1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみの処分
  4. 広島市のごみの分別について
  5. 遺品整理で出てくる服の処分はどうするの?遺品整理のプロが解説!

BLOG

ブログ

広島市のごみの分別について

遺品整理で出てくる服の処分はどうするの?遺品整理のプロが解説!

「遺品整理で出てくる衣類はどうやって処分すればいいの?」
「形見として衣類を残してほしい、と言われたらどう対処すればいいの?」

遺品整理をしていると、このような疑問が出てくることはありませんか?
家庭によって出てくる遺品はさまざまですが、必ずと言っていほど出てくるのが衣類関係です。

そんな衣類関係は、処分の仕方を間違ってしまっては、亡くなった人に申し訳がたたなくなってしまいます。そこで今回は、遺品となって出てきた衣類の処分方法を紹介していきます。

これから遺品整理をしていこうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

遺品として残りやすい服を紹介

まずは遺品として残りやすい服の種類についてです。亡くなった故人は、どういった服を遺品として置いておくことが多いのでしょうか?

まずは順番に服の種類を見ていきましょう。

スーツやジャケット

男性に多いのが何と言っても、スーツやジャケットなどの一張羅です。サラリーマンとして活躍してきた男性は、何よりスーツに思い入れがあります。仕事を退職された後も大切にしていることが多く、そのまま保管していることが多いのです。

またジャケットもお気に入りのものを持っている人が多く、スーツと一緒に大切にしまっていることがあります。中には高級なスーツやジャケットもあるので、見つけたらすぐに処分するのは控えておきましょう。

お気に入りの普段着

普段着と言っても、故人の中にはお気に入りの普段着を所有している人が多く、大切に保管している人がいます。普段着と言っても、中にはブランドの服の可能性があるので、いきなり処分するのは控えておくことが大切です。

遺族としては判断しづらいでしょうが、普段どんなイメージの色やデザインを着ていたかを見ていけば思い出すことができるでしょう。

着物や浴衣関係

女性によく多いのが、何と言っても着物や浴衣関係です。中には先代から引き継いでいるという着物を所有している人もいるので、見つけたら他の親族や遺族に確認を取る必要があります。

さらに服の中でも処分するのに一番頭悩ませるものでもあるので、どのように処分していくかを残った人達はしっかりと話し合う必要があるでしょう。

寝るときのパジャマ

寝るときのパジャマは故人の愛用している服でもあります。寝るときの服とは言え、立派な遺品として扱われ、処分するかどうか頭を悩ませる服でもあるのです。

形見として残った服の対処法

ではそんな残される服の種類が分かったところで、次は対処法についてです。
ただ服と言っても、故人の遺志によって「形見」として残された服もあります。

形見として残された遺品はどんなものでも大切に扱わなければいけません。なのでまずは、形見として残された服の処分方法について解説していきます。

寝ている故人の上にかぶせてあげる

もしまだ葬儀中でこれから故人を葬儀にて弔う段階なのであれば、寝ている故人に服をかぶせてあげるのが一番理想的な対処法です。
寝ている故人に服をかぶせてあげるだけでも、普段着ている格好に見せることができるので、普段の格好のまま黄泉へと弔うことができます。

ただ中には服を着せようと考える人もいますが、亡くなる人は白装束というあの世へと旅立つための服を着ます。
お寺によって白装束を着なくてはいけない宗派もあれば、着てもいい宗派もあるので事前にお寺に確認を取っておきましょう。

形見分けを行う

形見分けとは、故人の遺品を親族や故人の親友などに譲ることを言います。
形見として残しておいた服などの中には、故人の思い入れが強いものも多く、形見として取っておきたいという親族もいます。

さらに仲が良かった親友に譲ることも、理想的な形見分けです。自分の大切な服を最も信頼できる友達に持っててもらうのは、故人としても嬉しいことでしょう。

処分をする

もし形見として残った服の中で、どうしてもいらない服が出てきてしまったら、最終手段として処分をしていきます。
いくら形見と言えども、大量の服が合った場合などはすべて、遺族や親族にいきわたらないこともあるのです。

