1. HOME
  2. ブログ
  3. 残置物撤去について
  4. 夜逃げした家の残置物は誰が片づけるの?費用は誰が支払うの?

BLOG

ブログ

残置物撤去について

夜逃げした家の残置物は誰が片づけるの?費用は誰が支払うの?

残置物撤去

賃貸を貸している管理人にとって一番避けたいのは、夜逃げによる残置物の片付けです。近年においても夜逃げは全国で起こっており、処分方法に困っている管理人は多くいらっしゃいます。

そんな残置物ですが夜逃げされた場合、誰が処分を行ったり、処分にかかった費用を支払ったりするのでしょうか?そこで今回は、夜逃げした際にある残置物の片付けを誰がするのか、支払いはどうなるのかについて解説していきます。

夜逃げした時の残置物とは

遺品整理における順番とは?プロによる片付け術を紹介!

そもそも残置物とは、いったいどういったものを表すのでしょうか?まずは、残置物がどういったものなのかを詳しく見ていきましょう。

残置物について

残置物とは不動産業界で使われる単語で、家を退去するとなった時に残っている私物のことを意味します。最終的には所有者が処分をしていくのが一般的ですが、夜逃げによって所有者がそのまま家に残して出ていくというケースがあるのです。

このケースが起こってしまうと、残っているものを所有者ではなく第三者が処分していく必要があります。

設備によって異なる

賃貸によっては、もともと設置されている家具・家電などがあり、これらは残置物には該当しません。住み始める当初から設置されているのでしたら問題はありませんが、夜逃げした人が自分で購入したものはすべて残置物になります。

なので賃貸などの部屋を貸す人は、最初部屋を貸すときに部屋の中にもともと置いてある物を把握しておく必要があるので注意が必要です。どれが残置物かを把握しておくと、いざ所有者が夜逃げしても対応していくことができるでしょう。

夜逃げした時の残置物は勝手に片付けできない

家を今後も賃貸として貸したい管理人からしたら、残置物は邪魔なものでしかありません。いち早く片付けをしていきたいところですが、勝手には片付けはできません。ではなぜ片付けが勝手に片付けできないのでしょうか?

以下には残置物を勝手に片付けできない理由や、片付けを行える人について解説していきます。

所有権は前の入居者

夜逃げしたとはいえ、所有権がいきなり他の人に移るということはありません。もともと持っていたのは前に入居していた人なので、所有権は前の入居者になります。

これはもし賃貸契約が終了した場合でも当てはまり、勝手に残置物を片付けていこうものなら、「所有権侵害」に該当してしまう場合があるのです。もし片付けを行っていく場合は、しっかりと了承を得なければ片付けしていくことができません。

保証人に責任がいくことも

賃貸契約の場合、ほとんどの不動産会社は保証人をつけてから賃貸をお貸しします。なのでもし夜逃げした際に前の入居者との連絡がつかない場合は、保証人に責任がいくこともあるのです。

なので保証人となった人は、責任をもって残置物を処分していく必要があります。

勝手に片付けしてしまうと裁判になることも

もし部屋の片づけをしなくてはいけないからと言っても、勝手に片付けをしてしまうと裁判になってしまうことがあります。実際にあった例を挙げると、夜逃げした際に残ったものだからといって勝手に片付けした管理人がいらっしゃいました。

しかし夜逃げした人がいざ戻ってきた際に、片付けられた部屋を見て訴えられそうになる事件があったのです。この時は裁判にはなりませんでしたが、実際に起こりうる可能性があります。裁判となると勝手に片付けした側が非となる場合もあるので、注意しましょう。

法的手段をとれば勝手に処分することもできる

夜逃げしたものを勝手に片付けるのはよくありませんが、法的処置をとれば貸主が片付けすることも可能です。ただ法的な処置をとっていくには、専門的な知識が必要となってきます。

もし分からないことがありましたら、残置物の処分を行っている「整想屋」にご相談ください。残置物の処分に関するお悩みにお答えしていきます。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

