1. HOME
  2. ブログ
  3. 貴重品の探索
  4. 孤独死から遺品整理までの流れはどうなる?正しい遺品整理と対処法

BLOG

ブログ

貴重品の探索

孤独死から遺品整理までの流れはどうなる?正しい遺品整理と対処法

  • 「親が1人で亡くなっていたんだけど、その後の遺品整理方法を知りたい。」
  • 「孤独死のあった部屋で遺品整理をしていきたいけど、何に気を付けたらいいのか分からない。」

急に身内が孤独死をしてしまい、上記のような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?
もし部屋で大切な身内が1人で亡くなっていた場合、葬儀を行ったり場合によっては遺品整理をしていかなくてはいけません。

しかし孤独死の場合、一般的な遺品整理とは異なり、ちゃんとした手順を踏まなければトラブルになってしまうケースがあるのです。
なので本記事では、孤独死を発見した後の遺品整理に至るまでの流れについて解説していきます。

身内が孤独死をしてしまい、この後どうしたらいいのか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

孤独死から遺品整理までの流れ

まずは身内の孤独死を発見した場合の流れについてです。
一般的な流れになるので、しっかりと理解しておきましょう。

救急車または警察に連絡する

孤独死を発見した場合でも、いきなり亡くなっていると判断してはいけません。もしかしたら体調を崩して意識を失っているだけの可能性もあるので、まずは救急車に連絡をしましょう。

生きていれば救急隊がチェックをしてくれ、まだ生きている場合は病院に搬送してくれます。しかしそのまま亡くなっていた場合警察に通報をしてくれ、その後の対応を指示してくれるのです。

しかし部屋に入った瞬間に腐敗臭がした場合は、そのまま警察に連絡をしましょう。孤独死をして死後何日も経過している場合は、部屋の中に身体が腐敗したにおいで充満していることがあります。事件か事故かはこの時点では分かりませんが、警察に調査をしてもらう必要があるでしょう。

警察の現場検証から遺族への連絡

警察によって現場検証を行い、事件か寿命による孤独死なのかの調査が入ります。そして孤独死の場合、検死をする際は身元がすぐにわかれば遺体を遺族に引き渡しをしてくれるので、身元を証明し早めに遺体を引き取るようにしましょう。

もし引き取る遺族がいない場合は「身元不明」という扱いになってしまい、「行旅病人及行旅死亡人取扱法」に基づいて、地元の自治体が遺体を火葬する流れとなっていくのです。

火葬または葬儀を行う

孤独死の場合、すでに死後何日も経過していて腐敗しているケースが多いということもあって、そのまま火葬するというのが一般的です。しかし中には死後1日しか経過していないご遺体の場合もあり、親族に引き取られた瞬間に葬儀を行うケースもあります。

ただ中には孤独死したことを周りに知られたくないという人が多く、しかたなく火葬を選んでしまうケースが多いのです。どのような葬儀をするかは親族が決めることになりますが、亡くなった人をどう弔ってあげたいのかという気持ちに合わせて葬儀の形を選んでいくと良いでしょう。

遺品整理を行う

葬儀も落ち着いてきたら、最後に遺品整理をしていきます。孤独死をしている方の家は遺品で溢れていることが多く、生きていた時のままの生活風景が家に残っているケースがほとんど。さらに賃貸の場合は早めの清掃をして引き渡さなくてはいけないので、できる限り早めの対処を行ったほうが良いでしょう。

しかし孤独死の場合、部屋の中は腐敗した臭いで充満しているケースもあるので、遺品の片付けには専門の業者に依頼するほうが安全です。

注意!孤独死のあった部屋に遺族が入れないケース

孤独死があった部屋と言っても、遺族としては早めに遺品整理をしていきたいという人も多いはず。しかし実は孤独死のある部屋には、遺族が入ってはいけないケースもあることをご存知でしょうか?

