1. HOME
  2. ブログ
  3. 貴重品の探索
  4. 形見分けで起こるトラブルとは?遺品整理の正しい形見分けと対策法

BLOG

ブログ

貴重品の探索

形見分けで起こるトラブルとは?遺品整理の正しい形見分けと対策法

近年の遺品整理では、形見分けをしようとする人が増えてきています。しかしそんな形見分けをしようと考えている人の中には、以下のような疑問を知りたい人がいるのではないでしょうか?

  • 「形見分けをした場合のトラブルについて知りたい」
  • 「正しい形見分けの方法を知りたい」
  • 「トラブルが起こった時の対策法を知りたい」

形見分けとは、ちゃんとした方法で行わないとトラブルのもとになる可能性があります。そのためトラブルを避けるためにも、正しい形見分けの方法を知って遺品整理を行っていく必要があるのです。

そこで本記事では、形見分けのトラブル例について解説しつつ、形見分けの正しい方法やトラブルを回避するための対策法を紹介していきます。

そもそも形見分けとは?

そもそも形見分けとはどういった内容かをご存知でしょうか?
遺品整理において大変重要となるので、詳しい内容を見ていきましょう。

形見分けについて

形見分けとは、亡くなった故人が残した遺品を親族や故人の友人などに譲ることを意味します。遺品とはすべてを残すことはできず、処分されるものがほとんどです。

しかし「処分してしまうのは故人に申し訳ない」という気持ちから、親族や故人の友人に譲るという形を取る形見分けが生まれました。その結果、遺品を処分することなく故人を供養することができるようになっていったのです。

形見分けと遺品整理の違い

よく形見分けと遺品整理を一緒に考える人もいますが、まったく内容は異なります。

  • 形見分け・・・故人の遺品を親族や古い友人に譲り、故人を偲び供養すること
  • 遺品整理・・・故人の遺品を処分したり遺産として残したりして、家の中を整理していくこと

似ているようでまったく違うので、しっかりと覚えておくと良いでしょう。

正しい形見分け方法と時期

形見分けと言っても、ちゃんとした方法とやるべき時期が決まっています。形見分けをしようと思っている人にとっては最低限のマナーになるので、ぜひ覚えておいてください。

形見分けすべき遺品は決まっている

形見分けすべき遺品は決まっており、以下の品が形見分けをしても問題ない遺品となります。

  • 家具や家電
  • 故人が愛用していた物
  • コレクション関係
  • 書籍関係
  • 趣味として使っていた道具類

さらに形見分けできない遺品も決まっており、以下の遺品は絶対に他の人に譲ってはいけません。

  • 現金や金券などお金が絡んでくるもの
  • 免許証や契約書などの重要書類
  • 故人がペットとして飼っていた動物

不用意に譲ってしまうとトラブルのもとになるので、必ず形見分けできるものだけを選んで譲るようにしましょう。

遺品を無理に押し付けるものではない

形見分けとは、親族や故人の友人に遺品を譲るという方法ではありますが、無理に遺品を押し付けてはいけません。あくまで相手の了承を得たうえで譲るのが正式な形になります。

よくある間違いが、以前お世話になったからと言って、故人の友人宅を訪ねていきなり故人の遺品を渡してしまうというケースです。遺族としては善意のつもりだったとしても、もらった人からすると要らない遺品を無理やり渡された、と思ってしまうこともあります。

なので形見分けを行う際には、必ず遺品がいるかどうかの了承を得たうえで、相手に譲るようにしていきましょう。

形見分けをする時期

形見分けは、四十九日法要の後に行っていくのが一般的な流れとなっています。四十九日をもって故人が仏様のもとへと向かっていくといわれていることから、改めて遺品を形見分けすることができるようになるのです。

ただ遺品を譲る相手によっても予定があったり、どの遺品を残して譲るかをしっかりと考える必要があります。なので急ぐ必要はなく、四十九日法要が終わった後は準備が整った状態で形見分けを行っていくと良いでしょう。

形見分けで起こるトラブルとは?

そんな形見分けですが、一歩間違ってしまうとトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。ではどんなトラブルが予想されるのでしょうか?