夜逃げした家の残置物を片付ける費用の支払い

ではそんな残置物を処分するとなった際には、誰が支払いをしていく必要があるのでしょうか?ここでは、片付けを行っていく際にかかってくる費用について詳しく解説していきます。

所有者が支払う

基本的には、前に住んでいた居住者、すなわち残置物の所有者が片付けにかかってくる費用を払う義務があります。しかし夜逃げした際、ほとんどが連絡がつくことがなく、所有者が支払うというケースは稀と言えるでしょう。

所有者に支払ってもらうように早めの対策を練っていくことが重要ですが、期待をするのは大変難しいです。どうしても所有者を探し出し、支払をお願いしたい場合には弁護士に相談していくのも良いでしょう。

保証人や親族が支払う

賃貸契約の際には保証人をつけますが、片付けに費用が発生した場合、処分した費用は保証人がもつか所有者の親族が支払う場合があります。この場合だと保証人が残置物の処分を行い、親族が代わりに処分にかかった費用を払うケースがあるのです。

あくまで処分に関しての責任は保証人にはありますが、支払いに関しては親族も関わってきます。トラブルを少しでも少なくするためにも、保証人と親族はしっかりと話し合う必要があると言えるでしょう。

貸主が支払うことも

法的手段をとって残置物を借主が処分することになった場合、支払は借主が行っていく必要があります。しかし法的手段をお願いするとなると弁護士に対しても費用が掛かり、かなりの金額と時間を処分に持っていかれます。

あくまで責任は夜逃げした人にあるので、費用を貸主が支払うというパターンは最終手段として考えておいたほうが良いでしょう。

夜逃げした家の残置物を片付けする方法

そんな夜逃げした家に残った残置物ですが、どのように処分していくと良いのでしょうか?ここでは残った残置物の片付け方法について詳しく解説していきます。

保証人にお願いする

もし保証人がいるなら、保証人に処分してもらうように促し、すべての処分を任せていきましょう。夜逃げした人のほとんどは、家賃を滞納していたりして賃主に迷惑をかけてきた人がほとんどです。

手伝うことも問題ありませんが、できる限り保証人にお願いしていくようにしましょう。保証人になった人も責任を感じ、ちゃんと最後まで処分をしていくことがほとんどです。まずは保証人に事情を説明し、最後までの責任を取ってもらうようにしましょう。

貸主本人で片付けする

夜逃げした人や保証人と連絡がつかなかったり、保証人や親族がいなかった場合は、貸主本人が片付けをしていかなくてはいけません。ただあくまで法的手段をとった後になり、最終手段としての片付けと考えておきましょう。

まず処分方法として、いらないものは可燃ごみや不燃ごみ、粗大ごみとして捨てていきます。リサイクル対象となる家具家電に関しては、家具家電量販店に依頼することもできますが自分で持っていく必要がある場所が多くなってきています。

他にも買取業者やリサイクルショップに対応してもらう手段もありますが、掃除を行ったり残置物に関する相談などのアフターサービスはほとんどないと考えておきましょう。

業者に依頼する

残置物を片付けしていく方法として、残置物を撤収するという専門業者にお願いする方法があります。残置物をただ回収するだけでなく、掃除を行ったり買取も行っているので、一度の回収で片付けの際に必要な行程を終わらすことも可能です。

  • 残置物がたくさんある
  • 自分で処分する時間がほとんどない
  • 処分の仕方が分からない
  • 大きな家具家電が多くて買取業者に持っていけない

これらに当てはまる人は、専門の業者にお願いするのがおすすめとなっています。夜逃げした賃貸があり残置物がたくさんあるという人は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

もし広島にて残置物による処分に困っていましたら、一度残置物処分の専門会社「整想屋」にご連絡ください。今までに数多くの残置物処分に携わってきており、夜逃げで残ったものの処分方法にも長けています。スムーズに分からないことにも対応していきますので、お気軽にご相談ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

まとめ

夜逃げによる残置物のトラブルは、全国から見ても後を絶ちません。しかし対処の仕方や処分方法を知っておくだけでも、スムーズに問題解決をしていくことができます。まずは情報を集め、正しい残置物の処分方法を実施していきましょう。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!