それが以下の3つのケースです。

  • 特殊清掃が必要なケース
  • 殺人や自殺のケース
  • 火災事故のケース

どういった意味なのか、順番に詳しく見ていきましょう。

死後何日も経過しているケース

孤独死というのは、死後何日も経過しているケースがほとんどです。

そうなると死体は腐敗し、故人が寝ていた場所だけでなく、遺品や部屋などに臭いが染みついている場合があります。そしてそのまま遺族が入ってしまうと強烈な臭いに吐き気を催したり、中にはそのまま倒れてしまう方もいるのです。

なので遺品整理をする前に、特殊清掃を行っていく必要があります。特殊清掃とは部屋を綺麗にするだけでなく、床の建材や家具の処分、細菌や虫の排除などを行い部屋をもとの状態に戻す行為です。

特殊清掃を行うには必ず知識と経験が必要となるので、必ず専門の業者に依頼をするようにしましょう。

殺人や自殺のケース

殺人や自殺となると、遺族の精神状態は普通ではなくなり、中には精神的ショックで倒れてしまう方もいます。遺品整理をしようと思って部屋の片づけをしていたら、血が飛び散っていたというケースも少なくありません。

さらに腐敗臭も寿命による孤独死より、殺人や自殺のほうが残りやすいというのも遺族が入ってはいけない理由の1つです。なので殺人や自殺による孤独死があった場合は、特殊清掃を依頼しておきましょう。

火災事故のケース

部屋の中がゴミだらけになっていてゴミ屋敷状態になっている家では、よく孤独死になってしまうという事件があります。火災事故にあってしまい孤独死をしてしまうと、消防士によって部屋の中を水で鎮火してくれるのですが、中が水浸しになってしまい遺品整理どころではなくなってしまうのです。

水浸しの遺品を整理していくのは極めて難しいので、遺族だけではどうしようもありません。なので遺品整理業者に依頼をして遺品を片付けてもらうようにしていくのが、一般的な流れとなっていくでしょう。

また火災によって他の近隣に迷惑をかけてしまった場合は、弁護士と相談をして法的手段をとることが重要です。

孤独死のあった部屋で遺品整理をしたい場合の対処法

孤独死というのはほとんどのケースで腐敗臭がしてしまうことが多く、遺品の8割は臭いがしみついています。中には遺品を売りたいと考える人もいるでしょうが、ほとんどの場合が処分品になると覚えておいたほうがいいでしょう。

しかし中には、どのように対処していけばいいのか分からないという人もいるはずです。そこでここでは、孤独死をした後に遺族が遺品整理を行っていく場合の詳しい対処法を解説してきます。

特殊清掃もできる遺品整理業者に処分を依頼する

遺品を処分しようと思っても遺品に腐敗臭が染みついていると、ゴミ出しの日に近隣の迷惑になってしまいます。なので孤独死の場合に限っては、できる限り遺品整理業者に依頼をして処分をしてもらうのが無難でしょう。

また遺品整理業者と言っても、特殊清掃も一緒に行ってくれる業者に依頼をすることが重要です。なぜなら、遺品整理業者の中には特殊清掃を行っていない業者もあり、別々で依頼をしなくてはいけなくなってしまうからです。

特殊清掃と遺品整理を別々に依頼してしまうと、その分コストかかってしまい、早めに終わらせたい遺品整理がスムーズに進みません。なので特殊清掃を行いつつ、一緒に遺品整理をしてくれる業者を選んで遺品整理をしていきましょう。

使える遺品だけを残しておく

孤独死で死後何日も経過をしていると、遺体から腐敗臭がしてきて細菌が空中に舞います。そして細菌が遺品についている場合もあるので、必ず故人が亡くなっていた部屋の遺品はキレイな状態かを確認する必要があるのです。

もし目に見えてキレイかどうか分からない場合でも、除菌スプレーなどをふりつけて遺品を綺麗な状態にしておく必要があります。遺品を相続するにしろ売却するにしろ、他の人に迷惑が掛からないように対処をすることが大切です。

まとめ

株式会社修榮 企業理念

孤独死から遺品整理までの流れと、対処法についてまとめていきました。一般的な遺品整理とは異なり、孤独死の場合は細心の注意を払って遺品整理をしていかなくてはいけません。

中には遺族だけで片付けをしようと考える人もいるでしょうが、どんな細菌が潜んでいるか分からないので必ずプロの特殊清掃を施してから遺品整理をしていく必要があります。決して遺族だけで対処しようと考えず、専門のプロに相談するところから始めていきましょう。

また特殊清掃と遺品整理の両方を一緒に行ってくれる業者をお探しでしたら、一度「整想屋」にご相談ください。広島県で活躍している遺品整理業者となっており、お客様満足度NO.1という実績を持っています。

さらに遺品整理だけでなく「特殊清掃」も一緒に行うことができるので、すぐに対処が可能です。もし孤独死で特殊清掃が必要とあれば、電話一本で対処いたしますので、お気軽にお電話ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!