1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみの処分
  4. 遺品整理を遺品整理業者にお願いするメリットとデメリットは?

BLOG

ブログ

ごみの処分

遺品整理を遺品整理業者にお願いするメリットとデメリットは?

遺品整理業者に頼むメリット

自分の親や親族が亡くなった時に家の整理をしていかなくてはいけませんが、遺品が多くなかなか手が付けられないという人も多くいらっしゃいます。ただそんな大変な遺品整理を手伝ってくれる遺品整理業者がいることをご存知でしょうか?

遺品を片付けていくことに特化した業者ですが、依頼する前にまずはメリットやデメリットがあることを知っておくことが重要です。そこで今回は、遺品整理業者をお願いする際のメリットやデメリットについて解説していきます。

遺品整理について

そもそも遺品整理とはどういったものになるのでしょうか?まずは遺品整理について詳しく見ていきましょう。

遺品整理とは

遺品整理とは、家族や親族の中で誰かが亡くなった時に出てくる遺品を、片付けたり処分したりする行為のことを意味します。遺品には今まで故人が使ってきた日用品や所有物が含まれており、家や車、家電や貴重品まですべてのものが含まれているのです。

故人の遺品となる物は相続人に相続することもできますが、いらないものは処分していきます。これらの片付けを行っていくのは故人の身内や親族が行っていく必要があり、家の大きさや所有物の量によっては大変時間がかかってしまうのが特徴です。

なので遺品整理は、時間があるときに家族や親族で一気に終わらせてしまうか、遺品整理業者にお願いすることで効率がよくなります。

遺品整理業者とは

そんな大変な遺品整理ですが、遺品整理を専門とした業者があります。遺品整理を手伝うだけでなく、遺品の撤去や遺品の捜索を一緒に手伝うことも可能です。遺品の中には相続手続きに大切な書類なども含まれていますが、ほとんどの人は何が必要な書類なのかを知りません。

遺品整理はほとんどの人が経験したことがなく、分からないことが多いという方が大勢いらっしゃいます。そんな時に遺品整理業者にお願いをすることで、貴重品の仕分けや分からないことへの質問をその場で対応していくのです。

広島県を中心に動いている、私ども「整想屋」は遺品整理士といく資格を持ち合わせた、遺品整理のプロが集まったプロの業者でもあります。もし遺品整理に対してお悩みのことがありましたら、いつでもご相談ください。

遺品整理業者にお願いをするメリット

そんな遺品整理のプロである遺品整理業者をお願いする場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?そこでここでは遺品整理業者をお願いする際のメリットを紹介していきます。

時間をかけずに整理をすることができる

遺品整理は家の大きさや、遺品の量によって片付けの時間が変わってきてしまいます。さらには身内が亡くなった後だと、どうしても遺品を整理するのに抵抗感を感じてしまい、なかなか思ったように片付けが進まないものです。さらにはお休みをとって片付けをするとなっても、一回の片付けでは終わらず思った以上の日数がかかってしまいます。

そんなとき遺品整理業者にお願いをすれば、スムーズに片付けを済ませることができるという大きなメリットがあるのです。さらには遺品整理に関してのプロでもあるので、迷うことなく片付けをしていきます。何を片付けていったらいいのか迷いがちな遺品整理におけるスムーズな片付けは、役立つこと間違いないでしょう。

体力的負担を減らす

遺品整理において何より大変なのは、体力的負担です。大きいものの遺品の中にはタンスや家電関係、布団などの寝具、仏壇までもが含まれます。大勢で片付けをする家庭でしたら問題ないでしょうが、なかなか全員が集まって遺品整理をするとなるとスケジュールが合わないものです。

何より高齢の方が遺品整理をすると、身体への負担は大きいものとなってしまいます。遺品整理業者にお願いをすれば、その分体力的負担を減らすことに繋がり、故人の供養に注力することができるのです。

遺品捜索を手伝ってくれる

家の中には多くの遺品が眠っています。故人と常に一緒に住んでいたとしても、大事な書類や貴重品などはどこに隠しているのかなどをすべて把握している人はそうそういません。そんな中、遺品整理業者なら多くの家の遺品整理を経験してきたことにより、どこに何を隠しているかのパターンを把握しています。

どれが遺品整理において重要なものかを瞬時に判断することができ、隠されているであろう場所を最優先で探していくことも可能です。遺品整理において貴重品となる遺品探しで苦労してしまうことがあるので、必ずや大きな助けとなることでしょう。

