1. HOME
  2. ブログ
  3. 残置物撤去について
  4. 残置物は勝手に処分してはダメ!?正しい手続きと撤去方法について

BLOG

ブログ

残置物撤去について

残置物は勝手に処分してはダメ!?正しい手続きと撤去方法について

残置物撤去

アパートやマンションの管理人になっている人にとって、一番避けたいのが前の住人が使用していたものをそのまま残されてしまうこと、ではないでしょうか?残された物のことを残置物と言いますが、残された側である管理人としては、どのように処分したらいいか迷ってしまいがちです。

だからと言って勝手に処分をしていっても、後程トラブルのもとになるので対策をしっかりと考えていく必要があるでしょう。そこで今回は、残置物を処分していくための正しい手続き方法や、撤去方法をご紹介していきます。

残置物における処分について

賃貸を貸しているマンションオーナーや管理人からしたら、避けてはいけない残置物問題。果たして残置物を中心に、どのような問題が起こってしまうのでしょうか?まずは残置物について解説しつつ、勝手に処分をするとどうなってしまうかを見ていきましょう。

残置物とは

そもそも残置物とは、不動産に契約をして住んでいた住人が退去の際に残していった所有物のことを表します。例えば、家具・家電や寝具、机や椅子などもすべてが残置物として対象となるのです。さらに賃貸物件において残置物の放置は多く、多くの貸主は残置物を迷惑なものとして考えています。

そのまま残置物を次に住む人に使ってもらうケースも増えてきていますが、ほとんどの貸主は処分していくように動いているのです。なので貸主は、借主が家を引っ越すとなった場合は、しっかりと残置物がないかを事前に確認していく必要があります。

残置物の無断処分は違法

しかし中には、借主が家を退去する際に立ち合いができず、気づかないうちに残置物が置かれている状況があります。その際に貸主は処分をしていくことを考えるのですが、勝手に処分していくことは法律で違法とされているのです。

なぜなら前の住人である借主が置いていった残置物の所有権は、前に住んでいた借主のものであり、貸主が勝手に処分してはいけないからです。仮に前の住人が置いていったからと言って勝手に処分をした後に、前の借主が残置物を取りに帰ってきた場合、貸主が借主に訴えられる可能性が出てきてしまいます。

あくまで所有者は以前住んでいた借主なので、貸主は正式な手続きを済ませてから処分をしていかなくてはいけないのです。

残置物の処分に至るまでの正しい手続き方法

ではそんな残置物を処分するための、正式な手続き方法とはいったいどのような流れになるのでしょうか?以下には、処分をする前に必ずすべき手続き方法について解説していきます。これから残置物の処分を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

処分をするには訴訟による強制執行が必要

残置物を処分していくには所有者に連絡を取らなくてはいけませんが、ほとんど連絡がつかないことがほとんどとなります。ただ連絡がつかないという理由で処分をしていくことは、絶対にしてはいけません。

この場合裁判所に訴訟を訴え、強制的に処分を執行していくことが得策となります。あくまで残置物の所有者は前住人の借主なので、裁判などによってしっかりと判断してもらう必要があるのです。強制執行を考えている人は、弁護士など専門的知識を持っている専門家に相談していくと良いでしょう。

所有権を放棄することによる処分はOK

中には所有者に連絡はついたものの、所有権を放棄するという借主もいらっしゃいます。この際は特に訴訟を起こす必要がなく、相手から同意を得られたということで、処分をしていっても問題はありません。必ず連絡を取り、相手から同意を得る、という部分がポイントになるのです。

親族や保証人に処分をお願いすることも

賃貸契約を交わす際に、必ず書かなくてはいけないのが保証人の詳細情報です。例えば借主が夜逃げによって賃貸契約を解除した場合でも、保証人の情報が明記されているので、残置物があったとしても連絡を取ることが可能となってきます。

なのでもし前の借主に連絡がつかなかった場合、事情を話して保証人人処分をお願いしていく、という方法があるのです。他にも借主の親族に連絡を取ることで、親族が処分に来るパターンもあります。あくまで第三者である貸主が勝手に処分をしないようにしていくことが、残置物処分において重要な項目となってくるのです。

残置物を処分するための正しい撤去方法

手続きなどが終わり、無事残置物を処分をすることになった場合、次は撤去を進めていく必要があります。ではそんな残置物ですが、どのような方法で処分をしていくことができるのでしょうか?そこでここでは、残置物を処分していくための正しい撤去方法について解説していきます。

撤去方法にも様々な方法があるので、今の自分にとって必要な方法を選んで撤去していくようにしていきましょう。

そのまま保有する

前の住人である借主が所有権を放棄した場合、所有権は貸主に与えられることとなります。この際にもし貸主にとって必要なものがあった場合、自分で保有することが許される状態となっているのです。なのでそのまま部屋に置いているのではなく、便利なものでしたら自分で保有しても問題ありません。

さらに貸主の所有物となっているので、次に住む人に譲るという方法もあります。次に住む人の中には、お金がなく家具家電が買えないという人も中にはいらっしゃいます。もし残置物の中に家具・家電があるようなら、条件付きで次の人に譲渡する、という形でも問題ないでしょう。

すべてごみとして処分する

残置物をもう必要としない場合、そのまますべてを処分するという方法があります。しかしこの場合だと、大きさによっては粗大ごみとして処分をしなくてはいけなかったり、処分するのに有料のごみ回収車に来てもらう必要があるのです。

その場合時間がかかったり、余計な出費が免れませんので、最終手段として考えておくと良いでしょう。ごみの処分を全部自分でするだけでも、かなりの労力を要してしまうのです。

リフォーム会社による回収

貸していた部屋が再度空いた時には、ほとんどの貸主がリフォーム会社にお願いをして部屋を綺麗にしてもらうことでしょう。リフォーム会社には、次の住む人のために住居を住める状態にする、という業務があるので残置物の処分を行ってくれる会社もあります。

ただしあくまでリフォームを専門としているので、残置物の回収に関しては高額なものになってしまう場合がほとんどです。費用がかなり高額となってしまうので、できるかぎり費用を抑えていきたいという貸主からすると難しい選択肢となるのでしょう。

残置物処理業者にお願いする

残置物処理業者とは、部屋に残っている残置物を処理してくれる専門の業者のことを表します。物を回収するだけでなく、部屋の掃除なども行っていくのでまとめた掃除や回収をお願いしたいときに大変便利です。

さらに残置物の対処の仕方や専門的な知識を持ち合わせているので、これからの対策方法や残置物に関する悩み事にも随時対応していくことが可能となっています。ただあくまで実績がどれだけあるかによって左右されるので、必ずこれまでの実績を確認してから信頼のできる残置物処理業者に相談していくようにしましょう。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

 

残置物の問題は、どの貸主もが抱えている問題です。処分の方法を間違ってしまうと、トラブルのもとになってしまうので、必ず自分で判断して処分するのではなく専門家に相談をしてから処分をしていくようにしていきましょう。

もし残置物の処分でお困りでしたら、広島県(広島市、呉市、竹原市)を中心に活動している「整想屋」に一度ご相談ください。これまで数多くの案件に携わっており、様々な状況による残置物問題を解決してきました。ご相談だけでも構いませんので、いつでもお気軽にご連絡ください。

整想屋HP:https://syuei0216.co.jp/

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!