1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品整理について
  4. 遺産相続における期限とは?遺産分割の時効と手続き方法や対策

BLOG

ブログ

遺品整理について

遺産相続における期限とは?遺産分割の時効と手続き方法や対策

遺産相続について

遺産相続においてもっとも忘れがちなのが、相続において期限があるという時効です。遺産相続の手続きをしていこうとなった場合、ほとんどの手続きが期限があることをご存知でしょうか?

もし期限を知らずに遅れて手続きを行ってしまった場合には大変なことになってしまう恐れがあるのです。そこで今回は、期限が定められている遺産相続の手続きについて解説しつつ、対策方法を紹介していきます。

遺産相続において期限が設けられている手続き

遺産相続に必要な手続きはいくつかありますが、期限が設けられているのが特徴となっています。いざ遺産相続における手続きをしていこうと思っていても、中には期限が過ぎてしまってできなかった、という人もたくさんいるのが現状です。

ではそんな遺産相続において、どのような手続きがあるのでしょうか?まずは期限が設けられていて、必ずしておいたほうがいい手続きを紹介していきます。

相続放棄や限定承認

相続放棄とは、亡くなった人の遺産などの相続を放棄することを意味します。一見相続放棄をすることは遺産を放棄することなので、「損をしてしまうのでは?」と思いがちです。しかし遺産を相続するメリットもあれば、借金も引き継がれるので、借金がある場合は早めの手続きをしておく必要があります。

また限定承認とは、借金が残っていたとしても残っている遺産で払える金額分のみを返済にあてがうという方法です。これら2つの手続きが可能な期限が、民法915条によって「相続があると分かった瞬間から3か月以内」と定められています。

借金が返済できるかどうかが関わってくるので、優先的に終わらせたい手続きと言えるでしょう。

準確定申告

準確定申告とは、亡くなった人が事業などを行っていた場合毎年行っていた確定申告を相続人が代わりに行っていくという手続きになります。金額に応じて確定申告を行わなくても問題ない場合がありますが、ほとんどは相続人によって準確定申告を行っていくことが一般的です。

さらに準確定申告の期限は相続放棄や限定承認ほどあいまいなものではなく、亡くなった日から4ヶ月以内と明確となっています。もし手続きを忘れてしまっていて、亡くなったことを聞いていなかったとしても、期限は変わらないので注意が必要です。

遺産分滅殺請求

遺留分とは、簡単に言うと遺産の振り分けの時に最低限の財産の保証を獲得できる権利のことで、亡くなった人との関係性によって割合が変化します。例えば両親のみが相続人だった場合、相続される財産のうち遺留分の割合は1/3になり、それ以外の場合だと1/2と定められているのです。

そして遺留分減殺請求とは、遺留分を侵害されてしまった場合に限り、侵害額を受遺者に請求していくことを意味します。申告できる期限は、相続が発生してから1年と長いですがこれを過ぎると請求自体ができなくなってしまうので注意しましょう。

相続税申告

もし両親が亡くなった場合、遺産を相続することになりますが、その際には相続税が発生します。この時にもし遺産が3,600万円以上残っている場合、相続人は相続税申告の手続きをしていく必要があるのです。

相続税申告の手続きにおける期限は、相続する遺産があると分かってから10か月以内となっています。手続きを行っていくには、亡くなった人が住んでいたとされる税務署に届け出をしなくてはいけないので、忘れないようにしましょう。

相続税の軽減措置や更生請求

相続税とは家庭によっては多額の金額を支払わなくてはいけない場合がありますが、配偶者控除や小規模宅地の特例として金額を軽減することができます。どうしても相続税を支払えないという人の場合や相続税の税額が間違っている際に利用できる制度なので、活用しない手はないでしょう。

また期限に関してですが、相続税申告にて定められている期限に合わせて5年の猶予があります。つまり正式には、5年と10ヶ月以内でしたら軽減措置や構成請求を行っていくことが可能です。

期限が設けられていない遺産相続手続き

では逆に期限が設けられていない、遺産相続手続きとは何があるのでしょうか?順番に見ていきましょう。

不動産関係の相続

亡くなった人の中には不動産を所有している人もいますが、相続においての登記はすぐに行う必要がありません。ただしそのまま亡くなった人の名義で不動産契約をしていると、相続人同士でのトラブルになる恐れを秘めています。

