1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみの処分
  4. 遺品整理における処分で困る物とは?広島の遺品整理業者が対策を公開!

BLOG

ブログ

ごみの処分

遺品整理における処分で困る物とは?広島の遺品整理業者が対策を公開!

本の処分

親族や身内の誰かが亡くなった後は葬儀が執り行われますが、終わった後にしなくてはいけないのが遺品整理です。遺品整理とは亡くなった遺品を整理していく行為ですが、その中には残っていると困るものがあることをご存知でしょうか?

そこで今回は、遺品整理をしていく中で困ったものが出てきたときの対策を公開していきます。

遺品整理について

そもそも遺品整理とは、どういった内容を表すのでしょうか?まずは遺品整理の意味について見ていきましょう。

遺品整理とは

遺品整理とは、身内の誰かが亡くなった後に出てくる遺品を遺族や親族で片付けをしていくという意味です。遺品の中には今まで故人が持っていたものを片付けしていくとあって、大切に扱っていく必要があります。

また遺品整理をしていかなくてはいけない日程などは決まっていませんが、早めに対応していくことが大切です。なぜなら賃貸契約をしている家なら、その分賃貸料金を払わなくてはいけなかったり、身内が亡くなったことを市役所などに申請しなくてはいけません。

心を落ち着かせてから片付けをしていくことも重要ですが、余裕のある遺品整理をしていくことが重要になります。

整理で出たもののほとんどが相続する物

中には今までの想い出が詰まった遺品や、相続の際に必要となってくるであろう貴重品などが含まれているので、扱いに注意が必要です。このほとんどが相続をしていくこととなるので、遺族にとって重要なものとなってきます。家や車などもすべてが遺品となるので、相続品となるのです。

その中でも、遺品の中にはいらないものがたくさん出てきます。処分をしていくこともできますが、処分に困る物が出てくるので、適切な方法で処分をしていくことが大切です。

生前整理で整理しておくことも

遺品整理は誰かが亡くなった時に執り行われますが、葬儀の後は何もしたくないという気持ちになりがちです。そうなると事前にしておけばよかったと後悔をしてしまいます。これらの影響から近年では遺品を正しく整理してくれるだろうか、と事前に考えるようになり生前に身の回りを整理する「生前整理」を行う家庭が増えてきているのです。

生前整理をしておくことで、自分が亡くなった時に困りそうなものは早めに処分をすることができます。もし生前整理をしていく際には、トラブルを避けるためにも遺族の同意を取っておくと良いでしょう。

遺品整理において困る物とは

では遺品整理において、出てくると困ってしまうものとはどういったものになるのでしょうか?ここでは、実際に出てくると困ってしまうものを紹介していきます。

衣服や衣類

衣服の中には再利用できるものがあったり、高級なものがあったりと困る物には入らないように感じます。しかしほとんどの衣服は年代が古かったり、自分の趣味が合わなかったりと再利用するのは困難を極めます。

大事に取っておいたとしても、どんどん新しく買いがちな衣服は、必要ではなくなってくるものです。このような理由で、処分に困ってしまう遺族がたくさん続出しています。

本などの書籍

本が大好きな人は、多くの書籍を所有していることがあります。読書家にもなると、本棚を用意していて大事に保管している故人も多くいらっしゃるものです。故人と同様に本が好きなら、そのまま引き継ぐのも問題ありませんが、本を読まない人からすると、どのように処分をしたらいいのか分からないことがあります。

もし生前整理をしていくことがありましたら、事前に本をどのようにしておくかを聞いておき、適切な処分をしていくと良いでしょう。そうすることで、事前に本への想いを聞きつつ適切な遺品整理ができます。

想い出が詰まった写真やアルバム

実際に広島県でも多く問い合わせがあるのが、写真やアルバムなどの想い出が多く詰まっているものの遺品整理です。高齢者の方たちは、写真などを大事に保管しているケースが多く、長年にかけて様々な写真を撮ってきています。

しかしながら写真やアルバムなどは、仮に自分のものだとしても処分がしずらいもの。このような理由でどのように処分したらいいのかなどで頭を悩ませてしまい、問い合わせが多い遺品となっているのです。

