1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみの処分
  4. 遺品整理と特殊清掃との違いとは?後悔しないための業者選びを公開

BLOG

ブログ

ごみの処分

遺品整理と特殊清掃との違いとは?後悔しないための業者選びを公開

遺品整理と特殊清掃の違い

遺品整理をしていく中でよく耳にするのが、特殊清掃という言葉。特殊清掃とはある一定の条件で行わなくてはいけない、特殊な掃除のことを意味しますが、果たしてどういった違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、遺品整理と特殊清掃の違いを説明しつつ、遺品整理で後悔しないための業者選びの方法をご紹介していきます。

遺品整理と特殊清掃との違い

そもそも遺品整理と特殊清掃には、どのような違いがあるのでしょうか?まずはそれぞれの違いを見ていきましょう。

葬儀の後は清掃と整理が必須

葬儀の後となると死を受け入れることができず、なかなか精神的に安定することがありません。しかしながらどうしてもしなくてはいけないことが、家の清掃や整理です。長年故人が住み続けた家も何もしなければ、どんどん家の状態が悪くなっていくだけとなってしまいます。

そんなことが起こらないように、必ず清掃と家の整理が必須となってくるのです。清掃をすることで綺麗な状態を保つことができ、家の整理をしていくことでどこに何があるのかを再確認することができます。

遺品整理とは

遺品整理とは身内の誰かが亡くなった時に、故人が所有していたものを整理していくことを意味します。所有していたものは亡くなった時点で遺品となり、相続人に引き継がれるか処分をしていく必要があるのです。家によって遺品の量は様々ですが、遺品整理をするとなると片付けをするのにかなりの日数を要します。

また遺品整理専門の業者は、なかなか経験することのない遺品整理における悩みの相談にのったり、一緒に遺品整理をさせていただく業者です。もし遺品整理について詳しく知りたい方は、広島県を中心に動いている「整想屋」に一度ご連絡ください。

特殊清掃とは

特殊清掃とは、人が亡くなった時に行われる清掃とは違い、ある特殊な死に方で亡くなった方の部屋を掃除することを意味します。ここで言う特殊な死に方というのが、自殺や孤独死のことです。孤独死をした場合誰にも気づかれずそのままの状態が続いてしまうと、独特な臭いを発するようになります。

独特な臭いが部屋中に染み込むと、なかなか普通の掃除をしても綺麗に取り除くことができません。そんな時に行われるのが、できる限り元の状態に戻すことができる特殊清掃が活躍するわけです。

特殊清掃が必要な部屋は業者にお願いすべき

特殊清掃が必要な部屋は、できるかぎり業者にお願いすることをおすすめします。なぜなら死臭のある部屋は一般的な洗剤では取り除くことができず、部屋からきちんと独特の臭いを消し去るのは困難を極めるからです。

その点特殊清掃を行っている業者は、どうやったら臭いをかき消すことができるかを心得ています。もし特殊清掃が必要となった場合には、無理せず業者にお願いするようにしましょう。

特殊清掃が必要な部屋を身内のみで遺品整理ができない理由

特殊清掃が必要な部屋は臭いを消しにくいという理由で業者にお願いすべき、とお話ししましたが他にも遺品整理ができない理由があるのをご存知でしょうか?

そこでここでは、身内のみでは特殊清掃が必要な部屋を遺品整理できない理由について解説していきます。

孤独死をした際に身内の精神状態が不安定

孤独死とは、いわば誰にも言わず急にこの世を去ってしまうことを意味します。孤独死を選ぶ人には様々な理由がありますが、残された身内は理由が分からず精神状態が不安定なものとなってしまうものです。そうなるといくら精神状態が戻っても、いざ部屋を掃除しようとしたら亡くなった故人の顔を思い出してしまい、下手をしたら錯乱状態となってしまいます。

遺品整理をしている場合ではなくなり、他の人に遺品整理をお願いするようになっていくのです。もし遺品整理をお願いするなら、遺品の整理や特殊清掃後の整理に詳しい遺品整理業者にお願いをしていくようにしましょう。

