1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品整理について
  4. 遺品整理がつらいと感じる理由|つらいなら遺品整理業者に依頼すべき

BLOG

ブログ

遺品整理について

遺品整理がつらいと感じる理由|つらいなら遺品整理業者に依頼すべき

遺品整理がつらいと感じる理由|つらいなら遺品整理業者に依頼すべき

大切な人が亡くなった時に行われる遺品整理ですが、これから遺品整理を始めようと考えている人の中には以下のような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

  • 遺品整理がつらくて片付けが進まず、どうしたらいいかが分からない
  • 大切な人が亡くなり毎日がつらく感じてしまい、遺品整理どころではない

突然やってくる遺品整理は誰しもが経験したことがなく、ほとんどの場合「つらい」と感じてしまうことがほとんど。実際に遺品整理を専門としている弊社(整想屋)に相談にくるお客様のほとんどの方が、つらい現状をどうにかしたいと相談をされる方ばかりです。

そこで本記事では、遺品整理がつらいと感じる理由や遺品整理業者に依頼をしたほうがいい理由を解説していきます。これから遺品整理をしていこうと考えている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

遺品整理がつらいと感じる理由

遺品整理がつらいと感じる理由

先に結論を申し上げると、遺品整理がつらいと感じる理由は以下の通りです。

  1. 昔の思い出を思い出してしまう
  2. 物がたくさんありすぎる
  3. いるものといらないものの判断がつかない
  4. いらないものの処分方法が分からない
  5. 人手が足りない

上記の通り。

それぞれどういった意味か、詳しく見ていきましょう。

昔の想い出を思い出してしまう

亡くなった故人が残してきた遺品というのは、故人が大切にしてきたものが含まれていたり家族みんなの想い出が詰まっているものであふれています。そんな想い出が詰まっている遺品は、残された遺族や親族に昔の過去を思い出させるきっかけとなってしまい、なかなか片付けが進まないという事態になってしまうのです。

もちろん想い出に浸ることは問題はありませんが、遺品の数が多くそれぞれに想い出が一個一個詰まっている状態ではだんだんと亡くなった時に感じたつらい感情を呼び起こしてしまう結果となってしまうでしょう。そういった意味合いも含めて、昔の想い出が詰まった遺品の整理とはつらいと感じてしまうのです。

物がたくさんありすぎる

遺品が大量にありすぎるという理由で、遺品整理がつらいと感じる人もいらっしゃいます。というのも弊社(整想屋)にお問い合わせで相談される内容が、「遺品が大量にありすぎて何をしていったらいいか分からない」という相談が多いんですね。

大量の物を片付けたり整理をするということは人生においても経験することは少なく、いざ片付けを進めたとしてもなかなか前に進まずつらいと感じることが増えていきます。どれだけの遺品が家にあるかにもよりますが、物に溢れている状態でも遺品整理がつらいと感じる要因と言えるでしょう。

いるものといらないものの判断がつかない

いざ遺品整理を始めても、なかなかいるものといらないものの判断がつかずにつらいと感じる人もいらっしゃいます。というのも遺品整理とは、故人が大切にしていたものを片付けしていく行為でもあるので、遺族からするとどれが残しておくべきものなのか判断がつかないことがあるのです。

遺品の中には相続人によって相続されるものも含まれますが、お金としての価値があるのか想い出として残しておくべきものなのかが分かっているのは亡くなられた張本人だけになります。そんな遺品がいるかいらないかを判断できる張本人が亡くなっていることから、判断がつかずつらいと感じてしまう人は少なくありません。

いらないものの処分方法が分からない

遺品整理を進めていけばだんだんと不用なものの判別がついてくるものですが、品物によってはどうやって処分したらいいか分からないという事態も起こりかねません。分かりやすい燃えるゴミなどは判別がつくでしょうが、明らかに大きい家具や家電などの処分方法はたいていの人が理解しておらず対応に困ってしまうものです。

そしていざ処分方法を調べようと思っても、たくさんの遺品に溢れていた場合、一個一個処分方法を調べるのはかなり酷に感じるもの。実際に弊社(整想屋)に依頼をしてきたお客様の声で一番多かったのが、まさにそれぞれの処分方法を調べて処分するのが大変という意見が多かったです。

なのでそんな処分方法が分からなかったり、それぞれの遺品に合わせて処分をしていくのがつらいと感じてしまうのは必然と言えるのではないでしょうか。

人手が足りない

何より、人手が足りずにつらいと感じる人はたくさんいます。
というのも近年において高齢化社会問題が増えてきている一方で、生涯を独り身で過ごしている高齢者も増えてきており、亡くなった後の部屋の片付けを遠い親戚や少人数の兄弟が行うという事例も少なくありません。

そんな少ない人数で部屋を片付けていこうにも、中には同じく高齢者の方がいて効率的な片付けを見込めないというケースもあるのです。そんな人手が足りない状況で片付けを進めていくと大変と感じてしまい、体力的にも精神的にもつらいと感じてしまうようになるのです。