布団やベッドなどの寝具

故人が使っていた布団やベッドは、そのまま誰かに引き継ぐということができにくい遺品となっています。なぜなら亡くなった人の使っていた寝具というものは、再利用するのに抵抗感が生まれてしまうからです。

さらにはベッドや枕などはかさばる物ばかりなので、処分をどのようにしたらいいのかを考えます。捨ててもいいものか、捨てるのは失礼になってしまうのか、などを考えて処分に困ってしまうのです。

趣味で持っていた故人のコレクション

人間には誰しもが趣味を持っており、趣味の内容によっては多くのコレクションが家に眠っているという可能性が出てきます。ただし故人と同じコレクションを持っている人がいるなら、そのまま引き継げば問題ありません。

しかしながら引き取り手が出なかった場合、どんなに貴重なコレクションだとしても、価値が分からず処分に困ってしまうのです。自ら調べるか、事前にどれだけの価値があるかなどを聞いておくと、処分に困ることはなくなるでしょう。

人形やぬいぐるみ

人形やぬいぐるみは、大事にしていた人が亡くなってしまうと魂が宿るとも言われています。魂が宿ったものをそのまま引き継ぐという人は少なく、結果困ってしまうものとして扱われてしまうのです。

なのでもし人形やぬいぐるみを引き継ぐとなると、しっかりとお寺様に供養してもらう必要があります。供養が済んだら、そのまま引き継ぐか、処分をしていくかを決めていくと良いでしょう。

遺品整理をしていて困る物が出てきたときの対策

では遺品整理をしていて、上記のような困る物が出てきた場合には、どのような対策が最善と言えるのでしょうか?そこでここでは、困ったものが出てきたときの対策を紹介していきます。

形見分けをする

形見分けとは、今までお世話になった故人の知人や友達に遺品となる品物をお譲りすることを意味します。今まで大事に持っていたものを友人にも受け渡すことで、大事に使っていた遺品を処分していくのです。

ただし注意点として、必ず遺言書をしっかりと確認したり、相続人の許可をしっかりと取ってから形見分けをしていきましょう。なぜなら遺言書に遺品を誰に譲るかを書いていたり、相続人同士でのトラブルとなる可能性が高いからです。

なのでもし形見分けをしていくなら、しっかりと確認をしてから行うようにしていきましょう。

リサイクルショップに持っていく

遺品の中には現金に換えられるものが多く、ほとんどの人はリサイクルショップに持っていき、現金に変えていきます。大型のリサイクルショップなら、ほとんどの商品を買い取ってくれることがあり、遺品整理において万能な役割を果たすのです。

ただしリサイクルショップでも換金できなかったり、安い値段で買い取られる可能性があります。最初買った時の商品価値より値段が下がっている、という前提でリサイクルショップに向かうようにしましょう。

本当に要らないものは処分する

どうしても遺品整理をしていくと、今後必要のないものがたくさん出てきます。今までの想い出が詰まっているとは言え、後々になっていらなくなってくると言うものが遺品整理をしていくと出てくるものです。

なので本当に要らないと感じたものは、遠慮なく処分をしていきましょう。心を込めて処分をしていくことが、亡くなった人に対して一番失礼のない態度となっていくのです。

遺品整理業者にお願いする

どうしても遺品整理をしていくと、一軒家ともなると大量の遺品が出てきます。やっとこさ遺品の仕分けをしたとしても困る物の処理で、片付け自体を放棄してしまう人もいるほどです。

そうなる前に遺品整理をしつつ、困ったものの的確な処分をすることができる遺品整理業者にお願いする方法がおススメです。今まで広島県内において数多くの遺品整理をしてきた「整想屋」ですが、スピーディーかつ的確なお見積りをさせていただいています。

さらには処分に困った遺品の買取も承っているので、アンケートによる顧客満足度No.1の実績を持っているので、いつでもご相談ください。

まとめ

遺品整理において処分に困る物は、必ずと言っていいほど出てきます。しかし困る物とは言え、故人にとってはとても大切なものがほとんどです。しっかりと的確な処分方法を選んであげることが、故人にとって最適な供養となることでしょう。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!