そこでここでは、形見分けで起こりうる可能性のあるトラブルについて見ていきましょう。

高価な遺品を誰がもらうかのトラブル

親族同士でのトラブルで多いのですが、遺品の中には高価なものが含まれる場合があります。親族の中には相続人として該当する人もいるので、形見分けとなる遺品を自分で選ぶことが可能です。

しかし中には同じ遺品が欲しいという人が出てきて、誰が遺品を受け取るかでトラブルになってしまうケースもあります。そのまま話し合いで終わればいいのですが、ケンカになってしまい関係性が悪くなる可能性も十分にあるのです。

なので取り合いになるようなトラブルはできるだけ避けるように、事前の話し合いが重要となります。

遺品の取り合いになるトラブル

誰が何をもらうかを決めておかなくては、遺品の取り合いになる可能性が出てきます。遺品の中には日用品だけでなく、貴金属類や便利な家電関係、故人が趣味として集めていたコレクション関係などが多数存在するのです。

さらに残された物の価値を知っている人が集まってきて、「古い友人だから遺品をもらいに来た」などと故人の友人かどうかも怪しい人物が出てくることもあります。なので必ず故人とどんな関係性だったのか、今までどんな付き合い方をしてきたのかなどをしっかりと確認して、慎重な形見分けをしていく必要があるでしょう。

遺書が見つかった際に起こるトラブル

故人が残した遺書には、形見分けをしてほしい遺品に関して詳しい記述が書いている場合があります。しかし何も知らない遺族や親族が、遺書の存在を知らぬまま形見分けをしたせいで、トラブルになってしまったケースもあるのです。

いくら故人が亡くなったとは言え、遺書に書いている内容は法的効果も充分に見込めます。「遺書の存在を知らなかった」ではすまなくなってしまうので、必ず遺品整理の時に遺書は一番に確認をすると良いでしょう。

形見分けでトラブルを回避するための対策法

そんな形見分けにおいてトラブルを避けていくためにも、トラブル回避方法を知っておくことは遺品整理にも大変役立ちます。なので順番に、形見分けでトラブルに合わないための対策法を見ていきましょう。

事前に親族と話し合う

トラブルの原因の元は、親族同士で話し合っていないことが主な理由です。しっかりと何を形見分けしていきどれを処分していくかを決めておけば、親族同士でのトラブルが起きることはありません。

また事前に親族と話し合うことができていれば、一緒に遺品整理をしていく中でもスムーズな片付けができるようになっていきます。なのでまずはどんな遺品があるかをしっかりと確認していき、親族の話し合いの中で形見分けにするか処分をしていくかを判断していきましょう。

高価なものはすべて現金に変えてしまう

形見分けで起こりがちなのは、高価なものを譲ってしまうことによるトラブルです。高価なものほど値段に差があるので、まずは現金に変えて平等に遺産として分散させるのがおススメの対策法になります。

ただ中には悪徳業者がやってきて「家の貴重品を売ってほしい」というケースもあるので注意が必要です。亡くなったという情報を掴んで無理やりやってくる人もいるので、必ず専門の買取業者で現金に変えてもらうようにしましょう。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者とは、その名の通り遺品を整理する専門業者となります。部屋の片づけを手伝うだけでなく、不用になった遺品の回収や高価な遺品は買取を行うことが可能です。

さらには遺品整理士という資格を持っている業者がほとんどなので、形見分けをする際のコツやトラブルを回避するための相談がすぐにできます。少しでも安心して形見分けを行っていきたいということでしたら、専門のプロに任せてしまうのも1つの手段と言えるでしょう。

ただもし形見分けや遺品整理に関して不安なことがあるようでしたら、ぜひ一度「整想屋」にご連絡ください。「整想屋」は広島県を代表する遺品整理業者で、県内でもNo.1の実績を誇っています。

さらには買取も受け付けていたり、専門の遺品整理士によるアドバイスも可能です。些細なことでもご連絡いただければすぐに対応致しますので、お気軽にご連絡ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

まとめ

形見分けとはやり方を間違ってしまうとトラブルのもとになってしまうこともありますが、正しい方法を理解していれば、ちゃんとした形で故人を弔うことができます。ただ遺品整理をしていると、バタバタしているので形見分けまで気が回らないことがほとんどです。

さらにはトラブルが起きてしまうと、修復するのに時間がかかってしまうこともあるので、形見和得kについてしっかりと把握してくことが大切になります。なのでもし形見分けをしようと考えている人は、ぜひ本記事を参考にして悔いのない形見分けを行ってくださいね。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!