1. HOME
  2. ブログ
  3. 貴重品の探索
  4. 遺品整理で現金が出たらどうするの?トラブルを無くすための対策方法

BLOG

ブログ

貴重品の探索

遺品整理で現金が出たらどうするの?トラブルを無くすための対策方法

遺品整理において家の中を綺麗に整理をしていきますが、その中で現金が出てくることがあります。昔の人は通帳などにお金を貯めることなく、家のどこかに現金を隠していることがほとんどです。

しかしこの現金が見つかることによって、様々なトラブルも起きてしまうことをご存知でしょうか?そこで今回は、遺品整理中の現金トラブルを防ぐための対策について詳しく解説していきます。

遺品整理中に出てくる現金について

身内の誰かが亡くなった際には遺品整理をしていくことが一般的ですが、現金が出てくることもよくあります。ではそのときに出てくる現金とは、どのような場所で出てきてどのような扱い方をされるのでしょうか?

まずは遺品整理と現金の関係性について解説していきます。

遺品整理中の現金はすべて遺産となる

部屋を片付けているときに出てくる現金ですが、結論を先に申し上げるとすべてが亡くなった方の「遺産」という扱い方になります。これは金額の大きい小さいに関係なく、たとえ少額だったとしてもすべてが遺産として扱われるので、大変注意が必要です。

さらに遺産はすべて相続人によって分けられるので、どれぐらいの金額をそれぞれで分けていくかを話し合う必要があります。現金による問題が遺産相続において最も多い問題なので、現金を見つけたときには必ず報告をするようにしていきましょう。

遺品整理中に現金がよく出てくる場所

遺品整理をしていくと、どうしても一気に片付けようと動く人が多いので、知らぬ間に現金を処分してしまっていたということがあります。なので事前に現金がよく隠されている場所を把握しておく必要があるでしょう。

ちなみによく現金が隠されている場所としては、

  • キッチンの棚の中
  • 冷蔵庫
  • タンスの中
  • 額縁などの裏側
  • 布団や敷布団の下(または中)
  • 仏壇や神棚の中
  • 机の引き出しの奥(または裏側)
  • 本棚

などがあげられます。

もし遺品整理をしていき現金を探そうと思ったら、以上の点を中心的に探していくと良いでしょう。

遺品整理で現金が出たあとにすること

遺品整理中に現金が出てくると、その後どのように処理していけば分からないということはありませんか?もちろんそのまま遺産として扱っていくことが求められますが、その後の対処法も重要になります。

そこでここでは、遺品整理中に現金が出た後の対処法を見ていきましょう。

遺産目録をつけるのは必須

遺産目録とは、親の遺産にかかってくる相続税などを計算するときに役立つ記録表で、相続税を申告する際には大変役に立つものとなります。ほとんどが遺書などにどれだけの遺産が残っているかが分かりますが、いざ遺品整理をしていく際にも部屋の中から現金が出てくることがあるのです。

その時に目録に記帳をしていくことで、遺産分割協議の時に必ず役立つことでしょう。ただし見つけた本人が申告しない限り、見つかった現金が目録に記帳されることがないので、相続人がしっかりと立ち合いをしながら片付けをしていくのが理想的です。

遺産分割協議を行う

遺産分割協議とは、遺産を相続人にどれぐらいの割合で分け合うかという話し合いをすることを意味します。一番スムーズに進めるには、遺言書に書かれている通りに遺産を分け合うという方法です。

しかし中には何も書かれていないことがあり、専門家を呼んで一緒に遺産を分け合う話し合いをしていくことがあります。ただ相続した現金には相続税がかかってくるので、どれぐらいの金額になるかを考えながら遺産を分け合うとトラブルを減らすことにつながるでしょう。

遺品整理の現金が盗まれるというトラブルも

資産

遺品整理中とは1人ですることはほとんどなく、相続人同士で行うか遺品整理業者を呼んで片付けをしていくことがほとんどです。しかしその時に現金が盗まれるというトラブルが多いということをご存知でしょうか?

