1. HOME
  2. ブログ
  3. ごみ屋敷清掃について
  4. ゴミ屋敷を生み出す女性看護師が増えている|原因と対処法を紹介

BLOG

ブログ

ごみ屋敷清掃について

ゴミ屋敷を生み出す女性看護師が増えている|原因と対処法を紹介

近年において日本の社会問題とされているゴミ屋敷問題。そんなゴミ屋敷を生み出す人の中には、女性看護師が多いことをご存知でしょうか?

実際に弊社(整想屋)に相談しにくる女性の中でも、職業を聞いたら看護師の方が多いことが判明しています。ゴミ屋敷と言えば高齢者が多いイメージでしょうが、実際には若い女性の方が多いという現実があるのです。

そこで本記事では、なぜ女性看護師がゴミ屋敷を生み出してしまうのか、原因と対処法について解説していきます。普段から看護師をしている人で、ゴミ屋敷問題をどうにか解決していきたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ゴミ屋敷を生み出す女性看護師が増えている

ゴミ屋敷を生み出す女性看護師が増えている

最初にもお伝えしましたが、ゴミ屋敷を生み出す女性看護師が増えてきているという問題が、近年の日本で起こっています。昔はゴミ屋敷と言えば、高齢者の方や独身男性が生み出すイメージが多かったのですが、近年において女性看護師が圧倒的にゴミ屋敷を作り出す割合が高くなっているのです。

女性看護師によるゴミ屋敷問題が加速化

ゴミ屋敷問題は、日本において大きな社会問題となっていました。ゴミ屋敷問題は全国にて発生しており、さまざまな事情を抱えた人が生み出してきたのです。しかしそんな中でも注目せざるを得ないのが、女性看護師によるゴミ屋敷化でしょう。

女性看護師と言えば、世間から見ると頭もよく病人の世話をしてくれることから、周りから信頼をされている人と言っても過言ではありません。ただそんな女性看護師がゴミ屋敷を生み出しているという事実が、現実問題起こっているのです。

看護師だけでなく女性のゴミ屋敷化が増えてきている

ただそんな女性看護師だけでなく、近年さらに女性のゴミ屋敷問題が増えてきています。実際にゴミ屋敷の清掃をしている弊社(整想屋)に連絡ある7割以上の人が、女性からの相談であることが判明しているほどです。

そんな女性看護師だけでなく女性全体がゴミ屋敷を生み出しているという事実は、しっかりと受け止めなくてはいけないとともに、正しい原因と対策を実施していかなくてはいけません。

女性看護師がゴミ屋敷を生み出す原因

女性看護師がゴミ屋敷を生み出す原因

ではそんな女性看護師が、なぜゴミ屋敷を生み出してしまうのでしょうか?

主な理由としては、以下の通りになります。

  • 勤務時間が不規則
  • 精神的なストレスを抱えていることが多い
  • 自分のことを後回しに考える人が多い

上記の通り。
それぞれどういった意味か、順番に見ていきましょう。

勤務時間が不規則

女性看護師というのは、夜勤があったり昼からの出勤があったりと基本的に勤務時間が不規則な傾向があります。1日ごとに勤務する時間が異なるので、生活習慣が常に変化するということもあってなかなか自己管理がしにくいという部分があるのです。

そんな不規則な生活をしているせいか、ゴミが家の中に溜まっていたとしてもそのまま家の中に放置していることがよくあります。その結果ゴミを捨て忘れてしまい、だんだんと家の中にゴミをため込んでしまう結果となってしまうのです。

精神的なストレスを抱えていることが多い

女性看護師の仕事とは、一般的な仕事よりかは大変なイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そんな女性看護師の仕事はまさにイメージ通りハードなもので、精神的なストレスをため込んでいしまう人も少なくありません。

勤務しているとさまざまな患者を相手にしなくてはいけないので、だんだんとストレスをため込んでしまう結果となっていくのです。そんなストレスをため込んでいった結果、家に帰ったとしても何もする気力が起きなくなってしまい、最終的にゴミだらけの部屋を作ってしまうことに繋がります。

もともとは部屋の片付けが好きだった人でも、ストレスのせいでゴミ屋敷を生み出してしまったという事例は少なくありません。

自分のことを後回しに考える人が多い

看護師の人の中には、自分のことを後回しにしてしまい他の人のお世話をしたり、自分の家のことを何もしないという人がたくさんいます。仕事のせいもあってか常に周りに気を遣う人が多い一方で、家のことを何もしないことによってゴミ屋敷を生み出してしまうのです。

