1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. ゴミ屋敷への前兆を示す5つの出来事とは?早めの対策が解決への糸口

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

ゴミ屋敷への前兆を示す5つの出来事とは?早めの対策が解決への糸口

ゴミ屋敷への前兆を示す5つの出来事とは?早めの対策が解決への糸口

日本において、大きな問題となってきているゴミ屋敷問題。
そんなゴミ屋敷を作り出す人には、それぞれ前兆があり事前に把握しておくだけで早めの対策をしていくことができるのです。

ただそんな中で

  • ゴミ屋敷を作り出す前兆とはどういったものか?
  • ゴミ屋敷を作り出す前兆が見え始めた際にすべき対策とは何か?

という疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。実際にゴミ屋敷清掃の専門でもある弊社(整想屋)へのお問合せの中でも、このような質問をされる方が結構いらっしゃいます。

そこえ本記事では、そんなゴミ屋敷への前兆を示す出来事を5つ紹介しつつ、早めにできる正しい対策方法を紹介していきます。

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷とは

まずゴミ屋敷とは、その名の通りゴミだらけになってしまっている家のことを意味します。一般ごみとして出されるゴミだけでなく、日用品や衣類などさまざまなモノが散乱しており、歩く場所がほとんどないような状態ならゴミ屋敷として判別しても問題ないでしょう。

近年日本においてゴミ屋敷は社会もんだとなっているほど急増しており、高齢者だけでなく若年層のゴミ屋敷化が目立ってきているほどです。ただゴミ屋敷と言えど、最初は家の中が綺麗な状態だった頃があったのは否定できません。

問題は、ゴミ屋敷になる際の前兆をちゃんと読み取れるかが大きなカギを握ってくると言えるでしょう。

ゴミ屋敷への前兆を示す5つの出来事

ゴミ屋敷への前兆を示す5つの出来事

では実際にゴミ屋敷への前兆を示す出来事とはどういったものがあるのでしょうか?先にお伝えすると、主には以下の5つの出来事が大きな前兆を示していると言えます。

  1. 部屋の中にゴミ袋が散乱している
  2. 害虫や害獣が発生している
  3. 足の踏み場がない
  4. キッチン回りにゴミや賞味期限切れの食べ物がある
  5. 近所からのクレームが出ている

それぞれどういった意味か、詳しく見ていきましょう。

部屋の中にゴミ袋が散乱している

部屋の中にゴミ袋が散乱し始めていたら、ゴミ屋敷になる前兆と言えます。

というのもゴミが散乱している状態なら、まだゴミ屋敷までには至らないというところでしょう。しかしゴミを大量に詰め込んだゴミ袋がそのままの状態で置かれていたら、「ゴミを捨てに行く」という習慣がないことを意味し、そのまま部屋にゴミ袋をため込んでしまうことが多いのです。

弊社(整想屋)が実際にゴミ屋敷に清掃に行った際によく見かけるのは、大量にゴミが詰まっているゴミ袋が部屋のそこら中に置かれている状態。「いつか捨てよう」という考えには至るものの、そこから指定のゴミ捨て場まで捨てに行くのがメンドクサイという理由からゴミ屋敷化してしまうことが考えられます。

害虫や害獣が発生している

部屋の中に害虫や害獣が発生し始めたら、ゴミ屋敷の前兆とみなしていいでしょう。

害虫や害獣は汚い場所を好む傾向にあり、部屋に落ちているゴミの残骸などを食して生きていきます。そんな害虫や害獣が部屋にいるということは、部屋がすでにゴミだらけになっている証拠でもあり、汚部屋と化しているとも言えるのです。

最初は数匹出る程度で気にしていなかったとしても、ゴキブリなどの害虫は繫殖力が高いので増えるもの時間の問題。そんな害虫や害獣が増殖しないうちに早めの対策をしておくことが求められます。

足の踏み場がない

足の踏み場がないような家は、ゴミ屋敷への前兆を表しています。ゴミ屋敷というものは、ただのゴミだらけの部屋を示しているのではなく、日常的に使われるものが大量に置かれている場合も同じ意味合いを示すもの。

なので衣類や日用品など、よくよく見るとゴミではないようなものが部屋の至る所に置かれていると十分にゴミ屋敷として認識されるのです。ゴミ屋敷に住んでいる人にはゴミだらけの部屋ではないから大丈夫と考えている人も多いですが、日用品などが置かれて足の踏み場もないような状態でも十分ゴミ屋敷と言えます。