遺品供養も可能

遺品の中には、故人の想いがこもった遺品(人形や置物など)が存在します。想いがこもった遺品とはなかなか処分がしづらいものです。そんな時は遺品供養を行ってから処分をしていくのですが、私ども「整想屋」は片付けと同時に遺品供養を行っています。

他の遺品業者においては遺品供養を行っていない場所もあるので、もし遺品供養に関して分からないことがありましたら、一度「整想屋」にご連絡ください。

遺品整理の相談ができる

遺品整理に関して初めての人は、何をしたらいいのか分からないものです。しかし遺品整理業者にお願いをすれば、遺品整理のことに関しての質問ができるだけでなく、遺品整理が終わった後にすべきことなども対応してくれます。

遺品を整理していく際に何よりうれしいのが、分からないことがあったらすぐに質問ができる環境があるということです。もし少しでも気になる点がありましたら、いつでも相談してみてください。

ストレスや寂しさの軽減につながる

自分にとって大切な存在の人が亡くなったとなると、過度なストレスや寂しさを感じてしまうものです。そんな中で遺品整理をしようものなら、さらに精神的にも負担をかけてしまいます。遺品を片付けしていて、昔の想い出が詰まったものを見つけるだけでも心に負担をかけてしまうものです。

そんな時は遺品整理業者がスムーズに片付けをしていくので、できる限りの負担を減らすことができます。あまりにも遺品が多い場合は、片付けの際に起こってしまうストレスを減らすためにも遺品整理業者にお願いすると良いでしょう。

遺品の買取も可能

遺品の中には処分すべきものの他に、買い取ってもらえそうな遺品が出てきます。ただ買取専門の業者にお願いするとなると、業者まで持っていかなくてはいけなかったり、買取業者を探すという手間が発生してしまうのです。

そんな時に「整想屋」でしたら遺品を回収するだけでなく、遺品の買取も承っているのでその場で買取を受けることができます。処分する手間も省けたり、買い取ってもらった際に発生したお金をそのまま遺品整理のお金にあてることも可能です。

遺品整理業者にお願いをするデメリット

では遺品整理業者にお願いした際のデメリットは何があるのでしょうか?ここでは、遺品整理業者のデメリットについて解説していきます。

お金がかかってしまう

業者にお願いするということで、どうしても費用がかかってきてしまうものです。こればかりはどうしても避けることができませんが、金額以上のサービスを施していくことをモットーとしています。

遺品整理には、業者にお願いする、しないに関わらず一時的な金額は発生するものです。遠方から手伝いに来てくれる親戚がいた場合でも、宿泊費や交通費などがかかってきます。またお仕事を休んでしまうことで給料がもらえないという弊害も起こってしまうので、できる限り迅速に片付けを終わらせたほうが良いのです。

最終的に遺品整理業者にお願いしたほうが安くなる場合もあるので、よく検討して選んでいきましょう。

ゆっくり整理ができなくなる

遺品整理をしていくということなので、遺品整理業者は家の中に入って片付けをしたり掃除をしたりしていきます。依頼する人の中には、早く片付けしてほしいと考える人もいますが、ゆっくりと遺品整理をしていきたいと考える人もいます。

どちらがいいという正解はなく、私ども「整想屋」は故人を偲ぶ時間をしっかりと設けてほしい、という考えです。ご自分に合ったスタイルで、遺品整理をしていくことをおススメします。

間違ったものを処分してしまうことも

遺品の中には貴重であったり、思い出となる品物が多く含まれているものです。最終的に処分をする際には必ず確認を取っていきますが、他の相続人や遺族が処分した遺品を「捨ててほしくなかった」とおっしゃられることもあります。こればかりは業者ではどうすることも叶いません。

このようなことが起きないよう事前に確認をしっかりとっておくことで、処分していいものかどうかをしっかりと判断しておくことができます。周りの意見を参考に処分していいものかを判断していけば、間違ったものを処分することはなくなるでしょう。

まとめ

遺品整理において遺品整理業者にお願いすることは、ほとんどがメリットとなります。しかしながらどうしても資金の問題であったり気持ちを落ち着かせてから片付けをしたいということでしたら、無理をする必要はありません。自分に合った方法で遺品整理をしていくことで、亡くなった人を偲ぶことができるでしょう。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!