1. HOME
  2. ブログ
  3. 遺品整理について
  4. 【遺品整理士が伝授】遺品整理における布団の処分方法5つを紹介

BLOG

ブログ

遺品整理について

【遺品整理士が伝授】遺品整理における布団の処分方法5つを紹介

【遺品整理士が伝授】遺品整理における布団の処分方法5つを紹介

大切な人が亡くなり遺品整理を進めている人の中には、以下のような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

  • 遺品の中の布団を片付けたいけど処分方法が分からない
  • 布団を処分するのに最もおすすめの方法を知りたい

遺品の中でもかなり大きい部類として入るお布団。実際に遺品整理を専門としている弊社(整想屋)にもよく相談をされる項目なので、一番いい処分方法が何なのかを知りたいという方もたくさんいることでしょう。

そこで本記事では、遺品整理における布団の処分方法5つを紹介していきます。5つの中で一番おすすめの方法なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

遺品整理における布団の処分方法5つを紹介

遺品整理における布団の処分方法5つを紹介

まずは遺品整理における布団の処分方法についてです。

先に結論を申し上げると、布団の処分方法は以下の5つから選ぶことができます。

  1. 粗大ごみとして処分
  2. 可燃ごみとして処分
  3. 不用品回収業者に依頼する
  4. 布団供養専門業者に依頼する
  5. 遺品整理業者に依頼する

上記の通りです。

それぞれどういった処分方法なのか、順番に見ていきましょう。

粗大ごみとして処分

布団は粗大ごみとして処分することができます。一般的に処分をするとなると、最初に考える処分方法と言えるのではないでしょうか。ただし処分方法としては、自治体に回収してもらう方法と自分でゴミ処理場に持っていく方法とで分けられます。

自治体に回収してもらう

粗大ごみとなると、自治体に粗大ごみとして回収してもらう必要があります。直接各地域にある自治体に連絡をすることで、回収する日の予約を取ることができてゴミ置き場に置いておくだけで回収をしてくれるシステムです。

ただし各自治体によって、回収する際の料金が異なるので注意しましょう。300円~500円ぐらいで粗大ごみ処理券をスーパーやコンビニなどで購入することができるので、処理券を貼ってゴミ置き場に置いておけば回収してくれます。

自分でごみ処理場にもっていくことも可能

自分で布団をゴミ処理場に持っていき、そのまま回収してもらうという方法もあります。同じように自治体に連絡をして、いつ頃に持っていくかを予約していきましょう。

料金も持ち込みの方が少しお得にはなりますが、ゴミ処理場までの距離が遠かったりするとガソリン代の方が高くつく場合もあるので、直接持ち込む際には注意が必要です。

可燃ごみとして処分

粗大ごみとしてではなく、布団は可燃ごみとして処分することも可能です。というのも燃やせる素材で作られていることがほとんどなので、可燃ごみとしても問題はありません。料金がかからない方法ではあるので、費用を抑えたい方にはおすすめの方法です。

ただしそのまま可燃ごみとして出すのではなく、解体作業を行うのが必須条件となります。

解体作業を必ず行う

布団自体は大きめの布用ハサミやカッターなどの刃物類で切ることが可能です。分厚い冬用の布団などは切るのに苦労はするかもしれませんが、コンパクトにまとめていくことができます。

なので細かく切断していき、ゴミ袋に要領よく入れれるようにしていくと良いでしょう。

多すぎると回収されないこともある

ただし切断した布団の量があまりにも多すぎると、自治体に回収されない場合があります。というのも自治体によっては一度に出してもよいごみ量を制限していることもあるので、一度にすべてを回収されないことが多いのです。

なのでもし可燃ごみとして処分をするなら、何回かに分けて布団を処分するようにしていきましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品を専門に回収してくれる、不用品専門業者に依頼をする方法で処分する方法もあります。業者によって値段はそれぞれ異なりますが、約2,000~3,000円程度で布団を回収してくれるのです。家に訪問しに来てくれて、そのまま布団を回収してくれるので、電話一本で作業が済むでしょう。

ただし不用品回収業者は誰でも簡単になれるとあって、悪徳業者が点在している可能性があります。なのでもし不用品回収業者に依頼をしようと考えるなら、何社かに見積もりを取ってもらってから処分をしていきましょう。

