続されるとなると相続人は複数人いることが多いので、同意書を提出する際にも相続人全員のサインをもらうようにしましょう。

もし相続人となる人のサインが1人でも抜けている場合、「勝手に遺品を処分してしまうなんて」と言われトラブルのも後になる可能性があります。さらに遺品の中には高価な遺品もあるので、大きな問題に発展してしまう可能性が十分にあるのです。

なので遺品がたくさんある場合や親族が多い場合などは、手間に感じるかもしれませんが同意書を用意してサインをしてもらうほうが安心して遺品整理を業者に依頼していくことができるでしょう。

遺品整理業者の選び方

同意書が用意できた後は、遺品整理業者に依頼をしていく必要があります。しかしどのようにして選んでいくのが正しい選び方なのでしょうか?

そこで以下には、遺品整理業者を選ぶ際の選び方について解説していきます。

実績がある業者を選ぶ

遺品整理業者を選ぶ際には、何より過去にどれだけ実績を出してきたかが重要になってきます。実績が多ければ多いほど、遺品整理におけるトラブルの回避方法や隠れている遺品の捜索も決まってきて、スムーズに遺品整理を進めていくことが可能です。

しかし悪徳業者の場合は、実績がほとんどないうえにちょっとした片付けだけでも多額の請求額を要求してくることがあります。ただ近年では、遺品整理業者を依頼する人が増えてきているということもあって、口コミにて業者がどれだけ実績があるのかを知ることもできるので安心です。

遺品整理士が所属している業者を選ぶ

ちゃんとした遺品整理業者の中には、遺品整理士という資格を持った人材が必ず存在します。遺品整理士とは遺品整理の片付けがスムーズなだけでなく、遺品がどこに隠されているかどのようなトラブルが巻き起こる可能性があるかなど、遺品に関する知識が豊富なのです。

しかし悪徳業者や信頼ができない業者のほとんどは、遺品整理士が在籍していないことがほとんどにになります。なのでまず依頼を電話などでする際には、遺品整理士が所属いしているかを確認してから業者選びをしていくとよいでしょう。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

遺品整理における同意書とは、トラブルを避けるためにも大変重要な書類になります。どうしても故人が亡くなった際には、遺族だけでなく親族も精神的不安定になりがちなので、仲が良かったとしてもトラブルが起きてしまうことが多いのです。

そんなトラブルを少しでも減らしたり、遺品整理を満足に進めるためにも同意書を必ず用意しておくことをおススメします。また遺品整理業者に依頼をする際にも、必ず事前に用意をしておきましょう。

また遺品整理業者選びに困った際には、広島全域対応の「整想屋」に一度ご相談ください。遺品整理士が所属している業者であり、広島県下でお客様満足度No.1という実績を残しています。少しでも遺族の負担を減らせれるよう善処しておる業者になるので、広島県にて遺品整理を依頼する際にはぜひご連絡ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!