腐敗臭がすごく入室が困難

孤独死や自殺の場合、死後何日か経過してしまうと死臭が漂ってきます。これがもし夏場などの暑い時期なら死臭は強烈さを増していき、部屋にはいることすら困難を極めるのです。いくら大事な人の遺品整理をしたいと思っていても、入室ができないようでは遺品整理ができません。

日常において嗅いだことのない臭いではあるので、自然と拒否反応を示してしまいます。ましてや親族や身内のご家族なら臭いを嗅いだ瞬間、精神的にも体力的にも体調を崩してしまう恐れがあるので遺品整理ができないのです。

家を持っている大家が業者を呼ぶようお願いされた

マンションなどで孤独死や自殺が起こってしまうと、家を所有している大家が専門の業者をお願いするように頼んできます。これはいくら身内だけで綺麗に清掃をしたからと言っても、大家は了承することがほとんどありません。

もしマンションを退去したとしても、その後同じ部屋に違う人が入る可能性があります。もしその時に少しでも臭いが残っていると、部屋に入居者を招き入れることができません。ほとんどの大家は孤独死があった場合、特殊清掃ができる業者をお願いするのです。

特殊清掃が必要な部屋を整理してもらう遺品整理業者の選び方

遺品整理における順番とは?プロによる片付け術を紹介!

特殊清掃が必要な部屋であっても、遺品整理は必要となります。そんな時は遺品整理業者にお願いをしていくのが一番効率がいいのですが、どのように遺品整理業者を選んでいくのがいいのでしょうか?

そこでここでは、遺品整理業者を選ぶ際のポイントについて解説していきます。

遺品整理と特殊清掃の両方を請け負っている業者を選ぶ

遺品整理業者の中には、特殊清掃を行っていない業者もいらっしゃいます。なぜなら遺品整理業者のほとんどは遺品整理のみに特化しており、特殊清掃は専門外だと言っていることがほとんどだからです。

もし特殊清掃が必要な部屋を特殊清掃専門の業者にお願いした場合、特殊清掃専門業者と遺品整理業者専門の業者をお願いしなくてはいけなくなってしまいます。ただでさえ精神的にきつい出来事が起こっている中で、違う業者に何度も説明するのは避けたいところ。

そうなる前に、遺品整理と特殊清掃の両方を請け負ってくれる業者を選んでいくことが重要なのです。

しっかりと相談ができる業者を選ぶ

特殊清掃が必須な部屋は、どれだけ故人のことを想いながらも何事もなかったかのように見せることが重要です。そのためにも、業者と親族の想いに違いがないようにしていかなくてはいけません。お互いの意思疎通を図っていくには、すぐに相談できる環境が整っている業者を選んでいく必要があります。

まずはHPを見たり、直接電話をしていき、気になる点や不安と感じる部分を話していきましょう。もし広島県で特殊清掃をお願いしたいと考えている人がいましたら、特殊清掃も行っている遺品整理業者「整想屋」に一度ご連絡ください。

特殊清掃や遺品整理の経験豊富な業者を選ぶ

どれだけ過去に特殊清掃や遺品整理を行ってきたかで、信用できるかどうかが変わってきます。遺品整理業者の中には簡素な片付けだけして、あとは放置するという無責任な業者がいます。そういった業者は、経験が浅くお客様への誠意の尽くし方を知らないことがほとんどです。

なのでできる限り多くの経験を積んでいたり、お客様からの口コミがいい会社を選んでいくようにしましょう。

まとめ

遺品整理において特殊清掃が必要でない整理が理想的ですが、どうしても特殊清掃が必要になってくる場合があります。もし特殊清掃が必要だと感じた場合は、すぐにでも専門家に相談をしていきましょう。

私ども「整想屋」は特殊清掃や遺品整理を行っており、おかげさまで2018,2019年とお客様満足度No.1の称号をいただいております。主に広島県の呉市や竹原市にて活躍している遺品整理業者ですので、何かお困りなことがありましたらいつでもご連絡ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!