少し申し訳ない気持ちもでるでしょうが、どうしても必要でないと感じた服は処分をしていきましょう。

形見以外の服や衣類関係の処分方法

では形見以外の服が出てきた場合、どのように処分をしていくのが理想的なのでしょうか?
まずは順番に、それぞれの処分方法について詳しく解説していきます。

服のリサイクルショップにて回収・売却する

服は専門のリサイクルショップにて回収、または売却することが可能です。回収の場合はその名の通り回収だけですが、売却の場合は交渉次第でも金額が変わることがあります。

方法としては

  • 直接リサイクルショップに持っていく
  • 宅配便としてリサイクルショップに送る
  • 回収に来てもらう

という方法がありますが、リサイクルショップによって回収方法や売却方法が異なりるので、注意しましょう。

いらないものとして処分する

服をいらないものとして、ゴミの日に処分する方法となります。複は分別さえしっかりしていれば、ゴミとして処分をすることが可能です。ただしあまりにも大量の服がある場合は、近所の迷惑にならないように分けて処分をしていくようにしましょう。

また遺品整理の時によくあるのが、場所を選ばない不法投棄だけはしてはいけません。できる限り近所の決められた場所に捨てるようにすることが大切です。

遺品整理業者に依頼する

服以外にも遺品として処分するものがある場合は、遺品整理御者に依頼するほうが効率的です。なぜなら遺品整理業者に依頼すると、服だけでなく他の遺品も回収してくれるだけでなく、すべての遺品整理を任せることができるからです。

遺品整理とは時間がかかるものですが、どうしても手伝ってくれる人がいない場合は少ない人数で片付けをしていかなくてはいけません。しかし遺品整理業者に依頼をすれば、後ろから見ているだけで問題はなく、すべての片付けをお願いすることができます。

もしこれから服以外にも遺品整理を検討しているなら、遺品整理業者に依頼をして少しでも負担を減らすのが有効的です。

遺品となる服を処分する際の注意点

そんな遺品となる服を処分していく際には、いくつかの注意点があります。これから服を処分していこうと考えている人は、以下の注意点に気を付けながら片付けをしていきましょう。

必ず遺言書がないかの確認をする

遺品となるすべてのものにも言えるのですが、遺言書の中には遺品をどのように処分してほしいか、という故人の最後の願いが書かれていることがあります。
遺言書を確認せずに処分をしてしまうと、故人の想いを無視してしまうことになり、後々トラブルのもとになることもあるのです。

なのでまずは遺言書を確認して、服をどのように処分していくべきかを確認してから整理をしていきましょう。

処分しても問題ないかを相続人に確認する

故人の服とは、言わば遺品です。遺品とは相続人に引き継がれる価値がある物なので、他の相続人に確認をせずに処分をしてしまってはいけません。

なのでもし処分をしてしまおうと思っても、必ず相続人全員に許可をもらってから処分をしていくようにしましょう。

遺品整理業者に依頼する際は実績のある業者に依頼する

もし服と一緒に遺品整理を業者に依頼する際には、必ず実績のある業者に依頼するようにしましょう。遺品整理業者には特に実績がなくても始めれるとあって、悪徳業者も多いことでも有名です。

ほとんどの人は遺品整理をしたことがないので、悪徳業者に依頼をしても「こんなものか」という評価を付けがちになってしまいます。
なのでしっかりと「この業者は安心」「実績がある」「遺品整理士が所属している」など、実績がある業者に依頼をするようにしましょう。

まとめ

故人の服とは思い入れがある物が多く、なかなか処分するのが困難という人もいることでしょう。しかし適切な処分方法を選んでいけば、故人を弔うことにも繋がり綺麗に整理していくことにつながるのです。

ぜひ本サイト(整想屋)を参考にして、悔いのない遺品整理を行ってくださいね。

そんな遺品整理をしていく中で、もし業者を探そうと感じた場合は一度広島遺品整理「整想屋」にご相談ください。
広島県を中心に活動している遺品整理業者で、2018年、2019年において2年連続で『お客様満足度No.1』をいただいております、広島県内でも数少ない実績ある会社となっています。

もし遺品整理において分からないことがありましたら、いつでも質問を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!