遺品整理でつらい思いをしないために知っておくべきこと

遺品整理でつらい思いをしないために知っておくべきこと

遺品整理とはつらいものだと考える人もいるでしょうが、実はちゃんとした考え方を持っていれば現状を変えることができます。そこでここでは、遺品整理を始める際に知っておくべきことを解説していきます。

遺品整理の知識がないと先に進まない

基本的に、遺品整理をしていこうとなった際にはある程度の知識がないと先に進むことができません。というのも遺品整理はただ遺品を片付けるだけでなく、相続や遺品の売買、手続きなどさまざまな項目をすべて含めての遺品整理となります。

中には早めに終わらせようととりあえず遺品整理を始める人もいますが、何も知らない状態で始めてしまうと先述したように「つらい」と感じて途中で投げ出してしまうのがオチです。なのでもし早めに現状をどうにかしたいなら、まずは遺品整理に関する知識をつけて正しい片付けをしていくことが後悔しない唯一の手段と言えるでしょう。

遺品整理は気持ちの整理でもある

中には遺品整理は「遺品を片付けること」と捉えている人もいるでしょうが、実は「気持ちの整理」というほうが正しい意味合いだと弊社は考えます。というのも実際に何度も遺品整理の現場に携わってきた私どもですが、いつも気持ちや心の整理を自分の中でつけれたことをお言葉としていただくことが多いのです。

もちろん故人が亡くなったことは、大変つらいことだと思います。ただそんなつらい気持ちをずっと持ち続けても故人は悲しくなるだけなので、少しずつでも前に進むために遺品の片付けをしていかなくてはいけないのです。

ただ先に申し上げると、だからと言って急ぐ必要はありません。ちょっとずつでも故人が大切にしていた遺品を整理していくことで故人も満足して天国へと向かわれるのではないでしょうか。

遺品整理がつらいなら遺品整理業者に依頼すべき

遺品整理がつらいなら遺品整理業者に依頼すべき

そんな遺品整理ですが、もし遺族や親族だけで行っていくのがつらいという状況が続くようでしたら、遺品整理業者に依頼をすべきです。というのも遺品整理業者に依頼をすれば、以下のようなメリットがあります。

  • 精神的肉体的負担が減る
  • 何が必要か不必要かが判断できる
  • 効率的な片付けが可能

それぞれどういった意味か。
詳しく解説させていただきます。

精神的肉体的負担が減る

遺品整理業者は故人の遺族や親族に成り代わって、代わりに遺品の片付けをしてくれる専門業者になります。重たいものが溢れかえっている状況であっても、すべて処分をしたり整理をしていくので直接的な負担がかかることはありません。

さらに遺品を片付けしていくたびに精神的な負担を抱えてしまいがちですが、遺品整理業者は代わりにすべての負担を請け負って片付けを進めていきます。もちろん1つ1つの遺品に対して、失礼のないように片付けをしていくので安心して任せることができるでしょう。

何が必要か不必要かが判断できる

遺品整理業者は、その名の通り遺品を整理することに特化した業者となります。業者によりけりではありますが、何件もの家庭の遺品整理のお手伝いをしてきた実績があるので、何が必要で何が不必要なのかの判断をすることが可能です。

もちろんどれが必要かを最初に聞いておくので勝手に処分するということはありません。ただ何が必要か分からないという意見をいただいても、今までの経験を活かして不必要なものが何かをアドバイスるすることができます。

効率的な片付けが可能

何より遺品整理業者に依頼をすれば、効率的な片付けが可能です。というのも何も分からずに遺品整理を遺族だけで進めていくと、自然と1週間や1ヶ月などの期間は普通にかかってきます。しかし遺品整理業者は最低でも1~2日で片付けを進めてくれるので、つらい状況から早く脱することができるのです。

何より遺品整理を始める際に大事なのが効率的な片付けになります。もちろん精神状態が落ち着いていることが前提ではありますが、何より現状を変えていくには少しでも早めに片付けをしていくことが求められるのです。

できる限り早めに片付けをして心の整理をしていくことが、本当の意味で故人を弔うという意味に繋がるのではないでしょうか。

まとめ

株式会社修榮の会社概要

遺品整理がつらいと感じる理由や、遺品整理業者に依頼をしたほうがいい理由を解説していきました。

これまでにたくさんの家庭の遺品整理のお手伝いをしてきた弊社ではありますが、なかなか大切な人の死を受け入れられずつらいと感じる人はたくさんいらっしゃいました。そんな時にちょっとしたお手伝いができるのが遺品整理業者だと考えております。

なのでもし遺品整理をではじめようと考えている人の中で「つらい」と感じている人がいるなら、一度遺品整理業者に依頼をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

ただ正しい遺品整理業者を選ぼうと思ってもどこがいいか分からないということでしたら、一度遺品整理士が所属している「整想屋」にご相談ください。

整想屋」は遺品整理業者として活躍する広島県を代表する業者で、県内でもお客様満足度No.1という実績を誇っています。いつでもお電話での遺品整理に関する相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!