1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品整理について
  4. 遺品整理はいつからするべき?片付けすべき時期を紹介!

BLOG

ブログ

遺品整理について

遺品整理はいつからするべき?片付けすべき時期を紹介!

家族や親族が亡くなった時は、葬儀を行いすると日々悲しみに暮れる日が続いてしまいます。ただ葬儀が終わった後には様々な手続きに追われて、悲しんでいる暇さえ与えてくれないことが多々あることでしょう。そんな時に同時に頭を悩ませてしまうのが、亡くなった人の遺品整理です。

では遺品整理とは、いつからするのが正しいのでしょうか?そこで今回は遺品整理をするべき正しい時期について解説していきます。

遺品整理をすべきおすすめな時期

遺品整理をする一般的なタイミングはあります。しかし何より大切なのは、自分の気持ちが落ち着いたら遺品整理をしていくことが重要です。遺品整理をしていく際には、まだ家族や親族が亡くなったことに頭が追い付いていない場合があります。そんな時に無理に遺品整理をしたとしても、効率よく片づけを進めることができず、結果遺品整理どころではなくなってしまいます。

なのでまずは、故人に対する想いに整理がついたときに遺品整理をしていくのが、おすすめすべき時期になるのです。ただいつまでも心の整理がつかない状態が続いて、長年放置をしてしまうとだんだんと片付け自体が面倒に感じることもあります。

自分の中で遺品整理をする時期を決めておくと、遺品整理をするとともに自分の気持ちの整理をすることができるでしょう。

遺品整理をすべきタイミング

では一般的な遺品整理をすべきタイミングとは、いつ頃になるのでしょうか?ここでは遺品整理をするべき正しいタイミングについて解説していきます。

葬儀が終わってすぐ

葬儀が終わった後となると、遺族も集まっているので遺品整理がしやすくなります。遺品整理において何より重要なのは、親族同士でのトラブルを回避することです。

遺品の中には代々親族に引き継がれているものもあれば、黙って捨てられないものも出てきます。なので葬儀が終わった後などは、遺品整理がしやすく遺品整理における相談が親族同士でできるという特徴があるのです。

四十九日が過ぎた後

四十九日とは、現世で彷徨っている故人が次の世へ旅立つための準備期間だと言われています。なので四十九日がたった後だと、今まで故人が大切にしていたものを整理しても問題ないだろう、と考えるのです。

実際に私共遺品整理業者にお願いをする人の中では、遺品整理をしているタイミングとして故人がなくなって四十九日がたった日を目安にする人が多いという特徴があります。何より四十九日は、葬儀の時と同様に親族全員で集まることがほとんどなので、形見分けをしやすいというメリットもあるのです。

手続き関係が終了した後

誰かが亡くなった際には、必ず死亡したことを伝えるという手続きを行う必要があります。まずは死亡届を市役所に提出することもそうですが、電気やガス、水道、年金、保険金などの手続きが待っているのです。

遺品整理をしていこうにも、なかなか手続きを済ますことができず、遺品整理をすることができないという人も多々いらっしゃいます。なので多くの人が先に面倒ごとの多い手続き関係を済ませて、遺品整理に臨む人がほとんどと言えるでしょう。

相続税の発生前

相続税とは、家族や親族に遺産を相続をする際にかかってくる税金のことを表します。亡くなった方が残した財産にはそれぞれ税金がかかってしまうので、もし相続税の非課税金額を超えていた際に、申告書を提出する必要があるのです。

さらには相続税を支払いするのが、亡くなってから10か月以内に支払わなくてはいけないという法律もあります。もしこの期間を超えてしまうと延滞税がかかってしまい、余計な金額を支払わなくてはいけません。なのでそれまでに遺品整理を行っていきましょう。

相続税を計算する方法として、まず大切なのが遺品整理をしてそれぞれの遺品の価値を知ることが重要になってきます。遺品と言っても家具や車、土地など多岐にわたるので十分な時間を確保して遺品整理を行うことが大切です。

