1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品整理について
  4. 遺品整理におけるお焚き上げとは?依頼する場所や注意点を紹介

BLOG

ブログ

遺品整理について

遺品整理におけるお焚き上げとは?依頼する場所や注意点を紹介

遺品整理をしなくてはいけないとなった時に、不要だけどなかなか捨てられないものが出てくることがあります。そんな時はどのようにして処分すればいいのか、遺品整理をしたことない遺族はかなりの確率で悩みがちです。

そんな時に必要なのがお焚き上げとなるのですが、何をしていくのかご存知でしょうか?そこで今回は、遺品整理をしていく際に重要となってくる、お焚き上げについてまとめていきました。

遺品整理におけるお焚き上げについて

そもそも遺品整理におけるお焚き上げとはどういった内容なのでしょうか?まずはお焚き上げについて、詳しい内容を見ていきましょう。

お焚き上げとは

お焚き上げとは、遺品整理において出てきた不要なものをそのまま処分するのではなく、感謝の意を込めて火で焼き天に返すという儀式になります。日本から古く言い伝えられている供養の1つであり、物には霊魂が残るということから執り行われるようになりました。

人が急に亡くなってしまうと遺品となるものがたくさん出てきますが、中にはなかなか捨てれない物や捨てにくい物がたくさん出てくることでしょう。そういったときに火をつけて浄化していき、霊魂を天に返していくのです。

神社やお寺で行われることがほとんどですが、近年では代理で遺品整理業者によってお焚き上げを行う事例も増えてきているのです。

お焚き上げをすることの重要性

お焚き上げは何も、物に宿っている霊魂を天に返すための儀式ではありません。遺品はもともと亡くなった故人が所有していた物でもあるので、故人の冥福をお祈りするという意味でも大切な儀式でもあるのです。

さらにはお焚き上げをすることによって、悲しみに暮れる親族や遺族が悲しみから少しでも脱することができるという効果があります。お焚き上げとは、本当の意味で「故人とのお別れ」でもあるので、故人にとっても遺族にとっても重要な儀式と言えるでしょう。

お焚き上げが必要なもの

遺品整理の時に出てくるものの中で、お焚き上げが必要となってくるものは以下の通りです。

  • 人形やぬいぐるみ
  • 寝具
  • 故人が着ていた服
  • 写真
  • 愛用していた眼鏡
  • 故人が寝ていた時に敷いていた畳

他にもありますが、いわば故人の思い出が残っていて火で燃やすことができる遺品がお焚き上げ可能となっています。ただしすべてがお焚き上げ対象とは言わず、遺品として残しておきたいというものがありましたら、相続したい人にそのまま残しておくようにしましょう

お焚き上げをすべき時期

お焚き上げをする時期には、特に決まりがありません。ただ一番分かりやすく言うと、遺品整理が終わり遺品となる物が相続人に引き継がれたのちにお焚き上げをしていくのが一番良いでしょう。

ただし持家の場合は遺品整理の時期を延ばしていくことができますが、賃貸住宅の場合だと契約の関係上早めに遺品整理をしていかなくてはいけません。なぜならその分家賃が発生してしまい、葬儀費用以外にも余計な費用がかかってしまうからです。

故人が賃貸に住まわれていた場合に限って、早めに遺品整理を行っていきお焚き上げをしていく遺品の分類を行っていくようにしましょう。

遺品整理後にお焚き上げを依頼する場所

ではそんなお焚き上げですが、どこに依頼すればよいのでしょうか?そこでここでは、お焚き上げを依頼する際の依頼場所について解説していきます。

神社やお寺

お焚き上げを依頼していく際の1つの方法として、神社やお寺に依頼していく方法です。基本的には葬儀を執り行ってくれた神主や僧侶に依頼をしていくことが多いですが、特に信仰していない宗派でも問題なくお焚き上げをしてくれる場所もあります。

その中でもお焚き上げの方法として、「現場供養」と「合同供養」という2種類のお焚き上げをしていく方法があるのです。

現場供養

現場供養は故人が住んでいたとされる家に僧侶が来て、そのまま音教し供養していく方法となります。そのまま僧侶が来てくれるので、遺品を持っていかなくても済むというメリットがあるのです。

