1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品整理について
  4. 遺品整理で出てくる廃棄物の処分方法|遺品整理のプロが解説

BLOG

ブログ

遺品整理について

遺品整理で出てくる廃棄物の処分方法|遺品整理のプロが解説

遺品整理で出てくる廃棄物の処分方法|遺品整理のプロが解説

大切な人が亡くなった際に行われる遺品整理。そんな遺品整理において、以下のような悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

  • 遺品整理で出てくる廃棄物ってどういったものがある?
  • 遺品整理で出てきた廃棄物の処分方法ってどうやるの?
  • 廃棄物を処分する際の注意点って何があるの?

廃棄物という言葉は聞くものの、家の中で出てくる遺品の中でどれが廃棄物なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、遺品整理で出てくる廃棄物の処分方法を紹介していきます。

廃棄物とは

廃棄物とは

そもそも廃棄物とはどういったものを示すのでしょうか。先にまとめると、廃棄物とは以下の2種類に分けることができます。

  • 産業廃棄物
  • 一般廃棄物

上記の通りです。

それぞれの違いをまずは見ていきましょう。

産業廃棄物

産業廃棄物の分類としては、事業活動において出てくる廃棄物のことを意味します。項目としては多岐にわたりますが、以下に一例を示すと

  • 木くず
  • 繊維くず
  • 燃えがら
  • 廃プラスチック類
  • 紙屑
  • 動物の糞尿

などの計20種類もの数に分類されていると法令で定められているのです。

廃棄物を出す事業と言うと製造業などをイメージする人もいるでしょうが、特に事業内容関係なくすべての会社に関係してきます。会社のオフィスなどで出てくる廃棄物も産業廃棄物という扱いになってくるので注意しましょう。

一般廃棄物

一般廃棄物とは、分かりやすく言うと産業廃棄物以外の廃棄物を言います。主には家庭にて出てくる廃棄物が当てはまり、ゴミの日に出される

  • 燃えるゴミ
  • 燃えないゴミ
  • ビンや缶
  • 粗大ごみ

などもすべて一般廃棄物という扱いになってくるのです。

ただし一般廃棄物は「家庭系一般廃棄物」と「事業系一般廃棄物」の2つに分けることができ、事業系廃棄物は事業者が排出する産業廃棄物以外の廃棄物という扱いとなっています。もし事業にて廃棄物が出たという人は、産業廃棄物の20種類の項目に当てはまっているかどうかを見て一般廃棄物かどうかを判断をしていくと良いでしょう。

遺品整理で出てくる一般廃棄物の処分方法

遺品整理で出てくる一般廃棄物の処分方法

ここまでで分かるように、一般家庭で出てくる廃棄物とは一般廃棄物だということが分かったと思います。ではそんな一般廃棄物を処分するためには、どういった方法で処分をしていくのが適切なのでしょうか?

そこでここでは、遺品整理中に出てくる一般廃棄物の正しい処分方法を解説していきます。

市区町村によるごみ収集車に処分をお願いをする

基本的に一般廃棄物というものは家庭内で出てくるゴミと同じ分類なので、ゴミ収集車に依頼をして処分をお願いすることができます。きちんと分別をして、市区町村によって指定された日にゴミとして出しておけば問題ありません。

ただし遺品をすべて仕分けしようと思うと大変な作業となり、さらに市区町村によっては細かく分別をしなくてはいけないので注意が必要です。特に遺品の数が少なければ問題ないでしょうが、もしたくさんの遺品がある場合はかなりの作業量であることを覚悟したほうが良いでしょう。

ネットオークションにて処分をする

近年ではネット上にてオークションを開き、そのまま買ってもらう人を探す方法も増えてきてます。さらにネットオークションなら自分で値段を設定できるので、売りたい金額で廃棄物を売っていくことが可能です。

ただしネットオークションの場合は売れるまでに時間がかかり、さらには売れないことも日常茶飯事。長期目線で処分をしようと思っているなら問題ありませんが、もし早めに処分をしたいという考えをお持ちの方はおススメできない方法と言えるでしょう。

