1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみの処分
  4. 遺品整理で100万円の請求はある?高額請求を避ける正しい業者選び

BLOG

ブログ

ごみの処分

遺品整理で100万円の請求はある?高額請求を避ける正しい業者選び

広島県を中心に遺品整理業者として活動している「整想屋」と申します。
これまでに数多くのお客様に遺品整理に関するご相談を受けてきましたが、今回こんな疑問を持ったお客様とお話をさせていただきました。

「他の遺品整理業者に見積もりをとってもらったら、100万円かかると言われました。そんなに遺品整理に費用はかかるものなの?」

確かに多くの遺品を整理していくということもあって、それなりの金額がかかってくるのが本音です。しかし100万円という金額を提示された場合、少し注意する必要があります。

そこで本記事では、遺品整理に100万円かかる理由について解明していきましょう。また高額請求を避ける正しい業者選びについても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。。

遺品整理で100万円の請求はある?

結論を先に申し上げると、実際に100万円という金額を請求される可能性は十分にあります。なぜなら遺品整理に関する制度は特に設けられておらず、業者で金額を設定することができるからです。

遺品整理業界において専門の「遺品整理士」という資格もありますが、基本的に金額面に関しては一定の金額が定められていません。つまり、高額請求をすることもできたり、逆に低資金でも遺品整理を依頼することができるのです。

ただし高額な請求には何かしらの理由があるので、まずはなぜ100万円かかるかの料金の内訳を見ていく必要があるでしょう。

遺品整理における料金の内訳

では遺品整理を遺品整理業者に依頼した場合、どのような料金の内訳が行われるのでしょうか?まずはどこでお金が発生するのかを見ていきましょう。

遺品の処分費用

遺品を処分するとなると、当然お金が発生します。遺品はゴミとしてゴミ収集車に持ち帰ってもらうこともできますが、大きすぎたりゴミとして出すことができない場合に遺品整理業者が持って帰って処分をしていくのです。

さらに遺品整理をしていくとさまざまな種類のゴミが出てくることもあるので、分別をする分、余計に費用がかかってきます。

トラックの台数と人数

業者にもよりますが、トラックの台数や手伝いに来た人数によっても金額が大きく変化します。台数や人数が多ければ多いほど料金は必然と高くなり、どんどん高額となっていくのです。

また物が多いほどトラックの台数が多くなる可能性が高くなり、早めに片付けをしてほしいと思うならその分人手が必要となります。あくまで台数や人数を決めるのは業者ですが、金額次第で相談をしていくことも可能です。

部屋の間取り

基本的に部屋の大きさによって金額が割り振りされています。
業者によって変わってきますが、1Kの場合だと6~8万円。3LDKの場合だと40万円~50万円ほどかかってくることもあるのです。

部屋が大きければ大きいほど、大量の遺品を置いていることも多いので、必然的に費用も高くなります。

オプション費用

業者によって異なりますが遺品整理に加えて、オプションが付けれることがあります。例えば遺品を回収し終わった後の特殊清掃であったり、遺品を供養するお焚き上げであったりと種類はさまざまです。

オプションによっては高額なものも含まれる場合があるので、便利という理由でオプションをつけていけばどんどん高額になっていくことでしょう。

なぜ100万円もの金額が遺品整理でかかるのか?

実際に料金の内訳を見てきたわけですが、ここまで見ると「100万円という金額には到底たどり着かないのではないか?」という疑問を持たれるかと思います。ただ100万円という高額な請求が発生するのは、大きな原因があったのです。

そこでここでは、なぜ遺品整理業者に依頼すると100万円を請求されたのかの具体的答えを解説していきます。

悪徳業者だった

一番可能性が高いのが、悪徳業者に見積もりを依頼してしまったケースです。先ほどもお話したように、金額設定は業者自身で決めることができます。なので言うなればピンからキリまで設定することができるのです。

