1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品整理について
  4. 不動産売却における残置物の処分は誰がする?撤去方法や対策について

BLOG

ブログ

遺品整理について

不動産売却における残置物の処分は誰がする?撤去方法や対策について

残置物撤去

家庭の事情によって不動産売却をする人が増えてきている一方で、その前に残置物の処分をお願いする依頼が多くなってきています。ただお客様にお伺いしていくと、「残置物を置いたまま不動産売買を依頼したい。」と考える人が多いことが分かりました。

私ども残置物処理業者である「整想屋」は、お客様が抱える残置物の問題を見てきました。では不動産を売りたいとなった時に、残置物を置いたまま売却を進めていくことが可能なのでしょうか?そこで今回は、不動産を売却したい場合の残置物の処理について解説していきます。

不動産売却における残置物

遺産整理について

不動産売却の際には、家に使っていた家具や家電、寝具などが大量に残っている場合があります。これらのことを残置物と言うのですが、関係ないと考えている人も意外に関わりのあるものだということをご存知でしょうか?

まずは誰しもが将来的に考えなくてはいけない、不動産売却における残置物について詳しい内容を見ていきましょう。

相続の際にも不動産売却の可能性がある

  • 「一軒家を持っていないから関係ない」
  • 「将来的に売るような物件はない」
  • 「不動産を買う予定がない」

このような意見をお客様からよくお伺いいたします。しかし意外にも不動産売却はとても身近なものなのです。

例えばご両親が亡くなった際に家を引き継ぐとなった場合は、家の相続権が親族や親戚に与えられます。しかしその際に、相続で揉めないためにも持ち家を売却して現金化しておくという方法があるのです。その際に家に置いてあるものは遺品でもあり、残置物となります。

不動産を売却する際には残置物がたくさん

家に残っている残置物を、不動産売却のために処分するとなったとしましょう。この際にほとんどの人は、残置物の量に驚くこととなります。家によって様々でしょうが、意外にも捨てられないものがあったり、今まで大事にしていて捨てきれなかったというものはたくさん出てくるものです。

大量に出てくる残置物を見てしまうと、いざ片付けをしようと思っても一向に進まず不動産を売却する際に一緒に引き取ってもらおうと考えます。早めの対策をしておけば問題ないのですが、不動産を売却するまでに気づかないことがほとんどなのです。

残置物は不動産売却の時に置いてても大丈夫?

遺品整理における順番とは?プロによる片付け術を紹介!

ではいざ不動産売却を考えることとなったとしましょう。この時ほとんどの人が考えるのが、「そのまま家に残置物を置いていてもいいのか?」という疑問点です。実は残置物をそのまま置いておくには、ある一定の条件が必要となる事をご存知でしょうか?

ここでは残置物をそのまま置いていてもいい条件が何になるのかを見ていきましょう。

一般的な取引の場合

一般的な取引とは、売主と買主の間に不動産会社が仲介に入って売却を進めていくことです。買主がすでに発生しているので、売主は家を空っぽの状態にする必要があり、残置物も処分しておく必要があります。

さらには買主が購入前に家を見に来ることもあるので、できる限り部屋を綺麗にしておく必要もあるでしょう。売却するなら、できる限り高額で売りたいと考えるのが売主の気持ちです。なので少しでもスムーズにかつ、満足のいく取引を行うなら残置物を処分しておくのが得策となります。

不動産会社が買収する場合

買主がおらず不動産会社に買取を依頼する場合には、残置物の撤去を必ずしもしなくてはいけないという決まりがありません。不動産会社としても残置物があることを想定して見積もりを出してくれ、ありのままの買取をしてくれます。

他にも最初に残置物処分費用も含めた売却金額と、残置物が何もない状態での売却金額を提示してくれる不動産会社もあるので安心です。売却に関しても、できるだけ見積もりが高い不動産会社を選ぶのが得策となります。

不動産売却における残置物放置はよくない?

買主がおらず不動産会社のみの取引となった場合、残置物処分をしなくても大丈夫、というお話をさせていただきました。しかし不動産を売却するとなった時に、そのまま残置物を放置しておくのは印象が良くないのです。

ここではそんな不動産を売却する際に、残置物をそのままにしておくとどうなってしまうのか、について解説していきます。

見た目が悪い

不動産会社も家を買取するなら、できる限り綺麗な状態で家を買取して売買を終わらせたいと考えています。しかし残置物が残っている状態だと部屋が綺麗に見えず、印象が悪くなってしまう場合もあるのです。

さらには見た目が悪いという理由で、思っていた金額よりも安価で買取をされてしまうというケースも少なくありません。不動産会社もありのままの家を見たいと考えているので、できる限り残置物がない状態で家を売却したほうがいいでしょう。

不動産会社によっては高額になる事も

残置物の処分を不動産会社に依頼するとなった場合、当然その分の処分にかかってくる費用が発生します。残置物の量によって金額は左右されますが、不動産会社によっても金額が大きく変化することもあるのです。

せっかく多額の資金を得ようと持ち家を売却しようと思っても、残置物の処分を依頼したことによって高額となったという事例が目立っています。なのでもし不動産会社に処分を依頼するとしても、できる限りは料を少なくしてから依頼するようにしましょう。

トラブルのもとになる

不動産会社に売却をそのまました後に、残置物を改めて回収したいとなる人もいます。しかしすでに処分されていたり、次に住む買主のものになっていたりしてトラブルを引き起こす可能性が出てきてしまうのです。トラブルを避けるためにも、本当に必要ないものかを把握し依頼するかを考えるようにしましょう。

売却前に残置物を自分で処分する方法

では不動産会社に依頼をせず、自分で残置物を処分するとなった場合、どのような方法で処分することができるのでしょうか?ここでは、自分で残置物を処分する方法について解説していきます。

ゴミの日に処分していく

ゴミの日に残置物を処分していく方法になります。残置物には大きいサイズのが多いので、粗大ごみとして処分することがほとんどどですが、地域によって回収してくれない物もあるので注意が必要です。

また大量にあるからといって、早めにゴミ捨て場に置いてしまうと近所の迷惑となってしまうので避けるようにしましょう。近所に迷惑をかけない残置物処理が正しい処分方法となのです。

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップは、古くなった家具や家電などを回収してくれます。中には回収に来てくれる業者もありますが、自分で持っていかなくてはいけない場合もあるので注意しましょう。またできる限り回収に来てくれる業者を選んでいくのが1つのポイントです。

残置物処理業者に依頼する

残置物処理業者とは、家に残っている残置物処理を専門的に回収している業者になります。回収だけでなく部屋の清掃も行っていくので、これから不動産売却を考えている人にとってはありがたいサービスとなることでしょう。

ちなみに広島県を中心に活動している、私ども「整想屋」も残置物処理業者でもあり、遺品整理業者でもあります。これから不動産売却を考える人の中には、遺品整理を同時に考えることもあるでしょう。もしこれから家の整理をしていこうと考えている人は、いつでもお気軽にご相談ください。遺品整理士の資格を持ったプロがいつでも対応させていただきます。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

まとめ

遺品整理業者に頼むメリット

不動産売却における残置物とは、必ず出てきてしまうものです。あまりの量の多さに投げ出してしまいたくなる人もいますが、不動産会社に依頼をしてしまうと思ったより高額になってしまう時があります。満足のいく不動産売却をしていくためにも、自分のスタイルに合った方法を選んで残置物処分をしていきましょう。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!