1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみの処分
  4. 広島市のごみの分別について
  5. 遺品が捨てられない5つの理由【想い出の遺品を処分するコツと対策】

BLOG

ブログ

広島市のごみの分別について

遺品が捨てられない5つの理由【想い出の遺品を処分するコツと対策】

遺品整理をしていると、「どうしてもこの遺品は捨てられない」といってなかなか片付けが進まないということはありませんか?実は遺品が捨てられない理由は5つあり、明確にしていないと罪悪感にかられてしまうことがあるのです。

そこで本記事では、遺品が捨てられない5つの理由を紹介しつつ、遺品整理のプロ「整想屋」がお伝えする、遺品を処分するコツと対策について解説していきます。

遺品が捨てられない5つの理由

まずは遺品が捨てられない5つの理由についてです。主な理由は以下の5つとなっています。

  1. 時間がなくて捨てられない
  2. 心の整理がついていない
  3. 遺品を捨てるのは故人に対して悪いことだと感じる
  4. 身体的に片付けができない
  5. 何を捨てて何を捨てないかの判断ができていない

それぞれ具体的に、捨てられない理由を解説していきます。

時間がなくて捨てられない

葬儀が終わった後は、手続きなどに追われて何かと忙しいもの。

そしてだんだんと時間がたってくると、仕事に復帰をしなくてはいけないということもあって、遺品整理に手が回せないということがあります。そうなってくると時間がなくて、結果遺品を捨てられないという事態に陥ってしまうのです。

さらに遺族全員がそろうことは葬儀以降なかなかないので、一緒に片付けをする時間を設けることが原因の場合もあります。どうしても遺品整理は1人で片づけるのは厳しく、遺族と一緒に片付けたほうがスムーズに片付けをしていくことができるのです。

心の整理がついていない

捨てようと思っても、まだ心の整理がつかず遺品を捨てられない状態に陥っている可能性があります。ましてや故人と一緒に住んでいた遺族の場合、1つ1つの遺品に想い出がつまっているので、簡単には遺品と向き合うことができないのです。

故人が亡くなったことにショックを受けて、実際に「うつ病」になる人もいます。少しでも心の整理をつけてから遺品整理をしていくのが効率的なので、落ち着くまでは作業を控えるのが得策でしょう。

遺品を捨てるのは故人に対して罪悪感を感じる

遺品とは、もともと故人が所有していたものです。亡くなっているとはいえ、勝手に処分をしてしまうことに躊躇いをもってしまい、結果捨てれないという現象に陥ってしまうこともあります。

さらに遺品によっては故人の魂が宿っていると思っている人もおり、なかなか捨てられないという現象になってしまうのです。

身体的に片付けができない

故人がご高齢の方だった場合、遺族や親族も高齢者である可能性があります。そうなってくると、若い人ほどの体の自由さはなく、スムーズに片付けができないという現象に陥ってしまうのです。

捨てられないものが決まっていても、

  • 重たいものを持ち運べない
  • 歩くこともままならない
  • 腕に力が入らない

などの理由で、捨てるに捨てられない状態の場合もあります。

そうなると遺族だけでの遺品整理は厳しいものになるので、遺族とは違った人に依頼をするしかないでしょう。

何を捨てて何を捨てないかの判断ができていない

遺品整理とは、生きているうちに経験することがほとんどない、大事な行事です。たくさんの遺品を目の前にした瞬間、どれを捨ててどれを捨てないでいるかを瞬時に判断できる人は、そうそういないでしょう。

遺品と言っても何でも捨てて良いものではなく、逆に何でも残していいものでもありません。必ず必要なものと不必要なものが遺品にはあるので、しっかりと判断をしてから処分をしていく必要があるのです。

捨てられない遺品との向き合い方

残置物撤去

なかなか捨てられない状況が起こりうる遺品整理ですが、どのようにして向き合っていけばスムーズに片付けを進めることができるのでしょうか?ここでは、遺品整理において捨てられないものが出たときの向き合い方について解説していきます。

大半がいらないものだということを知るべき

まず第一前提として、家に残っている遺品というものはほとんどがいらないもの、という認識を持つことが大切です。なぜなら家に残っている遺品のほとんどは、故人が捨てるに捨てられなかった遺品に溢れているからです。