実際に金額が定められていないということもあって、遺品整理業者には悪徳業者が増えてきています。なので見積もりをとってから依頼をするというのは、大変重要な項目と言えるのです。

1部屋の間取りが大きかった

間取りで金額が変わってくるとお話しましたが、間取りが大きい場合には金額が大きく変化してきます。例えば同じ1Rの部屋があったとしても、6畳のお部屋と12畳のお部屋では大きさも異なり、置ける遺品も変わってくるはずです。

そうなると片付ける遺品が増えるので、必然的に金額が増えることもあります。業者によって間取りごとの料金設定をしていますが、部屋が大きかった時などは金額が高くなる可能性もあるので注意しましょう。

オプションを付けすぎてしまった

業者によってオプションを付けることができますが、たくさんつけるとそのまま金額が増えていきます。さらに中にはオプションの金額は提示せず、後になってオプション費用を請求してくる悪徳業者もいるので注意が必要です。

いくら便利とはいえ、遺族たちでできる範囲のことは自分たちで極力していくことをおすすめします。

高額請求を避けるための正しい業者選び

そんな100万円という高額請求を避けるためには、正しい業者選びを覚えておく必要があります。なのでここでは、遺品整理における正しい業者選びについて解説していくので、これから業者に見積もりを取ろうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

複数の業者に見積もりを取ってもらう

よく1社目で業者を決定してしまう遺族もいますが、必ず他の業者にも連絡をして複数の見積もりを取るようにしましょう。なぜなら業者によって値段が変わるだけでなく、サービス内容も大きく異なってくるからです。

また複数社の見積もりを取るだけで、依頼をした際の平均の金額を知ることもできます。ただ高額すぎる請求以外にも安すぎる請求は、後程オプションを付けてくる可能性があるので注意しましょう。

実績のある業者を選ぶ

実績のある業者は100万円という見積もりをめったにだしません。なぜなら実績のある業者は、どのようにして遺族の方の負担を減らせれるのかを常に考えているからです。

故人が亡くなると葬儀代金や病院への入院費用の支払い、仏壇の購入など至るところで費用がかかってきます。実績のない業者はそこまで遺族のことを考えておらず、相談もなくそのまま請求を依頼してくるのです。

実績のある業者であれば、過去に数多くの経験を積んできているとあってあらゆるお客様に対応していくことができます。金額面以外にも相続のことや遺品整理が終わった後にすべきことなど、分からないことが相談できるのでおすすめです。

地元で評価の高い業者を選ぶ

遺品整理業者と言えど、まだ全国チェーン店などを出しているところはなく、地区に合わせて業者が点在しています。そんな中で地元で活発的に活躍している遺品整理業者がいて評価が高いようでしたら、積極的に相談をしていきましょう。

地域密着型の遺品整理業者の特徴として、常に地元のお客様を大切にする傾向があります。なぜなら地元の人に愛されれば愛されるほど、噂が広がり評価が高くなるということを知っているからです。

なので近所の人に聞いてみて、一番評価の高い遺品整理業者を選んでいけば、まず問題ないでしょう。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

100万円という金額は、プロの私どもから見ても高いと感じます。つまり悪徳業者の可能性があるか、他のオプションを付けてしまったかなどの確認をしていかなくてはいけないでしょう。

さらに中には「高額な支払いはイヤ」という理由で安すぎる業者を選ぶ人もいますが、雑に遺品を扱われたり物を盗まれる可能性もあるので辞めておいたほうが無難です。できる限り平均の金額を複数社で確認をしてから、自分の家に合った遺品整理業者を選んでいきましょう。

そして、もし広島県で遺品整理を依頼しようと考えた方がいましたら、一度「整想屋」にご連絡ください。地域密着型の遺品整理業界であり、2018年・2019年とお客様満足度No.1という実績を出した遺品整理のプロが集まる会社です。

ささいなことでも質問いただきましたらお応えしていくので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!