合同供養

合同供養とは、遺品を神社やお寺に直接持っていき、他の家から持ってきた遺品も含めて一緒にお焚き上げをする方法です。他の遺品と一緒に供養してもらう形になりますが、一日ですべての遺品を供養できるというメリットがあります。

遺品整理業者

もう1つの方法が遺品整理業者に依頼をして、お焚き上げを依頼していくという方法です。遺品供養という形で遺品を預かり、専属の僧侶に依頼をしてお焚き上げをしてもらいます。業者に依頼することでたくさんの遺品も持ち帰ってもらうことができるので、遺品を早めに片付けをしていきたいという人におすすめです。

またどんな遺品がお焚き上げできるか分からないという人が、遺品整理をしていくときに必ずといっていいほど出てきます。そんな時に遺品整理業者がいればいつでも相談できるので、まったく分からないという人は遺品整理業者に依頼したほうがスムーズに片付けができるでしょう。

お焚き上げを依頼していく際の注意点

そんなお焚き上げを依頼していくとなった時に、いくつか注意していくことがあります。お寺や神社に依頼する場合や、遺品整理業者に依頼する際において注意点が異なるので注意が必要です。そこでここではお焚き上げにおける注意点を見ていきましょう。

スムーズにお焚き上げをしてくれる方を選ぶ

人によってはお寺や神社に依頼した場合や遺品整理業者に依頼した場合によって、スムーズにお焚き上げをしてくれるかどうかが変わってきます。例えば家からお寺や神社が近い場合は、直接持っていったほうが早いですし、逆に遠い場合は遺品整理業者に依頼をしたほうが圧倒的に早く片付くのです。

遺品整理をしていく上で大切なのが、どれだけスムーズに片付けを済ましていくかが求められます。早めに片付けをすましていくことで、亡くなった悲しみから前へ進むことができるのです。なのでできるだけスムーズにお焚き上げができる方を選んでいき、大変な遺品整理を終わらせていきましょう。

依頼を引き受けてくれない神社や寺もある

大抵の場合はお焚き上げをしてくれる神社やお寺がそろっているものですが、中には依頼を引き受けてくれない神社やお寺もあるので注意しましょう。一般的には菩提寺に依頼をしたり専属の神主に依頼をすることがほとんどですが、お焚き上げをしていない可能性も十分にあります。

その場合は他のお寺に依頼をしたりする場合もありますが、スムーズに片付けが済む遺品整理業者に依頼をしていくのもよいでしょう。まずはいつもお世話になっているお寺や神社が、お焚き上げをしているのか確認をしてからどこに依頼をするかを考えていきましょう。

あまりにもお焚き上げする品物が多い場合は業者へ

遺品の量があまりにも多い場合は、お寺や神社に持っていくのは困難を極めます。そんな場合は遺品整理t業者に依頼をしたほうがよいでしょう。なぜなら業者に依頼すれば、一度に大量の遺品を持ち帰ってくれ、そのまま供養をしてくれるからです。

また遺品の数が多すぎると、どれから手をつけたらいいか分からなくなる時があります。そんな時に遺品整理業者に依頼をすれば、すべての遺品を片付けしてくれるだけでなく貴重品の発見や不用品の回収もしてくれるのです。

もしこれからお焚き上げを考えている人は、遺品整理もかねて業者に依頼することを考えてみてはいかがでしょうか?
もし広島県でお焚き上げを依頼したいと感じたら、ぜひ遺品整理業者でもある「整想屋」にご相談下さい。遺品の供養はもちろんのこと、遺品整理をスムーズに片付けしていくことが可能です。分からないことは随時受付中なので、お気軽にご相談ください。

まとめ

お焚き上げとは、亡くなった人に対して弔いを表す大切な儀式になります。どれだけ亡くなった人を弔うかで、故人を忘れることなく遺族が前に進めるかが変わってくるのです。もし遺品整理をしていく中で処分したいものが見つかったら、亡くなった人のためにもぜひお焚き上げという選択を選んでくださいね。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!