布団供養専門業者に依頼する

もし布団をしっかりと供養をしてもらってから処分をしたいと考えているなら、布団供養専門業者に依頼をするという方法もあります。布団供養専門業者はただ布団を回収するだけでなく、その後に契約しているお寺の僧侶によってちゃんとした供養をしてくれるのです。

布団以外にもぬいぐるみや人形などの供養も執り行っているので、他にも供養したいものがある方にはおススメといるでしょう。ただし料金は3万円前後となるので、布団だけ供養したいと考えている人は注意が必要となります。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者に依頼をする方法によって、布団を処分することも可能です。遺品整理業者とは遺品を専門とした片付け業者になるので、布団以外の布団と呼ばれる遺品は何でも回収してくれるのが特徴となります。

布団以外にも

  • 衣類
  • 家具・家電関連
  • 故人のコレクション
  • 貴金属類

など、さまざまな遺品を回収してくれます。遺品整理業者に依頼をすればすべての遺品を回収してくれるので、少しでも楽をしたい方にはおすすめの方法です。

遺品整理業者への依頼が布団の処分において一番おすすめ

遺品整理業者への依頼が布団の処分において一番おすすめ

布団を処分するには5つの方法があることが分かりました。ただ一番のおススメとしては、遺品整理業者に依頼をする方法を選択するのが一番です。

実際に弊社(整想屋)も遺品整理業者ではありますが、何よりおススメしたい理由は3つあります。

  1. 遺品整理業者なら布団以外の遺品も回収してくれる
  2. 遺品供養も執り行っている
  3. 遺品整理士が所属していればアドバイスをもらえることもある

それぞれどういった意味なのか、順番に見ていきましょう。

遺品整理業者なら布団以外の遺品も回収してくれる

もし布団単体のみを処分するというなら、粗大ごみや可燃ごみとして処分するほうが楽だと言えるでしょう。しかし実際に遺品整理をしていくとなると、布団以外にもたくさんの遺品が家の中に溢れかえっているはずです。

他の遺品も処分をするかどうかを考えなくてはいけないのに、処分方法を遺品ごとに変えていくのは大変効率が悪いと言えるでしょう。なので布団以外にも他の遺品が大量にあるなら、遺品整理業者を利用したほうが一度に家の中を片付けすることができるのです。

遺品供養も執り行っている業者もいる

布団を処分したい方の中には、「亡くなった方の布団はちゃんと供養したい」と考えている人も少なくありません。しかし遺品整理業者の中には、遺品供養を執り行っている業者がたくさん存在します。

実際に弊社でも遺品供養を執り行っていますが、布団以外にも故人が大事にしてきた遺品などを供養するサービスを執り行っているのです。なので遺品ごとにちゃんと供養をして、しっかりと弔いたいと考えている人には最適な方法と言えるのではないでしょうか。

遺品整理士が所属していればアドバイスをもらえることもある

何より遺品整理業者には、遺品整理士という遺品整理のプロが所属していることがほとんどです。実際に弊社にも遺品整理士が多数所属しており、お客様の遺品整理に関する疑問や悩みに真摯にお答えをさせていただいております。

実際に遺品整理をするとなると、お布団以外にも大量の遺品が出てくるもの。そんな時にプロが横にいれば、安心して遺品整理を進めていくことが可能です。ただ中には遺品整理士が所属していない業者は悪徳業者の可能性が十分に高いので、もし遺品整理業者を選ぶなら十分な注意を払って選んでいきましょう。

まとめ

故人様のご遺品を真心込めて整理致します。

遺品整理における布団の処分方法として5つの方法を紹介してきました。基本的に布団を処分することはそこまで難しくありませんが、遺品整理において大事なのはどれだけ効率よく遺品の整理をしていくかがポイントになります。

もし布団以外の遺品も処分していくことを考えているなら、ぜひ遺品整理業者のご利用を検討してみてください。布団以外の遺品全てにおいて対応をさせていただいておりますので、必ずや大きな助けになるはずです。

ただ正しい遺品整理業者を選ぼうと思ってもどこがいいか分からないということでしたら、一度遺品整理士が所属している「整想屋」にご相談ください。

整想屋」は遺品整理業者として活躍する広島県を代表する業者で、県内でもお客様満足度No.1という実績を誇っています。いつでもお電話での遺品整理に関する相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

関連記事

弊社は遺品整理士協会認定の企業です。
今すぐ無料でお見積り相談!