キッチン回りにゴミや賞味期限切れの食べ物がある

キッチン回りにゴミがあったり賞味期限切れの食べ物がある家というのは、将来的にゴミ屋敷になる可能性があります。というのもキッチン回りに置かれている食べ物などは、早めに捨てないと腐ってしまい、最終的にはキッチンに異臭を放つようになっていくのです。

しかしそんなことを気にせずに、どんどんゴミや食べ物を放置している人と言うのは、将来的にはゴミ屋敷を作り出してしまうことでしょう。

近所からのクレームが出ている

一番ゴミ屋敷の前兆として分かりやすい例が、近所からのクレームが出始めている家というものです。というのも部屋がゴミだらけになってしまったりすると、だんだんと異臭を放つようになったり害虫が発生するようになるもの。

そうするとご近所周りに異臭が届いてしまったり、害虫が他の家にも発生するということでクレームが入るようになるのです。ゴミ屋敷に住んでいる人からすると気づかない場合が多いのですが、普段から清潔な家に住んでいる近所の家の方からしたら、敏感に感づかれてしまうことでしょう。

ゴミ屋敷化の前兆に気付かない人の特徴

ゴミ屋敷化の前兆に気付かない人の特徴

これだけゴミ屋敷の前兆があるというのに、ゴミ屋敷に住んでいる人と言うのはなかなか気づかない場合があります。というのも、ゴミ屋敷化に気付かない人の特徴に大きな原因がありました。

そんなゴミ屋敷化に気づかない人の特徴が以下の通りです。

  • ゴミをゴミだと思っていない
  • 部屋を汚いと思っていない
  • 部屋を綺麗にする習慣がない
  • モノを大切にする
  • 精神的な病を抱えている
  • 周りに迷惑をかけたくない
  • 周りとの接点をもとうとしていない

実際に弊社(整想屋)にゴミ屋敷清掃の相談があった際にお話を聞いていくと、上記のような特徴があるということが分かりました。

もちろんすべてが当てはまっていない場合もありましたが、特に多かったのが上記の特徴です。なのでもし特徴に当てはまっているという方がいましたら、ゴミ屋敷を生み出してしまう可能性があるので注意が必要でしょう。

ゴミ屋敷の前兆が出始めたときにすべき対策

ゴミ屋敷の前兆が出始めたときにすべき対策

では実際にゴミ屋敷の前兆が出始めた際にすべき対策とはどういったものがあるのでしょうか?それぞれ順番に解説していきます。

まずは自力で部屋の清掃を進めていく

まずは自力で部屋の清掃を進めていき、ゴミ屋敷になるのを止めることが大切です。というのも自分で片付けをしない限り何度でもゴミをため込む生活をする可能性が高く、他の人が清掃を進めたとしても同じ状況を作りかねません。

ゴミ屋敷化を防ぐのに大切なのは、何度も同じ状況を作り出さないことになります。なのでまずは自分で部屋を清掃するクセをつけていき、ゴミ屋敷化を防ぐようにしていきましょう。

ゴミ屋敷専門の清掃業者に相談・依頼をする

どうしても部屋の掃除が自分でできないという場合は、ゴミ屋敷専門の業者に一度相談をするか直接依頼をしていきましょう。というのも弊社(整想屋)を含め、ゴミ屋敷専門の業者というのは今までに多くのゴミ屋敷に住む人の対応をしてきています。

その中で同じようにゴミ屋敷から脱出することができない人にアドバイスをしてきたりと、どうやったら再発をせずに済むかを熟知していることが多いのです。さらには一度依頼をしてしまえば、一気に部屋を綺麗にしてくれるので、時間をかけずに効率的に掃除をすることができます。

なので自分の力ではどうしようもない状態なのであれば、一度業者に依頼をするのを検討してみてはいかがでしょうか。

ただどの業者に相談をすれば分からないという方は、ぜひ「整想屋」にお任せください。
ゴミ屋敷の片付けを広島全域で対応している整想屋は、お客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

ゴミ屋敷になる前兆について解説しつつ、正しい対策方法について紹介していきました。早めにゴミ屋敷になってしまう前兆を知っておけば、早めの対策を実施していくことができます。

ただ何より重要なのは、部屋を綺麗にしようという気持ちがあるのか、ゴミ屋敷にしたくないという気持ちがあるかが何よりも大切です。なのでもしゴミ屋敷の前兆が見えたという人は、ぜひ現状を打破するための行動と片付けをしようという気持ちを持ってみてください。

そうすることで、ゴミ屋敷のことを考えない生活を作り出すことができますよ。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!