なので不動産を所有していることが判明したら、早めに手続きしていくのがおすすめです。

遺産分割協議

遺産分割協議とは、遺言書などにて遺産に関する分割方法を定めていない場合、相続人同士で話し合いをしていくことを意味します。相続人全員で行っていく必要があるので予定を合わせていくのが大変ですが、特に期限が設けられているわけではありません。

ただし相続放棄の期限なども考えていくと、早めに決めていくほうが無難と言えるでしょう。

生前残していた貯金の解約や名義変更

もし人が亡くなった場合、貯金をしていた通帳などが死亡発覚となった瞬間凍結されます。凍結を解除して、今後お金を引き出していくためには、相続人の全員が許可を出して手続きに必要な書類を提出していかなくてはいけません。

ただ早めに手続きをしておかないと、貯金の存在を忘れてしまうこともあります。相続人全員の許可が必要なので、集まっているタイミングを見計らい手続きを済ませていきましょう。

遺産相続においての手続きが期限切れになった場合

では遺産相続において必要な手続きとしてそれぞれ期限が設けられていますが、もし手続きが遅くなってしまった場合どのようなリスクを抱えてしまうのでしょうか?

そこでここでは、期限を超えてしまった場合のデメリットについて解説していきます。

延滞金を取られることもある

もし遺産相続において手続きが遅くなってしまうと、延滞金が発生してしまう可能性があります。例えば相続税の申告が遅くなってしまった場合、払わなければいけない税金が延滞されたということになるので、延滞金を納めなくてはいけなくなってしまいます。

延滞金の金額は、相続する金額が大きいほど膨れ上がってしまうので、早めに対処しておいたほうがいいでしょう。

借金を相続することになる可能性がある

延滞金以外にも、手続きを疎かにしていた場合借金を背負ってしまうケースもあります。例えば相続放棄をすることで借金を相続しなくてよかったはずなのに、手続きをし忘れたという理由で借金を背負ってしまうこともあるのです。

他にも借金が出てきたことを理由に、相続人同士でのトラブルが起こってしまう可能性があります。借金によるトラブルを避けるためにも、早めの手続きをしていくほうが良いでしょう。

遺産相続の期限を過ぎないための対策

遺産相続において手続きの期限を過ぎないためには、事前に対策を練っておくことが大切です。そこでここでは、トラブルを防ぐための対策方法について詳しく解説していきます。

亡くなったら早めの対策を

どうしても人が亡くなると、相続などのことを忘れたいがために手続きを忘れがちです。しかしながら手続きを進めていかなくては、多額のお金を支払うことになり余計な悪循環を生み出す可能性があります。

ただ人が亡くなった後というものは、中には手続き自体に気が進まないという人もいることでしょう。なので相続人同士で協力し合い、すべての手続きを1人で進めないということが重要です。親族同士で協力し合うことで、期限を気にせず手続きを済ませることに繋がっていきます。

生前整理を済ませておく

手続きの際に遺産におけるトラブルはつきものです。相続人同士でトラブルが起こってしまうと、手続きのことを忘れてしまい、挙句の果てには期限切れになってしまったという例も少なくありません。

なのでこのようなトラブルを事前に防ぐためにも、生前整理をしておき残った相続人に迷惑をかけないようにしていくという考えを持つことが重要です。近年では「終活」をしていく人も増えてきているので、もし事前に対策を練れる状態なら、早めの対策を練ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

遺産相続においての手続きに期限があるということは、ほとんどの人が知らない事実です。それは人が亡くならないと経験しないことなので仕方がないことですが、事前に対策を練っておくだけでも大きく改善されていくことでしょう。

もし生前整理をしていく中で遺品整理をしていくことになりましたら、ぜひ一度業者でもある「整想屋」にご相談ください。広島県を中心に活動している遺品整理専門の業者で、これまでに生前整理に関する相談も引き受けてきました。

もしこれからの遺産相続についての悩みがありましたら、お気軽にご連絡ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!