もちろん周りの人のお手伝いをすることはいいことですが、自分のことを後回しにするとだんだんとストレスを抱えてしまいがちになります。そんな自分より他人のことを大事にしすぎると、最終的には精神的な疲れが出てきてしまい精神的に病んでしまうこともあるので、早めの対策が必要でしょう。

ゴミ屋敷を生み出す女性看護師がすべき対処法

ゴミ屋敷を生み出す女性看護師がすべき対処法

ではそんなゴミ屋敷を生み出す女性看護師がすべき、正しい対処法とはいったいどういったものがあるのでしょうか?

主な対処法としては、以下の3つになります。

  1. 必ずゴミを捨てる日を決めておく
  2. ストレスをため込みすぎないように発散をする
  3. ゴミ屋敷専門の片付け業者に依頼をする

上記の通り。

それぞれどういった意味か、順番に見ていきましょう。

必ずゴミを捨てる日を決めておく

女性看護師の方は勤務時間が不規則な面もあって、なかなかゴミを捨てる習慣を身につけにくいというデメリットがあります。なのでまずは必ずゴミを捨てる日を決めておき、自分のペースでゴミを捨てる習慣を少しずつでも身につけていきましょう。

例えば1ヶ月のうち、必ずゴミを捨てる日を5回に分けて決めておけばちょっとずつでもゴミを減らすことに繋がります。ただいきなり捨てる日を決めるのは難しいので、まずは何曜日なら捨てれるのか何日なら捨てれるのか、などの詳しい予定を決めていきましょう。

そうやって自分のスケジュール管理をしていくことが、家の中のゴミを減らしていく第一歩となるわけです。

ストレスをため込みすぎないように発散をする

女性看護師がゴミ屋敷を生み出す原因として挙げられているのが、精神的ストレスです。そこでそんなストレスを少しでもため込みすぎないように、ストレスを発散できるイベントや趣味を見つけておくと良いでしょう。

人によってストレス発散方法はさまざまですが、何よりも大量のゴミが部屋に置かれていることに違和感を覚えることが何よりも重要なのです。日々のストレスを少しずつでも発散していけば、今まではメンドクサイと考えがちだったゴミ捨ても「自分からしなくてはいけない」という感情に持っていくことができます。

なのでストレスを発散させて、少しでも今の状況を変えていくことが正しい対処法と言えるのです。

ゴミ屋敷専門の片付け業者に依頼をする

どうしても自分で片付けをすることができなかったり、忙しくてゴミ屋敷の掃除をすることができない方は、ゴミ屋敷専門の片付け業者に依頼をすることをおススメします。というのもゴミ屋敷専門の片付け業者は、常にゴミ屋敷を清掃している実績もあるので、再度のゴミ屋敷化を防ぐ方法などを熟知しているのです。

ゴミ屋敷を清掃した後に怖いのが、また同じことを繰り返すことで起こる再度のゴミ屋敷化です。せっかく綺麗にしたにも関わらずゴミだらけにしてしまったら、余計な出費や精神的苦痛を再度味わう結果となってしまうでしょう。

なのでそんな繰り返しを起こさせないためにもゴミ屋敷専門の片付け業者に依頼をしたほうが、何かと効率的と言えるのです。ただ、どの業者に相談をすれば分からないという方は、ぜひ「整想屋」にお任せください。

ゴミ屋敷の片付けを広島全域で対応している整想屋は、お客様満足度No.1という実績を残しており、プロの特殊清掃員が多く所属しているプロ集団になります。

もしゴミ屋敷問題が広島で起こっているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

女性看護師がゴミ屋敷を生み出す原因や、正しい対処法について解説していきました。

女性看護師以外にも女性全体においてゴミ屋敷化が増えてきているので、自分には関係ないと感じている方も目を背けられない部分があります。ただゴミ屋敷を止めるには何より、どうしてゴミだらけの部屋を生み出すかの原因と正しい対処法を知っていれば、すぐに解決することが可能です。

もし女性看護師の方が本記事を見ていましたら、ぜひ参考にして部屋の掃除などを進めてみてくださいね。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!