例えば、故人が生きていたときは必要だったものも、亡くなってしまっては誰も使う人がいなくなります。そのまま放置をしていても余計に劣化していき、結果処分する羽目になるのです。

重要なのは、早めに処分してしまうか後になって処分するかの違いになります。タイミングは気持ちの整理の問題もあるでしょうが、遺品に愛着がわく前に少しでも早く処分をした方がいいでしょう。

本当に残すべきものは写真や手紙ぐらい

遺品をすべて残しておこうと思うと、相当な量になるはずです。すべてに思い出があるという人もいるでしょうが、本当に残しておくべきものは写真や手紙程度で問題ありません。

家具や家電などはいつか老朽化しますし、使っていた食器などはすでに遺族たちが持っています。他にも趣味で使っていたゴルフバックや、コレクションとして残しておいた遺品も捨てるものではなく相続品として遺族に分け与えるべきものです。

そんな中、遺族が大切に残しておくべきものは「写真や手紙」になるのではないでしょうか。写真とは故人の笑顔が写っているものもあれば、過去を写し出すものでもあります。手紙は故人の特徴や大切な言葉が書き示しているものなので、何度も読み返せるものです。

そのように考えていけば、本当に必要なものだけを残しておき、「必要のないものを処分する」という気持ちになっていくことでしょう。

なかなか捨てられない遺品を処分する方法

作業風景①

ではそんな捨てられない遺品を処分していくには、どのような方法が理想的なのでしょうか?どうせなら身体的にも精神的にも苦痛を感じない方法がいいでしょう。。

そこでここでは、遺族に負担をかけさせない遺品の処分方法を紹介していきます。

お焚き上げ

お焚き上げとは、「遺品の供養」を意味しており遺品を燃やすことで、悔いなく処分できる方法となります。仏教でも神道でもお焚き上げをしており、お寺や神社に遺品を持っていくことで依頼することが可能です。

ただ注意点として、葬儀の時にお世話になったお寺や神社に依頼するのが一般的ですが、中にはお焚き上げを行っていない場所もあります。なのでまずは、お焚き上げを行っているかを確認していくことが先決です。

もしお焚き上げをしていない場合は、お焚き上げをしているお寺や神社を探して、改めて依頼をするようにしましょう。

形見分け

形見分けとは、故人の親族や親友などに遺品を譲るという方法になります。形見分けによって遺品を譲ることは法律的にも問題なく、故人の大切な人に遺品を譲ることで新たな弔いができるようになるのです。

ただ中には無理に遺品を押し付けて譲ろうとする人もいますが、決して無理に押し付けてはいけません。あくまで決定権は親族や親友にあり、遺族が決めるものではないのです。

故人の意思を尊重して、遺品が欲しいと言う親族や親友に遺品を譲るようにしていきましょう。

遺品整理業者に回収してもらう

捨てられない遺品を回収する、遺品整理業者に依頼をすることも処分方法としては最適です。なぜなら遺品整理に関しての知識が豊富で、どれが必要でどれが不必要なのかを経験からアドバイスをすることができるからになります。

最初は誰しもが、遺品整理に関して分からないことがあるはずです。そんな時にそばに遺品整理のプロがいれば、安心して片付けを進めていくことができます。

ただ中には悪徳業者などもいるので、必ず過去の実績が豊富な業者に依頼をするようにしましょう。

まとめ

遺品整理をしていると、なかなか捨てられないものがたくさん出てきます。しかし片付けをしないと、気持ち的にも前に進めることができず、遺品を見るたびに故人のことを思い出してしまうものです。

少しでも気持ちを前に進めていくためにも、まずは少しずつでも仕分けをしてみるところから始めてみてはいかがでしょうか?本サイト(整想屋)には、遺品整理に関する記事がたくさんあるので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

また遺品整理をしていこうと考えた中で、何か困ったことがあった場合は、一度「整想屋」にご相談ください。
広島県を中心に活動している遺品整理業者で、2018年、2019年において2年連続で『お客様満足度No.1』をいただいております、広島県内でも数少ない実績ある会社となっています。

もし遺品整理において分からないことがありましたら、いつでも質問を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!