1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみの処分
  4. 遺品整理における仏壇の処分方法とは?2つの方法と処分の流れ

BLOG

ブログ

ごみの処分

遺品整理における仏壇の処分方法とは?2つの方法と処分の流れ

仏具の取り扱いについて

遺品整理をしていく中で、最も困難なものと言われているのが仏壇です。仏壇は亡くなった魂が宿っているものでもあるので、粗末に扱うことができません。そんな遺品整理において整理が難しい仏壇ですが、どのような処分方法が理想的なのでしょうか?

そこで今回は、仏壇の処分方法や対処の仕方をご紹介していきます。

遺品整理においてなぜ仏壇を処分する?

遺品整理において仏壇は、誰しもが処理に困ってしまう遺品です。昔に比べて仏壇を引き継ぐ人も減ってきておりさらに扱いが難しいとされていますが、そもそもなぜ処分しなくてはいけないのでしょうか?

まずは遺品整理において、なぜ仏壇を処分する人が増えてきているのか見ていきましょう。

仏壇を置くスペースがなくなってきている

昔に比べると、日本は核家族が増えてきていたり、マンションやアパートに住む人が増えてきています。一軒家に比べるとスペースも狭く、遺族が仏壇を引き継いだとしても置くスペースがまったくなく、対処に困ってしまうという事態が起こっているのです。

ましてや親族が仏壇を引き継ぐのも躊躇いがあり、なかなかそのままの形で仏壇を引き継ぐことが難しくなってきています。このように時代の変化と共に、処分をする人が増えてきているのです。

仏壇の処分には承諾がいる?

「仏壇の処分に対して、周りの親族の承諾がいるのではないか?」と考えている人が多く、処分に困っている人が後を絶ちません。しかしながら仏壇をどのように処分していくかは仏壇の継承者が決めることとなっており、自らの判断で仏壇をどうしていくかを決めることが可能です。

なので遺品整理において仏壇を処分することは問題ありません。さらに言うと、もしマンションのオーナーや大家さんが継承者によって仏壇の処分を一任された場合も、法的に仏壇の処分を決定する決定権があります。このことから仏壇などの祭祀財産は継承者の承諾を得れれば、どのように処分しても問題ないのです。

遺品整理の仏壇処分における2つの方法

置くスペースがなかったり、家庭の事情によって仏壇を処分しようと考える人が増えてきています。ではいったいどのように処分していくのが、亡くなった人にも失礼のない処分の仕方なのでしょうか?

そこでここでは、遺品整理における仏壇の処分方法について解説していきます。

遺品整理業者に回収してもらってから供養する方法

仏壇を処分する方法として、まずは遺品整理業者にお願いをする方法があります。遺品整理業者はのほとんどは、遺品整理を行うだけでなく遺品の処分を行っていきます。どうしても引き継ぐことができない遺品があった場合は、遺品整理業者が責任をもって処分をしていくのです。

特に仏壇だけが対象ではなく、いらなくなったタンスや寝具、家具・家電まで引き取ることが可能となっています。回収だけでなく一緒に遺品となるものを探していくので、少しでも体力的に整理が厳しいという人におすすめです。

自分で処理する方法

遺品整理業者にお願いすることなく、自分で仏壇を処分していく方法となります。仏壇は自分でも処分することができるものとなっており、壊していくことが可能です。ただし処分するにはそれなりの労力を要してしまうというデメリットがあり、仏壇を壊すことに抵抗がある人にはおすすめができません。

できる限りコストを抑えて、仏壇を自分の手で壊していくことに抵抗がない人が実践する方法となっています。

遺品整理における仏壇の処分を自分でするときの流れ

では仏壇の処分を自分でするとなると、どのような流れで処分していくのがいいのでしょうか?ここでは、自分で仏壇を処分していく場合の処分方法について解説していきます。

閉眼供養を済ませておく

仏壇には魂が宿っています。仏壇を購入した際には、お坊さんの読経によって亡くなった故人の魂を仏壇へと移していくのです。なので仏壇を処分していくには、まずお坊さんに依頼をして魂を抜いてもらう必要があります。この行為のことを「閉眼供養」もしくは「魂抜き」、「お性根抜き」と言われているのです。

閉眼供養をすることで、仏壇はただの箱状態となり、処分しても問題ない状態となります。もしお寺さんにお願いする際には、自分の葬儀の時にお世話になったお寺さんにお願いするとスムーズに事を進めることができるでしょう。ただし閉眼供養を行っていないお寺もあるので、必ず確認をしておくことが必須条件です。

また過去に魂を仏壇に宿すための開眼供養を行っていなくても、閉眼供養を行っていくことができます。魂が宿っているかどうかわからなくても、閉眼供養を行っておくと安心です。

お布施を渡す

お寺さんが供養してくれたら、お礼にお布施を渡さなくてはいけません。葬儀と一緒で亡くなった人に対してお経を読むこととなるので、謝礼を払うのが一般的な流れです。

宗派によって値段は変わっていますが、平均的に見ても35,000~50,000円程度を見ておくと良いでしょう。さらに遺品整理で部屋が汚い場合でも、事前にお寺さんに遺品整理中であることを伝えておくことも1つのマナーです。これからもお世話になる可能性があるので、正しいマナーを守ってお寺さんに依頼をしていきましょう。

仏壇を廃棄する

閉眼供養が終わった仏壇は、ただの箱となったので仏壇を廃棄していきます。お坊さんが持って帰ってくれて処分することもありますが、ほとんどは自分で処分をしなくてはいけません。

ここでの注意点として、法律上で仏壇は一般廃棄物扱いとなっています。中には仏壇を引き取ってくれない自治体もあるので、間違って違う日にいらなくなった仏壇を出さないようにしましょう。

遺品整理における仏壇の処分を業者に依頼するときの流れ

株式会社修榮の会社概要

では仏壇の処理を遺品整理業者にお願いする場合の流れは、いったいどういったものになるのでしょうか?ここでは順番に遺品整理に依頼する場合の一連の流れを見ていきましょう。

仏壇の回収に来てもらう

仏壇の回収に遺品整理業者がうかがいます。この時仏壇の中にある物は処分の対象となるので、必要なものと不必要なものを分けておき、遺品整理業者に説明できるようにしておくとスムーズに進めることができます。

この際に閉眼供養を行ってから仏壇の回収に来てもらうのも問題ありませんが、遺品整理業者が責任をもって供養することも可能です。私ども遺品性業者である「整想屋」も、責任をもって供養をするサービスを行っております。実際に仏壇の処分に困っているお客様は多く、常に仏壇の処分に関するお悩みの相談を受けることも。

もし仏壇の処分に関して分からない部分がありましたら、広島県を中心に活動している遺品整理業者「整想屋」に一度ご連絡ください。

供養の依頼をする

遺品整理業者に回収してもらったら、最後は供養からお焚き上げまでの依頼をしていきましょう。遺品整理業者は遺品の分別や回収、ハウスクリーニングを行っています。仏壇だけでなく仏具の処分も行っていき、提携しているお寺の紹介までも行うので何でもご相談ください。

まとめ

遺品整理において仏壇の処分は、大変頭を悩ませるものとなります。しかしちゃんとした処分方法を知っておけば、亡くなった故人だけでなく仏壇に宿っている魂たちも、安心して次の場所へ移ることができるのです。まずは処分方法を知ったうえで、亡くなった人に失礼のない仏壇の処分方法を選んでいきましょう。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!