リサイクルショップに持っていく

一般廃棄物の中にまだ使えそうなものがありましたら、リサイクルショップに持っていき回収してもらうという方法もあります。さらにリサイクルショップによっては自分から持っていかなくても回収に来てくれることも多く、中には買取を行ってくれるショップも少なくありません。

ただたくさんの廃棄物を処分するとなるとかなりの時間と手間がかかるので、廃棄物の量を見て判断していくと良いでしょう。

遺品整理業者に依頼をする

一番おすすめの方法としては、遺品整理業者に依頼をする方法です。というのも遺品整理業者は家から出る遺品関係を処分することを生業とした業者で、廃棄物でもなんでも回収をしてくれるという部分があります。

さらには作業時間も1~2日で終わらせる業者がほとんどで、どれだけたくさんの廃棄物で溢れていたとしてもすぐに片付けしてくれるのです。他にも遺品整理に出てきがちな悩み解決にも対応できるので、廃棄物の処分以外にも何か悩みがあるという方は利用してみるのが得策でしょう。

一般廃棄物を処分する際の注意点

一般廃棄物を処分する際の注意点

ではそんな一般廃棄物を処分しようと思った際の注意点についてまとめていきます。これから遺品整理を進めていこうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

産業廃棄物収集運搬許可を持っている業者では回収できない

一般廃棄物を処分しようとなった場合、産業廃棄物収集運搬許可しか持っていない業者は回収できないので業者などに依頼をする際には注意が必要です。というのも一般廃棄物とは一般廃棄物収集許可があれば回収してもらうことができますが、産業廃棄物収集運搬許可しか持っていない業者は回収できないと法令で決められているのです。

基本的に遺品整理業者や市区町村などのゴミ収集業者は一般廃棄物収集運搬許可を持っているので問題ないでしょうが、もし持っていない場合は法律違反となります。なので事前に許可を持っているかを確認して安全を確保してから依頼をするようにしましょう。

買取をしてもらうには古物商許可が必要

遺品整理業者やリサイクルショップなどにて廃棄物を買取してもらうことができる場合がありますが、その際には古物商許可を持っているかをしっかりと見ておくと良いでしょう。というのも中には古物商許可がないのに買取をしている業者もおり、後にトラブルを発生しかねないからなんですね。

確認の仕方としてはホームページや店舗に飾られていることが多く、古物商許認可番号を公開しています。事前に確認をしておけば後のトラブルを無くすこともできるので、ぜひ覚えておきましょう。

悪徳な遺品整理業者に注意

もし一般廃棄物の処分を遺品整理業者に依頼をする場合は、悪徳な遺品整理業者に注意をしていきましょう。というのも遺品整理業者は誰にでもできるという部分があり、中には多額の請求金額を要求してくる悪徳業者も多いのです。

正規の遺品整理業者はちゃんと事前見積もりを出して、後にプラスの料金が発生しないようにするのが基本スタイルになります。しかし悪徳業者は見積もりを適当に出し、最終的にはオプションサービスをつけて多額のお金を請求してくることがあるのです。

なのでもし遺品整理業者に依頼をする際には、地元でも口コミ評価が高く実績件数が豊富な業者を選ぶようにしましょう。

ただ正しい遺品整理業者を選ぼうと思ってもどこがいいか分からないということでしたら、一度遺品整理士が所属している「整想屋」にご相談ください。

整想屋」は遺品整理業者として活躍する広島県を代表する業者で、県内でもお客様満足度No.1という実績を誇っています。いつでもお電話での遺品整理に関する相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

遺品整理の際に出てくる、廃棄物の処分方法についてまとめていきました。一般廃棄物というものはゴミ収集車にて処分をすることも可能ですが、あまりにも廃棄物が多い家庭は業者に依頼をしていくことをおススメします。

遺品整理において何より大切なのは、スムーズな片付けを心がけ亡くなった方をしっかりと弔ってあげることです。なのでぜひ本記事を参考にしていただき、理想的な遺品整理を進めてみてくださいね。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!