【賃貸物件の場合】契約期間内

故人が住んでいた場所が賃貸契約だった場合、契約期間の関係で葬儀終了後すぐに整理をしなくてはいけません。仮に市営住宅や県営住宅だった場合には14日以内に退去しなくてはいけません。

もし遺品整理をしたいということで期間を延長するとなると、延滞料金がかかってしまうこともあります。葬儀だけでなく遺品整理にも費用がかかってしまうので、余計な出費を抑えるためにも家賃が発生しないように遺品整理をしていくことをおすすめします。

遺品整理の方法

では遺品整理において、どのような方法で整理を進めていくと良いのでしょうか?順番に遺品整理における方法を見ていきましょう。

遺品整理におけるポイントを理解する

まずは遺品整理をしていくにあたって重要なのは、自分で行うか業者にお願いをするか、になります。自分で遺品整理をしていくのは問題ありませんが、何より身内が亡くなったことに対しての悲しみや精神的負担が大きいものです。

今まで相談していただいたお客様の中には、自分で遺品整理をしてきた人もいうたのですが、思い出に浸ったりしていると思った以上に時間がかかってしまったという方もいました。遺品整理に時間を要するのは問題ありませんが、場合によっては早めの整理を求められることが多々あるのです。

まずは遺品整理をしていくにあたって、自分で行うべきか業者にお願いをするかを決めていくことが重要となってくるでしょう。

自分で片づけていく方法

自分で遺品整理をしていくとなると、以下の項目に気をつけていく必要があります。

全体の物量の把握をして必要な日数を知る

遺品がどれだけ残っているのかを理解して、片付けに必要な日数を知っておく必要があります。なぜなら日数を決めておかなくては、思い出に浸ったりして遺品整理を終わらすことができず、どんどん日数を伸ばしてしまう結果となるからです。

まずは目算でいいので日数を把握し、遺品整理を終わらせていくことが大切になります。

遺品の仕分けをして振り分けを行う

遺品と言っても、すべてが遺族に振り分けをされるわけではありません。中には土地や家など親族に渡す可能性のある遺品などもあり、しっかりと振り分けをしておく必要があるのです。

振り分け方法としては、メモを残しておくことで間違いを減らすことができるでしょう。

貴重品の確保をして手続きの準備をする

現金や通帳、印鑑などの貴重品は早めの確保をしておきましょう。銀行や保険の手続きの際にはそれぞれが必要になってくるため、遺品の整理と一緒に見つけ出すことをおすすめします。

不要なものを処分していく

遺品の中には捨てづらいけど「いらないもの」が必ず出てきます。中には捨てづらいと考える人がいることでしょう。ただそれを言い出してしまうと、なかなか遺品整理が進まなくなってしまいます。

その際には、本当に必要なものだけは振り分けをしていき、親族などに協力を仰いで本当に必要なものは残しておきましょう。最終的に残った不必要なものを処分をしていくことでスムーズな遺品整理ができるのです。

遺品整理業者にお願いする方法

遺品整理において、何より大変なのは量の把握と時間の確保です。自分だけで遺品整理をしようとなると、家が大きい家庭だった場合は遺品物が多かったり、片付けに時間を要してしまうことがほとんどです。

ただ私どもの会社のように、「遺品整理士」という資格を持った人物が多数存在する会社があります。プロの遺品整理士がお手伝いをするので、仕分けや片付けに時間を要することがありません。さらには遺品整理に対するアドバイスをしていくのはもちろんのこと、遺品に関する問題点を解決していくことが可能です。

もし遺品の整理をしていく中で、遺品の量が多かった場合や時間の確保が難しいということでしたら、一度広島県内全域にて対応をしている「整想屋」にご相談ください。無料事前見積もりなども行っており、顧客満足度No.1の実績を持つ私共がいつでも対応をさせていただきます。

まとめ

遺品整理において重要なのは、タイミングです。時期は人それぞれ異なりますが、何より自分の気持ちを整理してから遺品整理をしていくことが大切になります。まずは今の気持ちを整理していき、少しづつ亡くなった人の遺品を片付けしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!