実際に広島県においても、遺品整理中に現金が無くなったという事件が後を絶ちません。ここではそんなトラブル例を順番にご紹介しましょう。

悪質な業者によって盗まれる

遺品整理業者の中には、多額の金額を請求したり乱雑に遺品を扱うという業者が存在します。その中で一番気をつけなくてはいけないのが、現金を見つけたときの扱われ方です。

実際に合った事件として、悪徳業者が回収に来て遺品を綺麗に回収してくれるところまではよかったのですが、遺書を開けてみると「部屋の至る所に現金が置いてある」と書いていたのです。後に業者に連絡をしてみたが、「そんなものはなかった」の一点張りで結果存在したのかどうかも確認できずに終わってしまった、という例があるのです。

この時一緒に立ち合いをしていなかったなどの問題もあったため、結局現金は見つからないという結果となってしまいました。こればかりは本当になかったのかもしれないので、確認のしようがなかったと言えるでしょう。

親族の誰かに盗まれる

一緒に遺品整理を手伝ってくれるということで、親族が手伝ってくれるとなった時もトラブルを引き起こす可能性が十分にあります。相続人でない人が片付けをしていく際に、いざ現金を見つけたとしてもその場で盗んでしまう親族も充分に存在するのです。

信頼できると思っても「見つけたのは自分だから」という認識で、盗んだ本人は何の悪気も感じていない可能性があります。親族だからこそ、特に確認もせずそのまま現金を回収されてしまうということも充分にあるので注意しましょう。

遺品整理中の現金トラブルを防ぐための対策方法

ではそんな遺品整理中における現金トラブルを減らしていくためには、どのような対策を取っていくべきなのでしょうか?そこでここでは、遺品整理中に出てくる現金におけるトラブルを防ぐための対策方法を紹介していきます。

相続人が立ち合いをする

何より遺族が遺品整理に立ち会うのはもちろんですが、遺産の相続に関わってくる相続人にも立ち会ってもらうことが重要です。どうしても見つかるのが現金とあって、相続人の1人が現金を見つけばれないように隠し持っていたとしても、あとで遺書などで隠していた場所を明かされたとき一番追い込まれる可能性が高くなってしまいます。

現金を盗んだことになってしまうので、下手をしたら遺産をもらえなくなってしまう可能性も十分にありえるでしょう。こうなることを防ぐためにも、相続人には立ち合いをしてもらったほうが後のトラブルを回避することに繋がっていくのです。

現金がありそうな場所を事前にチェック

先ほど現金が隠されている場所を説明しましたが、先に現金があるかどうかをチェックしておくという方法も効果的です。部屋の中全てをチェックする必要はないので、探す場所もすくなくて済みます。

しかし他の場所に隠されている可能性があるので油断は禁物です。しっかりと確認をした後は、他にも隠せれそうな場所がないかをしっかりと見つけて探していきましょう。

過去の経歴で実績がある業者を選ぶ

こちらは業者に遺品整理を依頼する際の場合ですが、今まで何の実績もない遺品整理業者に依頼するのは大変危険です。これまでどれぐらいの件数をこなしてきたか、お客様の口コミはどんな声をもらっているか、遺品整理士資格を持っているか、など確認できる部分はすべて確認しておきましょう。

そうしていくことで安心して業者に依頼することもでき、現金が見つかったとしてもすぐに遺族、または相続人に相談をして受け渡しをされます。なのでまずは、優秀な遺品整理業者があるかを探していき、安心してお任せできる業者を探していくのがおすすめです。

まとめ

遺品整理においての現金トラブルは、どの家でも必ず巻き起こる可能性があるものです。しかしほとんどの人は遺品整理を経験したことがない人ばかりなので、下手をしたら現金があることを見逃してしまうことが多々あります。

なのでこのようなトラブルや現金が見つからないという可能性を減らすためにも、優秀な遺品整理業者に依頼をしていくと安心です。もし遺品整理業者をお探しの方で広島県在中の方がいましたら、一度遺品整理業者「整想屋」にいつでもお気軽にご相談ください。

遺品整理において、お客様満足度No.1を2年連続で受賞している業者です。実績もさることながら、現金が見つかった時の対処もばっちりでさらに過去の例から現金が出やすい場所を共有することもさせていただいております。

いつでもご連絡いただければ対応はさせていただいておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!